キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

24歳ニートが正社員就職を成功させる方法:おすすめは転職エージェント!

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 就職・就活

今の時代、就職難の状態が改善してきていると言ってもまだまだ昔に比べると就職が難しい時代です。

24歳でニートというと、大学を卒業したけれど就職活動に失敗してニートになってしまった方や、一度は就職したもののその職業が合わず辞めてしまった方、高卒でずっとニート生活の方など、様々な人がいると思います。

今回は24歳ニートの方が、正社員就職をするためにはどうすればよいのかをまとめてみました。

転職サイトのリクルートエージェントでは、ひとりひとりの希望の条件に合ったお仕事を見つけることができます。また、専門のアドバイザーによるサポートを受けることができるので、就職活動における様々な不安を取り除けるはずですよ。

誰でも無料でサービスを受けることができるため、まずは一度登録してみることをおすすめします。

リクルートエージェントに登録する(無料)

24歳ニートの就職事情

「24歳ニートだから、正社員就職はもう無理だろう」と諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、結論から述べると24歳の場合はニートであってもあまり就職には悪影響を与えません。

実際に、24歳ニートの方の就職事情を見てみると、独立行政法人労働政策研究・研修機構の発表によると、24歳でニートだった方の約3割が1年後には正社員として働いているというデータがあります。

年齢から見ても、浪人、留年、留学、院進学など、様々な事情で学生生活を長く続ける人もいるので、多くの企業は25~30歳のあたりに採用するかしないかのラインを決めており、24歳ニートなら自分の頑張り次第で正社員として就職することは大いに可能だと言えるでしょう。

24歳はまだまだ若く、新卒で就職活動をしている人と2年しか差がないため、即戦力として採用される可能性が高いです。24歳ニートでも正社員就職を諦める必要は全くありません。

ただし、必ずしも時間的に余裕がある年齢であるというわけでもないので、早めに動き出す必要があることは事実でしょう。

24歳ニートが正社員就職を成功させるための方法

24歳ニートでも正社員就職をすることは可能ですが、その手段を知らずして達成することはできません。

では、具体的に就職を成功させるためにはどうすればよいのかを教えます。これから紹介する方法をぜひ試してみてください。

自己分析をする

24歳ニートが就職活動をする上で、まず大事なのが自己分析をすることです。自分のことをよく知っておかなければ、面接で質問されたとき答えにつまづいてしまいます。

自分にはどのような業界が向いているのかということ、またそれだけでなく自分の性格や特徴、特技などを知っておくことで就職活動を有利に進めることができます。

中には「自分はダメな人間だ」とネガティブ思考の人や、「自分には良いところはない」、そう思っている人もいるでしょう。そんな時は悪いと思っているところをポジティブな面に変えてしまえばよいのです。

例えば、「考えすぎる」という特徴があるならば「物事に慎重」と言いかえられますし、「うるさい」という性向があるならば「活発」と表現すればよいでしょう。

自分が弱点だと思っている点を見つけ、それを逆に自分の長所として生かしていくようにしましょう。

こうすることで面接のとき面接官に悪い印象を与えることはなくなります。

ニートという経歴は伝えない

面接をする会社にニートとして生活してきたことを素直に話すことはやめましょう。やはり、24歳でニートという肩書をストレートに伝えると、どれだけ好印象を与えたとしても、面接の担当者は自分の評価が下がるというリスクを取りたくないので落としてきます。

職歴が空白になっている期間については、在宅でできる仕事をしていたことにすれば問題ないでしょう。実態はどうであれ、在宅で仕事をしなくてはならない事情があり、ライターや投資家などの仕事をしていたということにしておけば、納得してもらえるでしょう。

実際にネット上で募集されているクラウドソーシングのサイトの案件をいくつかこなしてみれば、嘘をついていることにはならないですし、その仕事の勝手も分かるので、踏み込んだ質問をされたとしても安心です。

就職動機をしっかり把握する

面接をする会社は、必ず志望動機について聞いてきます。そういった質問をされたとき、いかに堂々と受け答えができるのかがとても重要です。

そのためには、なぜ自分がこの20代半ばのタイミングで就職活動を行おうと思ったのかを整理して説明できるようにしておきましょう。

また、どこでもいいからとりあえず就職したいという考えをもつのはやめましょう。採用する会社は熱意がある人に働いてもらいたいと考えているので、どこでもいいからニートから脱出できればよいという考えは面接で見抜かれてしまいます。

自己分析をしっかりと行い、就職動機をはっきりさせておくことで、なぜその会社で働きたいのかを説明できるようになるでしょう。

転職エージェントを上手に活用する

さあ就活を始めようと思って、求人サイトを見ても載っているのはどこか怪しい会社だったり、ブラックな企業しか載っていないこともあります。そんな時は、転職エージェントを活用することをおすすめします。24歳であればほとんどの会社の応募条件をクリアできるため、様々な仕事の中から選ぶことができるでしょう。

昔は転職エージェントは転職する人にしか使えないサービスでしたが、今ではフリーター、無職から就職したいと思っている人にも使えるそうです。担当エージェントが求職者にあった業界、企業などを丁寧に探してくれるため、自分で会社を探すという手間が省けます。

また利用料はすべて無料なので、24歳のニートでお金がないという方でも気軽に利用することができます。おすすめは、大手転職サイト『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントの特徴は、何と言ってもその求人数の多さです。他の求人サイトには載っていない非公開求人も多数掲載されており、あなたの経験や強みを生かせる仕事が見つかります。

また書類添削や面接の練習などのサポートも行ってくれるため、初めての就職活動で不安な点についても解消することができますよ。

リクルートエージェントに登録する(無料)

ハローワークを利用する

ハローワークは、だれでも無料で利用できるサービスです。様々な求人を探すことができ、気になる企業があればハローワークの職員を通して企業側に連絡を取ったり、実際に面接を受けることもできます。

年齢や経験、資格などで条件を絞ることができるので、24歳ニートでも自分に合う企業を探すことができるでしょう。

インターネットでもサービスを展開しているので、近くにハローワークがないという人はぜひそちらも利用してみてください。

資格を取得する

資格を取得する、というだけで就職活動は有利になります。しかし、資格と言っても社会で使える資格とそうでない資格があります。

ただ適当に資格を取れるだけ取ればよいのではありません。また、社会で使える資格の中でも取得するのに何年もかかるような高難易度の資格を取得しようと試みることもおすすめしません。

なぜなら、24歳ニートの一番の強みは「若さ」なので、資格の勉強に何年も費やして就職活動がスタートできないのでは意味がないからです。

世の中にはたくさんの資格があります。その中で、24歳ニートの自分に向いているもの、そして社会から必要とされているものを選ぶようにしましょう。

関連した記事

税理士に就職するには?税理士の就活は人手不足が続き、売り手市場

毎年おこなわれる国家試験の合格率は10%前後と狭き...

2019年07月29日, 就職・就活

26歳フリーターが正社員就職を成功させる方法

ストレートに進学していれば、26歳は社会人4年目の...

2019年07月29日, 就職・就活

25歳が正社員として就職を成功させる方法:まずは正規雇用を目指そう

25歳でフリーターをしている人も多くいるでしょう。...

2019年07月29日, 就職・就活