履歴書や職務経歴書に書く職歴がないときの書類の書き方とアピール方法

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

就職活動において、とても大切なのが応募企業に提出する履歴書です。

新卒でない限り、学歴に加えて職歴を記入する必要がありますが、履歴書に書ける職歴がない場合も考えられます。

そこで、履歴書に書く職歴がないときの対処法をまとめてみました。

職歴がない場合の書類の記入方法

まずは職歴がない場合に、企業に提出する書類についてどのように記載すればよいのかというところから確認していきましょう。

履歴書

履歴書に書く職歴がない場合、学歴を記入したあとに職歴「なし」と記入します。また、学歴・職歴欄の最後には「以上」と記入します。

とりわけ中途採用や第二新卒の場合、職歴がないことにコンプレックスを感じたり就職に不利だと思いこみがちですが、実際にはアピールすべき点がたくさんあります。

また、一般的にアルバイト経験は職歴欄には記入しませんが、記入していけないわけではありません。応募企業の職種に関係するアルバイトであれば、アピール材料になることも大いにあります。

また、空白期間が長期間にわたる場合は、採用面接などのときに聞かれることもあるので、応募企業の職種に関係なくても主なアルバイト経験を記入し「(アルバイト)」と付記しておくといいでしょう。

職務経歴書

既卒や第二新卒の場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることも少なくありません。

職歴がない場合は「自己PR書」と解釈して、最終学歴から応募までの空白期間にどういったことに取り組んできたのかを具体的に記入するといいでしょう。

採用担当者は、応募者のこれまでの取りくみに注目しています。これまで何を目標に取り組んでいたのか、途中で挫折したのなら、なぜあきらめたのかを一連のストーリーに組み立てることで説得力が増します。

履歴書や職務経歴書を書くときは、このような点に注意してください。

職歴なしをカバーするためのアピールポイント

職歴がないこと自体はどうしても採用担当者によくない印象を与えてしまうことは否めないのですが、その理由を明確に説明できたり、職歴以外の点でアピールできたりすれば十分カバー可能です。

職歴以外では以下のような項目を面接官に尋ねられるはずなので、これらの項目に対する回答を磨き込んで面接に臨みましょう。

志望動機

応募企業の求める人材をしっかりと研究して、そのニーズに合った志望動機を書き込むことで、やる気や熱意をアピールすることができます。

多くの人が「御社の理念に共感しました」など、マニュアルの内容をアレンジせず書き込んでいるのが実情です。

そこで、なぜその企業でなければいけないのか、入社後は何に取り組みたいのかを具体的に書き込むことが大切です。

資格

各種免許や資格を取得している場合は、積極的に記入しましょう。とりわけ、IT関連、特殊技能、マネジメントに関する資格は、直接応募企業の職種に関係しなくとも、大きなアピールする材料になります。

また、応募した時点で資格を取得できていなくとも、資格取得に向けて勉強中であるなら、自由記入欄などに「現在〇〇の資格取得に向けて勉強中」と記入することもできます。

自己PR

自己PR欄には、「何をやってきたか」 「何ができるか」 「応募先では今後どうしていきたいか」 の3点に絞り込んで記入します。

志望動機欄と同様に企業が求める人材にマッチする部分を中心として、これまでの経験や得意分野、趣味や個性を検証し、具体的かつ簡潔に記入することがポイントです。

学生時代の経験

履歴書の「学生時代頑張ったこと」も大いにアピールできます。サークルや部活動、ボランティア、留学経験など学生時代に自分が行ってきた活動からアピールできるポイントを探しましょう。

とりわけ、応募企業への志望動機につながるものや、運動部のキャプテンなどリーダーシップをアピールできるものは、採用担当者が注目する部分なのでしっかりと記入するようにしてください。

関連した記事

20歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ

20歳になり、それそろ正社員になりたいと思っている...

2019年07月29日, 就職・就活

就活はアルバイト経験がないと不利になる?バイト経験がなければ何を話すべき?

様々な疑問や悩みが尽きない就活。何をアピールすれば...

2019年07月29日, 就職・就活

大学生が名刺を作るべき7つの理由

社会人になれば必ず必要と言っても過言ではないアイテ...

2019年07月29日, 就職・就活