年収360万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

年収360万円というと皆さんはどのような印象を持たれるでしょうか。今の自分と比べて高い、低いとイメージをそれぞれ持たれると思います。

実際の生活はどのような暮らしなのか、もし収入を増やすとしたら、どのようなことで収入を増やすことができるのかを今回は見ていきます。

年収360万円は大卒若手会社員に多い収入の額

年収360万円の人は客観的には稼いでいるのか、いないのかという部分をみていきます。

現在の日本では平均年収が400万といわれています。これは、全世代での平均なので、若年層ではこれよりも低くなるでしょう。年齢を考えると30代前半の大卒会社員の目安が年収400万円と言われており、それより若い20代の大卒会社員の平均が年収360万円ほどになります。

つまり、若手と言われる人たちに多いのが年収360万円という数字なのです。

年収360万円の人のライフスタイル

年収360万円と聞くと収入が多いと感じられるかもしれませんが、実際には所得税で7万円。住民税で15万円。社会保険で年間50万円ほどが差し引かれるので、実際の手取りは年間で280万円程度となります。

家賃や光熱費などもすべて合わせて、月23万円程度で収める必要が出てくるので、苦労をするわけではありませんが、生活に決して余裕があるとはいえないのが年収360万円です。

一人暮らしならいいのですが、結婚をするとなると結婚式を挙げない家庭も出てきます。外食もほとんどできずに自炊が基本となり、特にスーパーの安売りなどを狙っていかないと食費がかさんでしまいます。

車の所有率も30%程度なので、車を持つ余裕もあまりありません。

旅行などにお金をかけることも難しいので、極力お金のかからない趣味を持っている人が多く、例としては、アニメの鑑賞や、図書館で本を借りてきての読書、自宅での筋トレなどに勤しんでいます。

年収360万円の人が収入をさらに増やす方法

年収360万円は、決して生活が苦しいわけではないですが、必ずしもお金に余裕があるわけではないことをお伝えしました。

この生活の水準を上げるためには、収入を増やすしかありません。

より生活を楽にするために、収入を増やすにはどのようにしたらいいのかを考えていきましょう。

副業をする

働き方改革の取り組みの中で、副業が認められつつある現在、副業は収入を増やすためのひとつの選択肢になります。

年収360万円の方の多くは会社員なので、夜型のアルバイトや休日の単発派遣バイトをすることは難しいですが、親からもらった土地で駐車場を経営したり、メルカリで洋服やアクセサリーなどを販売したり、購入した車や家をシェアリングサービスに出したりと、ネットサービスの浸透によって個人がお金を稼ぎやすい時代になっています。

株やFXへの投資

株やFXへの投資をおこなうことも収入を増やす方法の一つです。

年収360万円で一人暮らしならば生活に余裕があるので、貯蓄を投資に回しましょう。損をするリスクには注意する必要があります。

思い切って転職を考える

今よりも年収の高い企業へ転職するというのもひとつの手です。今までの経験や得たスキル、自分のやりたいこと、職場で自分が貢献できことを明確にしてアピールすることで、ステップアップが狙えます。

しかし、働きながら転職先を見つけるのは決して簡単なことではありません。そこでおすすめなのが転職サービスです。

大手転職サイト『リクルートエージェント』は、専門のコンサルタントがあなたの条件に合う職場を提案してくれるので、スムーズに転職活動が進むと評判です。無料で簡単に登録ができるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

有給休暇は半年働くと使えるようになる!賢い使い方をご紹介

正社員はもちろん、契約社員やアルバイトであっても、...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収250万円の収入の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

年収250万円の人は贅沢な生活を送ることは難しいと...

2019年07月29日, 給与・休暇

無職の人が年金について知っておくべきこと・注意点7つ

いま、空前の売り手市場といわれており、転職が活発に...

2019年07月29日, 給与・休暇