26歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ:まずは行動してみることが大事!

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

26歳でニートの場合、世間的なイメージはどのようなものでしょうか。

いろいろな理由でニートになった人がいるかと思いますが、実際、26歳ニートという肩書は、どれほどの理由があってもいいイメージは持たれません。

今回は、26歳でニートの人が、正社員として就職を成功させるにはどうすればいいかを紹介します。

なぜ26歳ニートは正社員就職を目指すべきなのか

26歳という年齢でニート生活を数年送っていると、漠然とした焦りはありつつも、このまま働かないでも生きていけるのではないだろうかと考える人もいるでしょう。

そもそもなぜ、26歳ニートは正社員就職を目指すべきなのでしょうか。

将来の経済的なリスクが大きくなるから

まず、26歳という年齢を超えると、ニートのままでは経済面でのリスクが大きくなります。

自分自身の年齢が上がるにつれて両親も歳をとっていきますが、26歳ともなると両親も定年を迎えてはじめて、収入が減るうえに医療費が増えだすので、彼らからの経済的な援助を受けられなくなる可能性が高くなります。

また、自分自身が不規則な生活をしているのであれば、徐々にその影響も体に出てきます。医療費が必要な状況に陥るおそれがあるにも関わらず、蓄えがないというリスクを背負っているのは危険と言わざるを得ません。

若手採用枠に入れる最後のチャンスだから

企業は年齢に応じて一定の水準以上のスキルや経歴を持った人を採用します。

つまり、年齢が若ければ若いほど、職歴なしの未経験ニートであっても採用されやすいということです。

このような未経験人材の採用のボーダーラインは一般的には25歳前後で、26歳は正社員就職を目指すにはかなりギリギリの年齢です。

しかし、今の時点で採用されないということは、今後採用される見込みがほとんどなくなってしまうということを意味します。年齢が上がると非正規雇用でもいい条件の仕事が少なくなってくるので、両親がいなくなった後には労働条件の悪い非正規雇用の現場で働くしか、選択肢がなくなってしまいます。

少しでも安定した将来を確保したいのならば、すぐに行動に移したほうがよいでしょう。

現在の26歳ニートの就職事情

正社員就職を目指すにあたって、前提として知っておかなくてはならないことは、26歳で無職・ニート・引きこもりであることは、企業にとっていい印象にならないということです。これらの人たちは、怠惰や惰性、不真面目などのイメージを先入観として持たれてしまいます。

しかし定年まではまだ30年以上ある若い世代で、教育によってスキルが伸びていく可能性があることと、日本の労働人口の高齢化によって若い日本人の希少性が高くなっていることを考えると、26歳でも正社員就職のチャンスは十分にあるのです。

26歳ニートの就職を成功させるために必要なこと

現在ニートであったとしても、26歳という年齢を考えれば、まだまだやり直しができる年齢です。今から真剣に就職活動に取り組めば、定職にも付けますし満足な生活を送ることもできるでしょう。

また、とにかく何でもいいから仕事に就かなければいけないという年齢でもありません。じっくり自分のやりたい職業を見極め、好きなことを仕事にすることもできる年齢です。

ただし、少し気に入らない条件があるからといって、より好みしすぎるのもよくありません。自分の希望がすべて通るような求人を待って、今のタイミングを逃してしまえば、選択肢は狭まる一方でしょう。

まずは選択肢が多いうちに、失敗してもいいので、行動してみることが大切です。

ニートの癖を改善する

ニートの最大の武器は時間があることです。この時間を有効に活用しない手はありません。

しかし、これは同時に最大の敵でもあります。

健康体のニートは、時間があるためにさぼり癖がついている場合が多いです。このさぼり癖を何とか改善しない限り就職どころか就職活動を続けるのも難しいでしょう。

まずは惰性に勝つことが大切です。

少しずつ時間をかけて、とにかく何かをやってみるという感覚を身につけることをおすすめします。

例えば、何もしなくていいから1日に1回は外に出てみるといったことでもいいのです。小さなことから変えていきましょう。

規則正しい生活を心掛ける

就職した場合、今までとは違い、規則正しい生活が必須です。

就職活動を始める段階で、ある程度規則正しいに生活リズムに直しておいた方がいいでしょう。

食事・睡眠という基本的なことのリズムが、社会生活ではとても重要になってきます。

自分とは何かを明確にする

26歳でニートの人が就職活動で一番つまずいてしまうのは自己PRです。

自分はどういった人間で、会社に対してどのように貢献できるのかをアピールするのが自己PRですが、自分自身のことを分析して把握できていないと、自己PRはうまくいきません。

自己PRを考える際、特に意識してほしいのが、なぜニートになってしまったのか、なぜ就職しようと思ったのかです。

ニートになってしまった原因を自分なりに分析して、どういった経緯で就職しようと思ったのかを明確にすることが大切です。

そうすることで、ニートであることを話しても、それをどうにかしたいという姿勢を企業が評価してくれるでしょう。

26歳ニートに有効な就職活動の方法

26歳ニートが正社員として就職するには、一体どんな方法があるのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

転職サイトを利用する

一番有効な方法といえるのが、転職サイトを利用することでしょう。

転職サイトには、多くの求人があり、その中から自分の条件に合う職場を探すことができます。大手転職サイトの多くが無料で利用できるので、ぜひ利用してみてください。

また、転職サイトの中でも特におすすめなのが、リクルートエージェントです。登録すると、専任のコンサルタント業界トップクラスの求人数から希望に合う求人を紹介してくれます。

また、提出書類の添削、面接対策、自分では言いづらい待遇や給与の交渉まで行ってくれます。こうした徹底的なサポートが受けられるため、一人では不安という人には特におすすめのサービスです。

リクルートエージェントに登録する(無料)

ハローワークなどの無料相談、職業訓練を受ける

就職のプロであるハローワーク職員に現在の状況と、自分の希望を話してしまうのもいい方法でしょう。

個人での情報収集には限界がありますので、圧倒的な情報量を抱えるハローワーク等に相談することも1つの手です。ハローワークでは、職業訓練を受けることも可能なので、おすすめです。

また、ハローワークの他にも、ジョブカフェなど若者向けの就職支援サービスが多数ありますので、活用してみてください。

求人誌や企業のサイトの求人広告を見てみる

新聞の広告欄やタウンページなどの求人誌にも求人の情報は掲載されています。新聞は多くの人に読まれるため、幅広く人材を確保したいと考えている企業の求人が掲載されています。

また、自社ホームページに求人情報を掲載している企業もあるので、気になる企業がある場合はこまめにチェックするのも1つの手です。

26歳ニートの正社員就職がうまくいかないときの対処法

26歳ニートの正社員就職が、必ずしもうまくいくとは限りません。

そこで、もしうまくいかなかったときの対処法について以下で紹介します。

ひとまず社会経験を積んでみる

正社員として働けなくても、まずはコンビニのアルバイトや、日雇いの派遣といった自分にできることから始めてみましょう。

最初は挫折があっても、何度も繰り返して挑戦することで、少しずつ自分に自信がついてくるはずです。その自信と経験が最終的に自分を助けるものになるでしょう。

また、派遣社員や契約社員として経験を積み、正社員としての登用を目指して働くことを目指すのも1つの方法です。

自己研鑽に取り組む

今の空いた時間を使ってぜひ資格などの取得を目指してみて下さい。

資格の勉強をすることで、やりたい職業も明確になる上に、就職活動でも有利になります。

やりたいことが定まれば、その分野の企業の求人はあるので、そこから就職先を選定してもいいでしょう。

先ほども言いましたが、ニートの人の最大の武器は時間があることです。

まだ26歳は若いので、柔軟な頭で沢山知識を手に入れてしまえば、今までの遅れを取り戻すことも十分可能です。ぜひ資格取得を目指してみて下さい。

そもそも就職しない

どう頑張っても就職が決まらない、従業員として仕事をすること自体無理などという人もいるでしょう。

そういった場合は、自宅のPCを使ってアフィリエイトで稼いだり、株式投資をして稼ぐ方法もあります。これは、あまり現実的な話ではないのですが、そういった方法も現代では選択肢の中にはあるので、試してみるのもいいかもしれません。

まとめ

26歳という年齢はまだまだ可能性に満ち溢れています。たとえ26歳でニートでも、就職は不可能なことではありません。

あまり悲観的にならず、自分のできることから着実に前進していきましょう。

関連した記事

20歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ

20歳になり、それそろ正社員になりたいと思っている...

2019年07月29日, 就職・就活

就活鬱になりやすい人の特徴。ストレスを解消して楽しむにはどうすればいい?

リクルートグループがおこなった調査によると、「就活...

2019年07月29日, 就職・就活

50代の未経験者でもできる仕事8選。50歳の職探しで、注意するべきポイントも紹介

50歳は、子育てが一段落し、時間に余裕があり、まだ...

2019年07月29日, 就職・就活