20歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

20歳になり、それそろ正社員になりたいと思っているニートの方もいると思います。

「親から言われたから」「もう大人だからちゃんとした仕事をしたい」など理由は人それぞれでしょう。

しかし、ニートの自分が今から正社員になれるのか心配ですよね。そこで、ニートが20歳から正社員になるための方法を紹介します。

20歳ニートの現在の就職事情

まず始めに20歳のニートの就職事情を見てみましょう。

20歳ニートというと、正社員として就職するのは難しいと考える人が多いのではないでしょうか。しかし、20代後半や30代と比べると20歳は圧倒的に有利だと言えます。

なぜなら、若い人を採用すれば会社で長く働いてくれる可能性が高いため、企業側も人材育成のためのコストや時間を惜しまずにかけられるからです。また、少子化の影響で学歴がなくても若い人材を欲しがる企業は非常に多いです。

その一方で、20歳ニートは新卒で就職活動をしている人に比べるとやはり印象が劣ってしまいます。ニートとして見られてしまうからこそ、他の就活生よりも身だしなみやマナーに気を使うことが求められるでしょう。

20歳ニートの就職希望者がつまずく原因

20歳ニートが就職活動につまずいてしまう原因としては、一体どのようなものがあげられるのでしょうか。主な原因を紹介します。

新卒カードが使えない

日本社会における新卒カードの強さは圧倒的です。新卒一括採用が主流になっている日本では、就職活動において、何より優位になるのが新卒であるという肩書です。

20歳のニートはすでに学校を卒業してしまっているので、若手または中途採用枠で会社に入らなければならず、そちらの枠はすでに社会人経験がある人たちも含めた競争になるので、正社員としての職歴がない方には不利になります。

自分を過小評価している

二つ目の原因は、自分を過小評価してしまうこと。

人は誰でもつまずくことがありますが、ニートになってしまったと、一度つまずいてしまってから立ち直ることができずに、はじめから就職活動に前向きになれないことがあるようです。

ニートは社会的に低い立場に見られてしまうことも多く、そういった心ない言葉に傷ついてしまう人が多いのです。

学歴が足りない

こちらは人によりますが、20歳でニートの人の中には、高校を中退している人もいるでしょう。高校を途中で辞めていると、最終学歴は中学卒業ということになり、高卒以上を応募条件にしている企業には応募すらできません。

つまり、絶対的な就職の間口が狭いことがあげられます。

20歳ニートの就職を成功させるために必要なこと

では、20歳ニートが正社員になるためにはどうしたらよいでしょうか?

進学する

先述したように、新卒一括採用が行われている日本では、新卒という肩書があるだけで正社員就職に圧倒的に有利になります。

20歳という年齢であれば、まだ大学に進学しても卒業時に24歳、高校に通い直したり専門学校に通ったりしても22~23歳で卒業できます。

浪人や留年をする人がいることを考えると、この時期の1、2歳の差はまったく就職に影響を与えないので、進学して新卒カードを手に入れることが、正社員就職に近づくためのベストプラクティスです。

資格を取得する

まずは、資格を取得してみてください。

何も特技や資格がない状態で就職活動をしても、その成功率は決して高いとはいえません。しかし、人にはない資格や特技があれば、アピール材料になり企業が興味を持ってくれるかもしれません。

自分には特技といえるものがないという人は、ぜひなにか資格を取得することを目指してみてください。

しかし、注意したいポイントが一つあります。それは、資格をとることに専念するあまり、それがゴールになってしまうことです。あくまでも最終目標は正社員として採用されることなので、資格取得を就職活動の逃げとして捉えてはいけません。

なお、おすすめの資格は定番の簿記や英検などです。最終学歴が中卒の方は、高卒認定試験の合格を目指してもよいでしょう。

社会経験を積む

パートまたはアルバイトとして、とりあえず働いてみましょう。20歳ニートということは、働いた経験が少ない、もしくは働いたことすらないという人もいるかもしれません。まずはパートやアルバイトとして働くことで、経験を積んでいくことも必要です。

いつまでも悩んで何もせずにいれば、どんどん歳をとり最終的には後戻りのできないところまでいってしまいます。就職活動は若ければ若いほど有利なため、まずは何かしら行動しましょう。

その一歩として、アルバイトなどを経験することで「働く」ことに対してイメージがつかめて意欲が湧いてきます。

企業に自分の思いをアピールする

最後に、就職動機をきちんと把握して自分の熱意を企業に伝えることが大切です。

企業は面接の際に必ず「なぜニートとして過ごしていたのか」という質問を聞いてきます。なぜなら、企業側は採用してからすぐに辞めてしまわないか、根性のある人物なのかを確認したいからです。

そのときに答えに詰まってしまってはよい印象は残せません。ニートになった原因、どの様に過ごしたか、これからどうなりたいか、一つ一つ企業が納得できる理由をしっかり考えて、就職したい熱意を伝える必要があります。

企業からネガティブな面について言及されるのは避けられないので、そこでいかに堂々と自分について語れるのかが重要です。

今までニートとして過ごしていたにもかかわらず、なぜこのタイミングで就職したいと思ったのか、就職活動を始める前に今一度考えてみましょう。

20歳ニートに有効な就職活動方法

20歳ニートが、実際に正社員就職を成功させるには、どのような方法があるのでしょうか。

紹介予定派遣の制度を利用する

紹介予定派遣とは、契約終了後に企業に直接雇用されることを前提とした上で、派遣スタッフとして働く制度のことを言います。この場合、派遣スタッフとして働く期間は最短一ヶ月~最長六ヶ月となっているため、実際に働いてみて自分に合うかどうかを効率的に確かめることができます。

契約終了後は、正社員として雇用される場合と契約社員として雇用される場合があるため、契約締結時に企業側にしっかりと確認しておきましょう。

転職サイトを活用する

転職サイトには多くの求人があり、20歳ニートでも就職先がきっと見つかるでしょう。

また、転職エージェントを利用すれば、求人情報を集められるだけでなく、専門のコンサルタントがあなたの就職をサポートしてくれます。

正社員就職をするにあたって、履歴書の書き方や面接対策などをしてくれるので非常におすすめのサービスです。

中でもおすすめが、大手転職サイト『リクルートエージェント』です。無料で利用ができるので、ぜひ一度登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

自己分析の目的・方法とは?want・can・mustで論理的に自分を知ろう

リクルートグループがおこなった調査によると、就活本...

2019年07月29日, 就職・就活

エントリーシート・履歴書の学歴欄の正しい書き方:間違った書き方に注意

就職活動をするうえで欠かせないのは、志望する企業に...

2019年07月29日, 就職・就活

看護師に就職するには?高齢者化に伴い看護師の需要はますます上がる

看護師になるためには日々の勉強や、実習、そして国家...

2019年07月29日, 就職・就活