27歳が正社員として就職を成功させる方法。無職や職歴なしでもチャンスは残っている

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

正規雇用枠の減少と、非正規雇用枠の拡大によって、現代の日本では27歳という年齢でも定職がない人が少なくありません。

20代後半で、間もなくアラサーと呼ばれる年齢に差し掛かる27歳は、一刻も早く社会復帰を目指さないと、今後の人生が大きく狂ってしまう可能性もあるため、不安に思っている人もいるでしょう。

以下では、27歳が正社員として就職を成功させる方法について解説していきます。まだまだ諦める必要などなく、現在は求職者が有利な時代です。これから取り上げる方法をぜひ活用してみてください。

また、27歳から就職活動をする際におすすめなのが、リクルートエージェントです。無料登録するだけで、業界トップクラスの求人数にアクセスできます。掲載されているうちの約90%が一般では公開されていない非公開求人です。

専任のキャリアアドバイザーから徹底的なサポートも受けられるため、安心して就職活動を進めることができます。

リクルートエージェントに登録する(無料)

27歳に迫る将来のリスクとは

正社員就職を目指したほうがいいとは言っても、27歳という年齢だと、生活にかかるコストもそれほど高くはないうえに、非正規雇用でも生活できないレベルではないので、それほど危機感を得られにくいかもしれません。

しかし、正社員でないということは、将来における潜在的なリスクを抱えているということになります。実際にどのような問題が起きるのかを確認していきましょう。

経済的に困窮するおそれがある

27歳が直面する課題として、真っ先に経済面での課題を思い浮かべる人も多いはずです。

非正規雇用の場合は、もちろん経済面での不安は大きいでしょう。30代になると、両親からの援助もなくなるかもしれません。

またフリーターや契約社員、派遣社員であったとしても、初任給では正社員と年収に大きな差はありませんが、年収の差は徐々に広がり、場合によっては27歳の頃には100万円くらいの差になることもあります。非正規雇用の給与は安く、安定もしていないため貯金をすることが難しいのが現象です。

ほかにも非正規雇用の場合、クレジットカードの作製が難しく、場合が多いため、大きな買い物をすることも難しくなってしまいます。

しかし27歳といえば、結婚や出産、親の老後などのことを考え始めなければならなくなる時期でしょう。今現在の生活だけでなく、将来のための出費にも備える必要があります。

結婚しにくい

実は経済面のほかにも非正規雇用は結婚しにくいという問題があります。不動産や自動車会社は、非正規雇用に対し、経済的に自立していないと思われてしまうことも多く、家を借りたり、車の購入のためにローンを組むことも難しいこともあります。

また、男女関わらず、相手の親が結婚を快く許してくれないこともあるかもしれません。

このようなことから、結婚を考えるのであれば、正社員として働いているほうが、色々と生きやすいのです。

27歳の就職状況

正社員就職を目指すにあたって、前提として知っておかなくてはならないことは、27歳で無職・ニート・フリーターであることは、どうしても企業にとっていい印象にならないということです。

一般的には27歳で無職・ニート・フリーターなどの非正規雇用の場合、就職は厳しいとされがちです。

しかし定年まではまだ30年以上ある若い世代。企業もある程度、時間や労力などのコストをかけることができます。そのため比較的年齢が若い27歳は、働き口が見つからないわけではありません。

とくに最近は人手不足の業界を中心に、全従業員を正社員として雇用する企業も増えてきています。この動きには、高齢化が進み、近い将来働ける人材の確保が難しくなるという予測が背景にあるのです。

そうした事情を踏まえ、従業員に少しでも働きたいと思ってもらえるような環境を作る企業が増えてきています。

つまり27歳でも、正社員就職のチャンスは十分にあるのです。

27歳で非正規雇用となってしまった原因・背景

正社員就職を目指すにあたって、まずはその原因を整理することも大事なことです。現状に至るまでの原因を特定することで、何が解決すべき問題なのかが明確になります。

27歳で非正規雇用になってしまった理由はいろいろあるでしょう。

しかし多くの人は、最初から一生ニートやフリーターでいるつもりはありません。大卒で就職しなかった人、できなかった人、辞めてしまった人、それぞれがちゃんと社会復帰するつもりでいます。

社会に復帰する前に、一度充電期間を設けようと考えて始まるのが、仕事も勉強もない、ニート・フリーター生活です。学校にも仕事にも行かなくていいし、1日中好きなことができるのですから、それは楽なものでしょう。

大抵の場合、居心地がよすぎて、もう少し、もう少しと、そんな日々をずるずる続けてしまい、こんな堕落しきった生活はダメだと思っていても、その快適な生活が長く続けば続くほど、抜け出すことが難しくなってきます。

大学を卒業したタイミング

多くの場合、大学を卒業したタイミングは、人生の大きな岐路となることが多いです。

就職をせずに、アルバイトや派遣で生活をし始めると、抜け出すタイミングを見失うというのが典型的なパターンです。

就職後

27歳で最近増えているケースは、一度就職したものの、会社や仕事に馴染めず、数年で会社を辞めてしまうことでニートになる就職ニート。

自分が思っていた仕事とは違った、職場での人間関係が悪いなど、さまざまな理由により、社会から抜け出してしまうケースです。

働かなくても生活できる

彼らが非正規雇用生活を続けてしまうのには、もうひとつ大きな理由があります。それは働かなくても大丈夫な環境があること。

非正規雇用の多くは実家暮らしです。親が食事を作ってくれるし、自分は子供時代と同じかそれ以上に自分の部屋でのんびり暮らせるのです。

非正規雇用生活が馴染んでしまうと、明日の生活が危ういならまだしも、働かなくても普通に生活できているのに、あえて仕事を始めることをためらい始め、気が付けば27歳という年齢になっているのです。

27歳の正社員就職を希望している人が、つまずいてしまう原因

正社員に就職するためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。過去のフリーターたちの声をもとに正社員就職のために必要なことを紹介します。

自分には無理だと諦めてしまう

非正規雇用生活生活から一歩踏み出せない理由として、多いのは「非正規雇用になってしばらく経った今、就職なんて無理だ」という考えです。ましてや、27歳といえば、新卒で就職していれば5年が経ち、そろそろ職場の仕事も板についてきたころでしょう。

そんな人達と同じ年齢で、「非正規雇用なんてやってる自分が受け入れられる会社なんてあるわけない」そんな風に考えてしまう人が多いのです。

しかし必ずしもそうとは限りません。20代のうちならどんな状況でも仕事は見つかります。

失敗を恐れてしまう

27歳であれば、学生時代の友人や周りの知人が勤め先である程度大きな役職を任されたり、仕事にも変化が出てくるころでしょう。

そういったなかで、自分が就職活動に失敗してしまい、恥をかいてしまうことを避け、なかなか行動できないのです。

周りと比べるのではなく、過去の自分と比べて、今の自分がどれだけ頑張れるかが大切といえるでしょう。

いい条件を求めすぎて、タイミングを逃してしまう

27歳であれば、比較的働き口も多く、選択肢も広いでしょう。ただし、結果自分の理想ばかり追い求めてしまう人もいます。

「もっといい条件の求人があるかもしれない」と少しでも自分の希望と合わないだけで、見送った結果、タイミングを逃してしまい、気付いたころには選択肢が限られてしまうケースです。

27歳が就職するために必要なこと

これまで最終学歴のあと、現在までの間に空白の期間が生じている人は少なくありません。そのような人たちが就職をしやすくするために必要なことを3つ紹介します。

確固たる志望動機

志望動機は、就職試験のときに、必ず聞かれる質問の1つです。ここの答えによって求職者の真剣さや仕事の適正などを見ています。

そのため、いくら27歳で応募可能な求人が多いとはいえ、ここがはっきりしていない場合や生活のためというだけでは就職は難しいです。

自分がなぜ就職したいのか、どういった企業でどういった仕事に就きたいのかをできるだけ明確に把握しておきましょう。それらを把握しておくだけで、企業に対してもアピールすることができ、就職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

空白の期間に身につけたこと

現在の就職活動を行うまでの間についての質問は、どこの企業でも聞かれるでしょう。

そのため、その期間に学んだことや身につけたことを分析して、できるだけ具体的に言えるようにする必要があります。27歳であれば、アピールできる経験やスキルは少ない場合が多いですが、とにかく1つでも何か言えるように準備しておくことがポイントです。

最近は在宅でできる仕事も増えているので、職歴がない期間はその仕事に従事していたということにしておいてもよいでしょう。インターネット上で仕事を受注して、ライティングの仕事をしていたというだけでも、一端のライターとしての肩書を手に入れることができて、文章力があり、ロジックに強い人のように見てもらえるようになります。

実際にクラウドソーシングサイトなどで何件かそのような仕事を受注してみれば、嘘にはなりませんし、踏み込んだ質問をされても返すことができるので、ボロも出ません。

資格と経験

27歳という年齢は中途採用の枠にはいります。中途採用では会社の状況にもよりますが基本的には即戦力の採用を考えています。

そのために、即戦力になることをアピールできる資格やアルバイトでの経験、スキルや専門知識が有効になってきます。

資格はそれに関する能力があることを公的に証明するもの。そのため資格の取得により自身の能力をアピールし、経験不足を補うことができます。

フリーターの正社員就職に有利な資格は、下記のようなものがあげられるでしょう。

・TOEIC

・MOS (マイクロソフトオフィススペシャリスト)

・簿記

・ITパスポート試験

MOSの資格はWordやExcel、power pointなど、さまざまなマイクロソフトオフィスのツールが使いこなせることを証明するものです。

これらのツールは、現在ほとんどの会社が使っているので、MOSを取得していると、それだけで正社員就職を有利に進めることができます。

また近年ではITを取り入れている会社が多いため、初級のIT関連の資格であるITパスポート試験も就職に有利に働くでしょう。IT系の勉強が得意な方は、さらに上級の基本情報技術者の資格などを取得することもオススメです。

現在何も資格がない場合には、あらかじめ準備してから転職活動を始めることで、ある程度楽に就職ができるでしょう。

面接準備

面接準備で特に重要なことはフリーターであった理由、なぜ就職しようと思った経緯を明確に答えられるようにすることです。フリーターを正社員として登用する上で企業が気にすることは、ちゃんと働いてくれるかどうかです。

勤労意欲が低いからずっとフリーターを続けていたのではないか、働いてもすぐにやめてしまうのではないか。面接ではそのような企業側の懸念事項を解消する必要があります。

そのため、ただなんとなく、ではなく、何故フリーターを続けていたのか、なぜ正社員になろうと思ったのか、その理由を面接の場で明確に答えられるようにしましょう。

27歳が正社員就職を目指すのにオススメの就職、転職サービス

27歳でニートや無職だからといって、社会復帰を諦める必要はないという話をしましたが、具体的にどうすれば正社員就職にたどり着けるのでしょうか?

大学の就活生であれば、エントリーシートや面接のアドバイスなど、大学の全面的なバックアップがあります。しかし、社会から隔離された存在であるニートやフリーターには、そのような存在はありません。

そこで利用したいのは、就職、転職を支援するサービスです。就職、転職サービスにはいくつか種類があり、内容が少しずつ異なります。学歴や職歴に関係なく利用できる就職、転職サービスをいくつかご紹介します。

また、アドバイスを受けながら就職を目指す、職業紹介サービスというものもあります。ニートや無職の人が多く参加していて、その中でも20代の人が多く、早い人では1ヶ月で仕事が見つかります。

リクルートエージェント

就職、転職希望者のほとんどは、転職サイトに登録して活動を進めます。数ある転職サイトの中でも特におすすめなのが、リクルートエージェントです。

このサイトに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが、提出書類の添削から面接対策、自分では言いづらい給与、待遇交渉などまで行ってくれるため、徹底的なサポートを受けられます。

登録は無料ですので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

UZUZカレッジ

UZUZカレッジは、20代のニート、フリーターの正社員就職を応援するサービスです。色々な職業で役立つ技能や、資格の習得のための知識が学べる研修と、面接やエントリーシートの書き方などが学べる就活サポートが受けられます。

また、主催の会社によって行われる書類選考のない合同面接会が定期的に催され、内定が貰えれば正社員として就職できます。

JAIC

JAICはメディアで何度も取り上げられた人気の就活支援サービスです。10日間にわたる講座で、就活のノウハウやビジネスマナーを学ぶことができ、単なる就活サポートだけでなく、ニートやフリーターを立派な社会人として育成することにも力を入れています。

また、多くの企業を紹介してもらえますが、企業が厳選した優良な企業だけを紹介しており、「入ったはいいがブラック企業だった」という例は報告されていません。

若手正社員チャレンジ事業

DODAなどの転職サービスを経営する「パーソナルキャリア」が手掛ける「若手正社員チャレンジ事業」は、提携を結んだ会社で、実際に行われている企業内研修やインターンシップに参加できるのが最大の特徴です。

もし研修を受けた会社で、そこに入りたいと思ったなら、そのあと面接を受けることも可能です。

その会社に入らずとも、インターンシップを経験したことは履歴書にも書けますし、また別の会社の研修を受けることも出来ますので、経歴とチャンスが広げられるのが大きな魅力です。

転職サイトで上手く行かなかったときの手段

では、転職サイトを使っても正社員就職が上手く行かなかった場合はどのようにすればいいのでしょうか。出会いの場が少なかった、面接が苦手など、正社員就職が上手くいかない理由は人それぞれでしょう。そこでパターン別におすすめの対処法を紹介します。

納得のいく職場がなかった方に ハローワーク

誰もが知っているハローワーク。その特徴は全国に無料の相談窓口があることと求人数の多さです。

転職サイトで納得のいく求人がなかった方は相談窓口に行くことがオススメ。ハローワークの方に公開されていないような、思いもかけない求人を紹介してもらえるかもしれません。

自分に自信が持てない方に サポートステーション

サポートステーションは40歳以下のニートやフリーターに対する就職支援サービスです。サポートステーションの特徴は単なる求人紹介にとどまらず、精神面でのケアや実践的な支援も行っていること。

コンサルタントとの相談はもちろんのこと協力企業での就労体験や資格取得の支援、コミュニケーションを高めるための訓練にも注力しています。自分に自信が持てない方は、是非自身の能力を高めるためにご利用ください。

面接が苦手な方に 正社員登用制度のある会社で働く

働く能力は高いのに面接が苦手で落ちてしまう方には、フリーターからの正社員登用制度がある会社で働くことがオススメです。

この場合ですと、長期間の時間をかけて企業が自分のことを見極めてくれるため、ミスマッチを防ぎ双方が納得した状態で就職することが出来ます。

もちろんこの場合でも面接を受けなければならないことも多いですが、面接だけでなく日々の勤務態度や能力なども総合的に判断してくれるため、面接が苦手な人でも少しは気が楽なのではないでしょうか。

27歳ニート・無職・フリーターでも、十分にチャンスはある

27歳の非正規雇用でも、十分にチャンスはあります。実は世間では、先述の新入社員が定着しないことなどにより、労働者の高齢化が問題となってきているからです。

非正規雇用の社会進出を応援しようという動きは、「社会に埋もれた若い力を使いたい」というサインでもあるのです。

戦術の通り、20代の間であれば新卒でも高卒でも、ニート歴が長くてもチャンスは十分にあるのです。

ただし、それは若さという武器があればこそで、それが失われていく30代に入ると、時間が経てば経つほど、そのチャンスはどんどん狭くなっていきます。

27歳で社会復帰を目指すのなら、もう少し充電してからなんて思わず、今すぐに行動を開始しましょう。

関連した記事

無職から正社員になるには?社会適応能力がどれだけあるか、アピールできることが大切

現在の日本には、55歳以下の無職の人は121万人い...

2019年07月29日, 就職・就活

主婦の仕事探しと働き方:再就職を成功させるためのコツとは?

2014年の厚生労働省の統計によると、共働き世帯は...

2019年07月29日, 就職・就活

25歳が正社員として就職を成功させる方法:まずは正規雇用を目指そう

25歳でフリーターをしている人も多くいるでしょう。...

2019年07月29日, 就職・就活