キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

総合職と一般職の違いは?どちらを選ぶか悩んだときに考えたいポイントを紹介

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 就職・就活

就職活動では自分の希望する職種に就くことは、その後の社会人生活において高いモチベーションで仕事をするためにはとても大切です。

それと同時に、特に女性の場合は就職活動時に将来の働き方として総合職を選ぶか、一般職を選ぶかという選択を迫られます。総合職と一般職にはどのような違いがあり、どちらを選ぶと自分の望んだキャリアやライフプランを歩めるのでしょうか。

今回は総合職か一般職かで悩んだときに、考えたいポイントを紹介します。

総合職と一般職とは?その違いは?

総合職と一般職という働き方が生まれた経緯ですが、これは1986年に施行された男女雇用機会均等法により、男女の仕事における差別をなくすために、各個人がそれぞれの事情において働き方を選べるように作られたものです。

基本的には総合職は1986年以前の男性の働き方を、一般職は1986年以前の女性の働き方をベースにしています。

以下で具体的に見てみましょう。

総合職の仕事内容

総合職は、企業の中核を担う基幹業務に取り組む職のことを指します。異動や転勤を繰り返しながらその企業内の様々な部署であらゆる業務をこなすことが特徴です。

幹部候補としての期待を持たれているため、総合職の職員の中から、その企業の役員が選ばれます。

一般職の仕事内容

一般職は総合職のサポート的な仕事をするイメージと捉えることができます。その仕事の範囲は総合職のように広いものではありません。企業の意思決定に関わるような場には参加せず、主に事務や経理などの作業をこなします。

異動はありますが転勤などはほとんどなく、特定の支社で働き続けることになります。

総合職と一般職の違い

上記のように、総合職と一般職の違いは仕事へコミットする量と姿勢です。

それに伴い、労働条件も変わってきて、総合職のほうがいわゆるやりがいの大きい仕事に携われたり、給与が多かったりするというメリットがありますが、労働時間が多く休暇は少ない上に転勤があるなど勤務場所の自由も制限されるというデメリットがあります。

一般的に男性が一般職コースを選択することは少ないですが、女性だから一般職に就かなければならないとか、逆に男性だから一般職に就けないということはありません。男女の差なく自由に選択することができます。

実際に、厚生労働省が調査する「コース別雇用管理制度の実施・指導状況(2014年)」によると、総合職は女性22.2%・男性77.8%、一般職は女性82.1%、男性17.9%となっています。近年は女性の総合職と男性の一般職が増えてきており、一般職採用に占める男性の割合は2009年で8.1%でしたが2014年では17.9%と倍増しています。

総合職か一般職かを選ぶ際のポイント

総合職と一般職では、働き方やその後のキャリアアップ、給与や待遇において大きな違いがあります。

以下の5つの点を考慮した上で、どちらかを選択するかを決めるのがいいでしょう。

業務内容

前述したように総合職は企業において様々な仕事を経験します。そしていずれは管理や判断業務を伴う責任のあるポジションを任されます。

一般職は総合職をサポートする事務的な仕事に専念します。責任の度合いは、もちろん総合職の方が重く一般職は総合職よりも軽いことになるでしょう。

転勤・異動

総合職は企業における様々な業務を経験する必要があることから、国内はおろか場合によっては海外への転勤を命ぜられることがあります。このように働く場所が変わることはもちろん、業務内容もその時々において変わることがあるでしょう。

一般職は基本的には転勤や異動がありません。あったとしても小範囲内においての異動です。業務内容においても定型業務を行うことが多く、上司が変わることでの多少のやり方の変化があっても仕事内容が大きく変わることがありません。

キャリアアップ

総合職と一般職では、入社後のキャリアアップのスピードが格段に違いがあります。総合職は将来の幹部を目指す人材と位置付けられているので、昇級試験を受けるための条件や試験の頻度が一般職とは大きく異なります。

つまり総合職は早く昇級できるような仕組みが取り入れられていて、一般職では総合職よりも出世への道が緩やかな仕組みが取り入れられています。

給与・待遇

責任の度合いの違いは、当然のようにそれぞれの給与の違いに反映されます。総合職と一般職では基本給やボーナス、責任手当が異なります。

総合職は任されている仕事の範囲が大きいため、その分自らの裁量により仕事が進められるので成果を出しやすいと言えるでしょう。出した成果が当然給料や昇進に反映されます。

一般職では事務などの総合職のサポート的な仕事内容なので、目に見えた大きな成果につなげることが難しく、思うように評価に反映させることが難しいのは言うまでもありません。

社員研修

総合職は一般職よりも業務内容が広いので、色々な研修を受けられる機会が多く、会社において必要となる様々な知識を身につけることができます。

悔いのない選択をしましょう

以上のような違いを踏まえた上で、総合職にするのか一般職にするのかを選択しましょう。会社のあらゆる仕事を身に付け出世を目指したい、バリバリ仕事をして高いお給料をもらいたいのであれば、総合職を選択することをおすすめします。

転勤はしたくない、それほど高い給料を望まない、将来の結婚や子育てのことを考えるとそこまで仕事にのめり込みたくはないと思う人は、一般職を選択する方が良いでしょう。

ただし一般的には、総合職から一般職に変更することは割と容易いですが、一般職から総合職に変更する場合には、上司の推薦や資格試験が必要な場合があります。

後になって悔いが残らないためにも、最初から一般職と決めつけずに、身の回りの状況の変化に応じて変更することを考慮した上で、どちらかを選択するようにしましょう。

関連した記事

履歴書の特技欄には何を書けばいい?社風にあったものをチョイスしよう

エン・ジャパングループの調査によると、書類選考の目...

2019年07月29日, 就職・就活

大学生が名刺を作るべき7つの理由

社会人になれば必ず必要と言っても過言ではないアイテ...

2019年07月29日, 就職・就活

看護師に就職するには?高齢者化に伴い看護師の需要はますます上がる

看護師になるためには日々の勉強や、実習、そして国家...

2019年07月29日, 就職・就活