フリーライターをやめたい・転職したい。締切やクライアントの要望がつらい。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

フリーライターは、クライアントの要望に沿って文章を書くのが主な仕事です。しかし定期的に仕事がくるといった人は少なく、ほとんどの人が副業として活動しています。

最近ではブログやSNSなどWEB上で活躍するフリーライターも多く、気軽に参入しやすい分野になりました。そのため競争率は上がっていることが考えられ、生計を立てるほど稼ぐのは難しくなっているといえるでしょう。

今回はフリーライターからをやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

フリーライターをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

締切や要望に追い詰められるのがつらい

フリーライターの仕事で1番苦労するのが、スランプになった時です。クライアントの依頼は様々なものがあり、定期的な時事ネタなどの短期間で仕上げなければいけない記事、面白さを求める記事があります。

記事のネタがない、書きたいことが分からなくなり仕事を継続できなくなった、面白いものを書かなければいけないという重圧に悩む人も少なくありません。

また、自分の書きたい記事だけ書けるわけではありません。クライアントの要望に応じたものを作らなければならないため、自分の思いとは反対のことでも書かなければいけない場合もあります。

締切前なら寝ずに仕事をしなければならないことも多く、そのせいで体を壊してしまうこともあるようです。

収入が安定しない

フリーライターはフリーで働ける分、契約を切られたら仕事がなくなるという厳しい世界です。

常に仕事が安定せず、時には仕事がない月もあります。休みが多く取れていても仕事がなければ生活をしていくことができません。

現在はデジタル化が進んでいるので、WEB記事の需要が高まっています。時代に合わせた働き方をしていかなければ、仕事を取り続けるのは難しいでしょう。

フリーライターにおすすめの転職先

ツアプランナー

フリーライターはジャンルにもよりますが、情報収集力が優れているといえます。その力を活かせる旅行会社の企画部門であるツアープランナーがおすすめです。

旅先の魅力、情報などを活用し、人にアピールすることに関してはフリーライターのスキルが活かせるでしょう。直接、客の喜びの声が聞くことが出来たりとやりがいがある職場です。

収入も安定しており、会社の正社員となれば安定した休みもあるので気持ちにゆとりをもって働くことができます。

企業の広報・宣伝活動

企業の広報や宣伝活動の仕事もおすすめの転職先です。フリーライターは文章を作るのが上手く、顧客の要望に的確に応える力も持っています。

また言葉を使って魅力を伝えるといった点ではフリーライターと似ているのではないでしょうか。企業に入れば収入・業務量も安定しており、休みも定期的に取れるという面においても魅力的といえます。

フリーライターからの転職ならマイナビエージェント

フリーライターからの転職を考えているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。大手転職サイトのマイナビエージェントは、転職活動をする人の多くが登録する定番転職サイト。

転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくとよいでしょう。求人の約8割は非公開求人で、そのほとんどが登録をしないと確認できないものばかりとなっています。

どんな業界・職種が向いているか分からない人は1度転職のプロに相談してみましょう。書類の添削や面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートも無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

フリーライターをやめる・転職する前に考えておくこと

フリーライターはの中でもそれ1本でやっていける人はほんのわずかです。そのため、副業としてフリーライターをする人が多いです。

フリーライターはいつでも復帰することができ、またその経験は将来様々な場面で活かすことができます。仕事に行き詰まっている人は他の職種に目を向けてみても良いのではないでしょうか。

転職を希望するなら、まずは情報収集をして自分がどのような仕事に就きたいかを冷静に見極めることが大切です。

関連した記事

通訳案内士をやめたい・転職したい。準備は大変だけど、収入は低い。

通訳案内士は、観光に来た外国人を英語で案内するのが...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

介助犬訓練士をやめたい・転職したい。この仕事だけで生計を成り立たせるのは難しい

厚生労働省の調べによると、現在全国で66頭の介助犬...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

不動産鑑定士をやめたい・転職したい。冷静な判断力を活かせる仕事をしよう

不動産鑑定士の仕事は、不動産周辺の経済・交通状況と...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?