月収15万円で貯金はできる?収入を増やすためにできることまとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

月収15万円ではどのようなライフスタイルになるのでしょうか。貯金は可能なのでしょうか。結婚している場合生活にどのような影響を与えるのでしょうか。

月収15万円は貯金できるか、そしてさらに収入増やすための方法などを紹介するので、現在、月収15万円で悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

月収15万円は多い?少ない?

月収15万円は、ボーナスを入れても年収にして200万円強。日本の労働人口の平均年収が約420万円なので、若手としても少ない額に分類されるでしょう。

手取りでは200万円を下回り、ワーキングプアの定義にも当てはまります。

月収15万円の収入の人のライフスタイル

月収15万円の場合、どのような生活をおくることになるのでしょうか。

家賃

かならず必要となってくる支出に家賃があります。一般的に家賃の相場は収入の3分の1程度と言われています。

そのため月収15万円の人の家賃の相場は2万5000円から4万円以内となっています。

水道光熱費・通信費

水道光熱費はすべてあわせて手取りの5%が目安です。7500円程度が平均的な数字です。電力自由化にあわせて極力安いプランを探すことになるでしょう。

通信費に関しても光熱費と同様で手取りの5%が目安とされています。そのため、毎月7500円を目安にされている方が多いです。大手キャリアでは、この金額が難しいため格安SIMを使用している人がほとんどです。

食費

食費はだいたい手取りの15%と言われているので、月々1万5000円から2万2500円のため、自炊が必須となります。

ただ自炊するだけではなく野菜やお肉をスーパーの特売日をうまく活用して節約をしていかなければならない金額になっています。

食費を抑えるためにコンビニやカフェなども活用せずに、水筒やタンブラーを用意して、お弁当を作って生活をする必要があるでしょう。

交際費

自由に使えるお金としては手取り額の25%程度が目安です。このお金を使って、自分のスキルアップのための習い事や、資格試験への勉強、友人や恋人との交際費にあてている人が多いです。月収15万円ですと、3万7500円を目安に交際費とすることができます。

以上が、月収15万円の人たちの必要な支出に対する目安です。

それぞれにかけられる金額は大きくはないですが、上記のライフスタイルで考えると月収15万円の中から2万6500円を貯蓄に回すことができます。

しかし、実際には少しずつ足が出てしまう項目があるため、貯蓄に回せる金額がほとんどなく、貯蓄がないという人も少なくありません。

また、結婚や車の所有などお金のかかるものに関してはなかなか踏み出せない人が多いです。

月収15万円から収入を増やすための方法

月収15万円は、田舎の方で働いている場合や新卒で働いている場合には稀なものではないですが、30代以降の方や家族を持っている人にとっては実質的に生活がかなり厳しいレベルの水準です。

月収15万円ではやはり生活に余裕があまりないですよね。今後の人生のためにも貯金ができるほどの収入は必要になってくると思います。

収入を増やすために何ができるのかいくつか紹介していきます。

アンケートサイトに複数登録をする

今はネットの世界で収入につなげるものがいくつかあります。

しかし、月収15万円ではリスクをおかすことができないので、堅実に稼いでいく方法を検討します。あまり大きく収入が増えるわけではありませんが、その中のひとつとしてアンケートサイトへの登録があります。

案件によっては1万円近く稼ぐこともできるのでアンケートサイトへの登録はおすすめです。

クラウドワークスを利用する

月収を増やすためには掛け持ちで仕事をおこなう必要もでてきます。しかし、時間に融通が利かないこともあるので、クラウドワークスを利用しましょう。

こちらも、簡単なアンケートに回答することや、記事を書く、文字おこしをおこなうことで収入を得られるものもあるので平均して月に1万円程度は収入を増やすことができます。

ポスティングの仕事をおこなう

ポスティングを個別に募集している会社は多くあります。最近では大手求人だけではなく、地域の広報誌に求人が掲載されているケースも少なくありません。

ポスティングであれば基本的に時間を制限されることもないので、自分の隙間時間で作業をおこなうことができます。また、運動不足の解消にもつながります。

ブログによる広告収入

ブログを開設して、そこに掲載した広告から収入を得る方法です。もちろん、ただブログを開設して、広告を貼れば収入得ることができるわけではありません。

閲覧してもらわなければ収入得ることができないため、マメに更新をするという作業が必要とされています。

転職を考える

月収15万円以上の給料を手に入れるために転職するという方法があります。今よりも高い収入の会社に入るにはやはり経験や能力が見られる場合が多いです。

そのため、転職活動前に資格の取得や語学のスキルを手に入れるなど、自分のアピールポイントを作っておくことをおすすめします。

転職活動において、自分の求める会社に簡単に出会うことができるとは限りません。そんなときに役に立ってくれるのがリクルートエージェントです。簡単な検索で自分の求める会社を紹介してくれます。

また専門のコンサルタントが詳しい会社の情報の紹介や面接対策も行ってくれます。ぜひ活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

まずは遠慮せず申請を!有給が取れない時の対策とは

有給を取りたくても取れないことってよくありますよね...

2019年07月29日, 給与・休暇

手取り12万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

昨今、手取り12万円で生活している人は少なくありま...

2019年07月29日, 給与・休暇

源泉徴収されない!扶養範囲内収入で働くメリット5つ

主婦がパートをはじめようかなと思ったとき、扶養範囲...

2019年07月29日, 給与・休暇