異動が多い人の特徴・理由とその対処法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 異動・転勤

会社に勤めていると、異動は珍しいことではありません。

職場間の交流をはかるため、利益が出ている部署の人員増強のためなど、様々な理由で異動になることがあります。

会社は状況に応じて、異動する人材を決めなくてはいけません。では、異動する人はどういった人材が選ばれるのでしょうか?

会社は何かしらの理由があって異動する人を決めていますが、毎回異動させられる人にとっては手間もかかるし、気持ちいいものではないでしょう。

そこで、異動が多い人の理由や特徴、その対処法を紹介します。

異動の多い会社に勤めている

そもそも異動が多い企業に勤めている場合は、ほとんどの人が異動を頻繁に繰り返しています。

例えば海外展開している日本企業では異動が非常に多いです。新天地にいって業務を開拓していくこともあるため、異動をともなう機会も増えてきます。

異動がどうしても嫌な場合には、あらかじめ転勤について会社の説明を受けるか、地元に密着しているような中小企業への転職も視野に入れたほうがいいでしょう。

優秀で将来が期待されている

将来の幹部候補となる若い人材は、専門性を高めるよりも、幅広い業務や見識を得ることを重視される傾向があります。

そのため、一つの部署で業績が認められると、異動になるケースが出てきます。これをチャンスととらえて、異動を出世の糧とするのかは本人の判断となります。

実際に出世をして役職を得た

出世して役職を得た場合、異動が減るかといえばそうではありません。

会社の支店間で問題が生じた場合、問題解決のため、役職のある責任者が異動させられるケースが往々にしてあります。

職場の店長などは、同じ店舗でとどまっているケースは少ないです。役職を得るということは、それだけ異動をともなう機会が多いことを心得ておく必要があります。

優秀ではない

組織で働いている以上は、優秀な人材もいればそうでない人材もいます。

特定の部署での業務の効率が悪ければ、その仕事が向いていないと判断されて、別の仕事を行う部署に配属されますが、移った先の部署でも成果が出せなければ、また同様の理由で別の部署に移動させられます。

平均的な人材であれば数回の異動で自分に合った仕事を見つけることができますが、何度もそれが繰り返されているということは、人並み程度にこなせる仕事がいつになっても見つかっていないということであり、そうなると仕事との相性ではなく、少なくともその会社の業務を行うにおいては優秀ではない人材であると判断されることになります。

優秀でない人材はどの部署からも人気がないので、短期間でその部署から追い出されることになり、常に異動を命じられることになります。

左遷された

会社は売上を上げなければ倒産してしまいます。大きなトラブルは、大きな赤字に繋がるので決して許されることではありません。

言い方は悪いですが、トラブルの多い人は、会社からはクビにはできないため、頻繁に異動に追いやられるケースが少なからずあります。

会社への信頼回復のためには、相当な本人の努力がないと難しいかもしれません。

結婚していない

独身の方は、既婚者に比べ、会社から身軽であると考えられがちです。

既婚者の方は持ち家などがあった場合、単身赴任になることから、子供が小さいうちは、妻の負担を考えて自宅にいたほうがよいと世間一般は考えがちです。会社も同様に考て、え判断をくだすことが多いです。

異動が定期的におこなわれている会社では、"独身"異動させられる理由だと考えてもよいのかもしれません。

命令に従順に従う

何でも受け入れてくれる人材は、会社としてもありがたく、物事を頼みやすい人材として見られてしまいます。

会社に従順な人材は、嫌なことでも頻繁に受け入れてしまうので、周りが転勤を拒んでいるようなケースでは、どうしても異動の依頼が来てしまうことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

本当は転勤が嫌な場合、普段から真面目に業務にあたっているのであれば、思い切って断る勇気を持つことも大事です。

様々なケースで異動になることがある

異動の多い人の理由や特徴としては、会社がそもそも異動の多いことで避けられないケースであったり、優秀であるのかそうでないのかにかかわらず、会社の適材適所の人事により異動を命ぜられることになります。

異動がどうしても必要な会社であれば、事前に説明があることが多いですが、そうでない場合は、会社の就業規則に転勤のことが記載されているか確認してみるとよいでしょう。

記載があれば、転勤を断ることは難しくなりますが、そうでない場合は断ることができます。

関連した記事

海外転勤は断れる?拒否したい時の断り方3選

国内転勤は多くの企業であります。しかし、企業の中で...

2019年07月29日, 異動・転勤

全国転勤のメリットとデメリットとは?自分の幸せを考えた選択をしよう

仕事を選ぶうえで、全国転勤の可能性があるかどうかは...

2019年07月29日, 異動・転勤

地方転勤は左遷?出世コース?地方への転勤が決まった時の対処法まとめ

全国転勤のある会社で働いている場合、全国どこに転勤...

2019年07月29日, 異動・転勤