年収550万円あれば家族が増えても問題なし:気になる生活費の内訳とは?

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

年収が550万円の人の平均的なライフスタイルはどのようなものでしょうか。

年収が550万円の人の生活実態と、どうすればもっと収入を増やすことができるのかをご紹介します。

年収550万円は多い?少ない?

平均年収が420万円とされているので、年収550万円は比較的高収入ととらえている人が多いようです。年収550万円の場合の手取り額は440万円ほどになります。ボーナスを考慮すれば、手取りは27万円となります。

手取りで27万円あれば、一人暮らしの場合、余裕を持った生活ができますし、結婚していても、ある程度の節約は必要かもしれませんが、それでも不自由なく生活できるでしょう。

年収550万円の人のライフスタイル

では、実際に年収550万円の人はどのような生活を送ることができるのか考えてみましょう。先述で述べたように、年収550万円の人の月収は約27万程度です。

手取り27万円のライフスタイルを具体例として以下で紹介していきます。

家賃は6~8万円

一般的に収入に見合った家賃の基準は収入の約3割と言われています。よって月給が27万円程度なら大体6万から8万くらいが相場となります。

このくらいの家賃ですと、賃貸住宅なら都内でも多少のこだわりを持って家を決めることができるでしょう。

貯金は十分可能

年収550万の人なら、普通に暮らしていれば、1年間で100万円以上貯めることも難しくありません。しかし、物欲がある人や、金使いが荒い人なら全く貯金できない、ということもあります。

結局人による、ということですが、貯金はできるだけしておいた方がよさそうですし、このくらいの年収なら貯金も難しくはないです。

将来、結婚や子育てにお金がかかることを考えると独身の余裕のあるうちに少しずつでも貯金をしておくことをおすすめです。

車、趣味にもお金を使える

先ほどの貯金の話とは真逆で年収550万の人は具体的に何を購入することができるのか。

車を購入することができます。中古車ではなく新車で購入することも難しくはありません。

また、趣味がある人には、趣味によりますが、年収550万の方でしたら趣味に割くお金も十分です。

食費や生活費にも節約などの気を使わずに、問題なく暮らすことができます。

結婚

年収550万の人で普通に暮らしている方なら、おそらく貯金もあります。また、このくらいお金に余裕があるのなら結婚するにあたり、所得に関しては問題ありません。

子供が生まれる、家族が増えるとなったとしてもこの年収で貯金もあれば、問題なく過ごすことができると思います。

収入を増やすためには

先ほども述べたとおり、結婚して子供ができても暮らしには問題ないです。しかし、結婚すると、一人暮らしの時よりも絶対にお金がかかります。

妻にも収入があるなら問題ありませんが、そうでない場合、一人暮らしのころよりは生活が厳しくなることは間違いないです。では、収入を上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。

出世する

いま働いている会社で出世することで収入を増やすという方法は、リスクが少ない割には効率的な方法です。

ブルーカラーや地方のホワイトカラーであれば、年収550万円の方は何かしらの管理職に付いていることが多いのではないでしょうか。その場合、さらに上の管理職は狭き門となるので、出世は困難な道になるでしょう。今まで以上に業績を重視して仕事に取り組まなければなりません。

首都圏の会社員ならば、まだ同期と横並びの年収・役職で働いている人が多いと思いますが、今の頑張りが後に出世コースに乗れるか否かに関わってくるので、今のうちにポイントを稼げるように努力を重ねましょう。

投資する

投資は、基本的には元手が大きい人のほうが(選択肢が多くなるので)有利なゲームです。年収550万の場合、投資に回せる金額が少ないので、あまり大胆な投資はできません。

少額投資で勝つコツは、手堅く稼ぐことです。年収が550万円程度あるビジネスパーソンであれば、特に自分の関連する業界については仕事の情報を仕入れていると思われるので、その領域に絞って成長が見込める企業に投資をしましょう。

もしくは長期にわたって保有することを前提でインデックス投資をすると、(基本的に世界経済は成長するので)損をすることが少ないと言われています。

いずれにしてもインサイダー取引には注意して、自己責任で投資を行いましょう。

転職する

一般的に日本の企業は年功序列でその会社に長く務めるほど給料が増えるというシステムです。これでは、若いうちはそこまで稼ぐことはできません。

しかし、最近では実力主義の会社も増えてきています。こちらの会社ですと、自分の業績に合わせて報酬が入ってくるので、業績が良ければ、若いうちからいくらでも稼ぐことができます。

もし、自分の実力に自信がある方はそういった会社に転職することも考えておいてよいです。

管理職に付いている場合、仕事が忙しく、なかなか転職活動の時間を取ることができないという方は多いのではないでしょうか。そんな方には転職サイトのリクルートエージェントがおすすめです。

昼休憩や就寝前など空いた時間に簡単な入力をするだけで、あなたに合った会社を紹介してくれます。

ぜひ、活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

パートにも産休あります!パートで産休をとる時の注意点

パート勤務の方へ朗報です!特にこれからママになる方...

2019年07月29日, 給与・休暇

使わないと損!パート・アルバイトの有給休暇のルールを解説

パート・アルバイトでも、有給休暇の権利があることを...

2019年07月29日, 給与・休暇

年間休日100日は多い?少ない?収入を減らさずに休日を増やすための方法まとめ

仕事をする上で年間の休日としてどれくらい休むことが...

2019年07月29日, 給与・休暇