調香師をやめたい・転職したい。万人受けする香りの開発は簡単ではない

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

調香師は、心地よい香りを調合し作成する職業です。香水やシャンプーなど、商品についている香りは基本的には調香師が作成しています。商品開発の際に香りはかなり重視されます。香水やシャンプー以外に、インスタント食品の開発にも調香師は必要になります。

そんな調香師は、自分の嗅覚とセンスを駆使してゼロから新しい香りを生み出す必要がありますが、万人受けする良い香りを作るのは簡単なことではありません。なかなか思い通りの香りを開発することができないと、嫌になってしまったり自信をなくすこともあるでしょう。

今回は、調香師をやめたいと思ったきっかけやおすすめの転職先についてみていきます。

調香師をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

調香師の仕事では、優れた嗅覚が非常に大切です。既存の香りに関しては、規定量通りの香料を組み合わせれば作成することが可能です。しかし、既存の香りを作成することはあまりなく、基本的には新しい香りの研究や開発になります。

開発で重要な嗅覚は人間の五感の1つなので、体調に左右されやすいという特徴があります。寝不足などの不規則な生活は五感を鈍らせてしまうので、規則正しい生活を送り続けなくてはなりません。とくに女性は、ホルモンバランスを崩しやすいので、自己管理に苦労するケースが多いです。

また、何万種類にも及ぶ香りを把握する必要があるので、大変骨が折れる職業でもあります。学会や、他のメーカーの香りなど、日常的に研究が必要です。香りにも流行があるので、アンテナを張っておく必要があるのです。しかし、流行に疎く情報収集が苦手であると良い香りを開発することができず、自分には調香師が向いていないのではと感じます。

調香師にオススメの転職先

研究職

調香師は理系の職業になるので、理系研究職に転職しやすいです。調香師は大変根気のいる仕事なので、根気が必要な研究職が向いています。

1つのことと長時間向き合う職業なので向き不向きがありますが、調香師を務めていたのであればその辺りは問題ないでしょう。

大学院を卒業している人も多いので、専門分野を勉強し直し出身大学の助教授や教授になる人も多いです。

営業職

会社は変えずに、調香師から営業職に転向する人も多くいます。調香師としての経験があるので、商品の香りや風味の観点から相手に話ができます。

セールスポイントが分かっているので、営業の際の大きな武器になるでしょう。

また、営業はお客さんにこまめに連絡をとったり提供したサービスへの意見を聞いたりと、細々した作業もあるのでマメな人に向いています。調香師としてすぐには結果が出ない研究にコツコツ取り組んできた経験によってマメさが培われているので、役立つでしょう。

調香師をやめる・転職する前に考えておくこと

転職を考えたら、まずは調香師としてやっていた根気のいる作業が自分に向いていたかどうかをしっかり考えておきましょう。向いていると思えた場合は、上記でもあげた研究職が向いています。

根気のいる作業は向いていないようであれば、社内での部署変更を検討し、OLとして働くのをおすすめします。

調香師は大手メーカーに所属しているケースが多いので、まずは社内で移動が可能かどうか確認してみるとよいでしょう。

調香師からの転職を考えているなら

調香師をやめて一般企業への転職を考えているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。

大手転職サイトのマイナビエージェントは、転職活動をする人の多くが登録する定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくとよいでしょう。

キャリアアドバイザーが希望に沿って求人を紹介してくれるうえ、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートも無料でおこなっています。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

オートレース選手をやめたい・転職したい。成績が良くないと十分な収入が得られない。

モータースポーツの1つのオートレース。オートレース...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

放射線技師をやめたい・転職したい。転職するなら専門的な知識を活かして働こう

放射線技師とは、医師や歯科医師の指示のもとで放射線...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

不動産鑑定士をやめたい・転職したい。冷静な判断力を活かせる仕事をしよう

不動産鑑定士の仕事は、不動産周辺の経済・交通状況と...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?