男女別、内定式での髪型で押さえておくべきマナー・ポイント

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

苦労した末に勝ち取った内定。落ち着いたころに内定した企業から内定式の案内が届きます。

内定式は各企業によってさまざまですが、今までに会ったことがなかった社長をはじめとする役員の人たちが参加する場合もあり、内定者にとっては緊張する一瞬です。

内定者がスピーチをすることもあり、注目の的になる時間でもある内定式。どのような服装・髪型でいけばいいのかと悩む人も多いでしょう。

そこで今回は、内定式での髪型で押さえておくべきポイントを紹介します。

内定式とは?

内定式というフレーズを、テレビなどで一度は耳にしたことがある人も多いはずです。

内定式は、翌年入社予定の内定者が一堂に会し、社長や役員から内定書を授与されたり、懇親食事会をセッティングして貰ったりと、企業と内定者、また内定者同士が懇親を深める集まりのことを指します。

倫理憲章で定められた解禁日である10月1日に正式な内定通知を学生に渡すために開くのが通例ですが、最近は、採用活動が長期化している企業もあることから、11月や年明けにずれ込む場合もあります。

内定式におすすめの髪型

男性の場合

男性の場合は、髪型は清潔感があることがビジネスの場における基本です。就職活動を終えて、少し気が抜けて、髪の毛を伸ばしたり、染めたりする人もいるかもしれませんが、内定式のさいは、必ず就職活動の時と同様、マナーを守って参加するようにしましょう。

まゆげ・耳・襟足に髪の毛がかからないような髪型で、フケや寝ぐせがないか、整髪料を使いすぎていないかにも気を配りましょう。

染髪・長髪・剃り込みやフェードなどの超短髪はNGです。ツーブロックやパーマは曖昧なラインで、企業の社風によっては許されるでしょう。

女性の場合

女性の場合も男性と同様に清潔感が出るようにしなければなりません。

髪が長い場合は、まとめてくくり、前髪が目にかかっていたり、耳が隠れたりしないように注意しましょう。また、メイクはナチュラルメイクで、香水は匂いがきつ過ぎないものを使用しましょう。

明るすぎる染髪・派手なヘアアクセサリー・派手なパーマはNGです。巻き髪、高めのポニーテールあたりは、企業によっては許容範囲内のところもあります。

内定式での第一印象は大切に

内定式では、就職活動を通じてお世話になった採用担当者、面接官以外にも初めて会う会社関係者や他の内定者とも顔を合わすことになります。

そのとき、だらしない髪型や服装で参加してしまうと、その後の会社員生活でもネガティブな印象を持たれかねません。今後、一緒に働いていく人たちと円滑な人間関係を築く意味でも、無難な髪型や服装で参加するようにしましょう。

関連した記事

履歴書や職務経歴書に書く職歴がないときの書類の書き方とアピール方法

就職活動において、とても大切なのが応募企業に提出す...

2019年07月29日, 就職・就活

フリーターは要チェック!正社員面接を成功させるコツまとめ

書類審査を通過すると、次に待っているのは面接です。...

2019年07月29日, 就職・就活

職歴なしから正社員になるには?自己分析・企業分析をしっかりおこなって就活の臨もう

職歴とは一般的には、正社員もしくは、契約社員で勤務...

2019年08月23日, 就職・就活