手取り13万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

手取りが13万円の人のライフスタイルとはどのようなものなのでしょうか。手取りが13万円ということは、総支給で約18万~22万円ほどと考えられます。

ボーナスがなければ年収は約250万円程度。現代日本の20代前半が大体これくらいの年収でしょう。今回は手取りが13万円の人のライフスタイルがどのようなものなのかと、収入を上げる方法について紹介していきたいと思います。

手取り13万円の人のライフスタイル

手取り13万円の人のライフスタイルの例を見てみましょう。

家賃 3万~5万円

食費 1万~2万円

光熱費 1万~2万円

交際費 1万~2万円

通信費 1万円

車輌費 1万円

雑費 1万円

貯蓄 1万~2万円

となっています。

月で一番大きな支出となるのが家賃で、その次に食費、光熱費と続きます。

少なく見積もっても、9万円は間違いなくかかってしまう計算です。もちろんこれは奨学金やローンがない場合なので、それらの分は貯蓄に計上してある余剰分でやりくりする必要があるでしょう。

ほかにも突発的な支出というのは間違いなく起こるものなので、手取り13万円というのは、暮らすことは十分にできますが、常に安心して生活を送ることが出来る収入とは言えないようです。

手取り13万円の収入は多い?少ない?

手取り13万円は、ボーナスがなければ多くて年収250万円程度になります。年収250万円程度となれば、現代の日本で20代前半の人が正社員で稼いでいる金額とほとんど同じレベルだと言えるでしょう。

つまり、高卒数年目、大卒1~3年目の人にとっては、手取り13万円というのは平均と比較すると決して少なすぎるということはないようです。

しかし、日本の労働人口全体の平均年収は420万円なので、30代を超えても手取りが13万円程度の場合は平均と比べて低いと言えるでしょう。

手取り13万円の人が収入を増やすためには?

いずれにしても手取り13万円は、生活が楽な収入の水準ではありません。そこで、続いては手取り13万円を今後15万円、20万円と上げていくためにはどうすればよいか考えてみましょう。

今の会社の昇給要件、手当要件を満たすように努力する

今勤めている会社の昇給要件、手当要件をきっちり確認しましょう。毎年昇給が約束されていれば、その昇給のペースにも個々人で差がある場合が多いです。

昇級要件とは、成績評価や資格評価、情意考課などのことです。

結果や能力について見られる成績評価や資格評価に対し、情意考課は仕事に対する姿勢や組織の中での立ち居振る舞いを評価されます。よって、まだスキルが身についていない若手でも、昇級しやすい判断基準と言えます。

手当要件の例としては、家族手当や住宅手当などが挙げられます。

家族手当とは、配偶者や子供をもつ社員に限定して、特別に手当を支給する制度のことです。配偶者の年収を支給条件に設定している会社が多く、実際の支給額は会社によって変わってきますが、1ヶ月あたり1万円~2万円の会社が多いようです。

企業や業種によって昇給要件や手当要件は様々です。今勤めている企業の昇給要件や手当要件についての確認は、まずはじめに行う方がよいでしょう。

資格を取る

資格を取ることによって、できる仕事の量が増える場合もあり、若いうちに勉強して取得するのがおすすめです。

たとえば不動産関係の場合、宅地建物取引士の資格を取得すると月5千円上乗せで支給されるという企業もあるようです。これで単純に考えれば、手取り13万円から約20万円まで増やすことができます。

資格の有無は今後の昇給のペースに関わってくることも多く、自分の価値を決める一つの指標にもなります。

たとえば、転職を考えたときに強い味方になってくれる場合があるでしょう。

転職で役立つ資格としては、顧客の資金計画についてアドバイスをする「ファイナンシャルプランナー」や、労働保険や社会保険に関する手続きを行う「社会保険労務士」の資格がおすすめです。

やみくもに聞いたことのある資格の勉強をするのではなく、その資格を取得するのに必要な時間やコストと、取得後の収入との関係性をよく吟味してからどの資格を目指すのか決めるようにしましょう。

思い切って転職を考える

上記のような努力をしても手取りが上がらない企業に勤めている場合は、最終手段として職場を変えましょう。

もし今の仕事がやりがいがあって辞めたくないという方の場合は別ですが、手取り13万円からもっと収入を上げたい、思い切って今までと違う仕事がしたいという方は転職を考えてみるのもよいでしょう。

転職で今より職場環境や労働条件がよくなる場合も多いです。まだ20代前半だという方は、売り手市場の現在において転職先を探すのは容易になってきているので、早いうちに行動を起こしてしまったほうが長期的に見て有利です。

転職は意外と時間がかかるもので、自分一人では情報収集をするだけで精一杯になってしまうことがあります。そんなときにおすすめなのが、転職サイトを利用することです。

大手転職サイトの『リクルートエージェント』では、業界最大数の非公開求人を扱っているため、きっとあなたの希望の条件にあった会社を見つけることができますよ。

転職活動が初めてという方でも、専任のキャリアアドバイザーによる書類添削や面接対策を受けることができるので、自信をもって転職活動にのぞむことができます。

登録は無料で簡単にできるため、ぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

年間休日115日ってどんな感じ?収入を減らさずに休日を増やすための方法

年間休日とは、それぞれの企業が定めている1年間の休...

2019年07月29日, 給与・休暇

男女の賃金格差の原因と解決法を紹介:昔からの風習によるもの?

女性が社会において活躍の場が多く与えられるようにな...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収150万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法

年収150万円となると一般的には新入社員の方、パー...

2019年07月29日, 給与・休暇