カスタマーエンジニアをやめたい・転職したい。残業が多く求められるスキルも多い。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

カスタマーエンジニアはコンピュータシステムの保守・点検・修理などを行うエンジニアで、主にクライアント先に出向き、または常駐して業務にあたる人を指します。

ネット社会の現代では非常に需要が高く、将来性のある職業です。しかし、深夜勤務や休日出勤がある職場も少なくなく、そうした休みの取りづらさから転職を考える方も少なくありません。

今回は、カスタマーエンジニアをやめたい・転職したいと思ったきっかけや、おすすめの転職先について紹介していきます。

カスタマーエンジニアをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

エンジニアとして必要なスキル以外も要求される

カスタマーエンジニアはシステムを1から構築するシステムエンジニアと違い、クライアント先のトラブルに対応する業務が多いため、技術的な知識だけではなく、現在の状態、クライアントが置かれた状況を正確に把握するためにコミュニケーション能力や状況判断能力などが求められます。

技術者として成長しながらも、営業職に近いスキルを磨かなくてはならないためプレッシャーに感じて転職を決意する方も少なくありません。

残業が多い

カスタマーエンジニアはセキュリティの関係上、基本的に「持ち帰り仕事」は発生しないので、クライアント先の問題が解決するまで帰社出来ないことも多くあります。

またクライアント先でのトラブル対応をしていると予期せぬ事態が発生したり、急な対応で休日がつぶれてしまうことも。このような労働環境が離職に繋がることもあるようです。

カスタマーエンジニアにおすすめの転職先

インフラエンジニア

インフラエンジニアに転職するにはハードウェア全般の幅広い知識が必要であり、一般的にはネットワークエンジニアやソフトウェアエンジニアへの転職と比べて敷居が高く、高いスキルが要求されます。

しかし、カスタマーエンジニアはハードウェアの専門的な知識が要求される仕事であり、その専門性を活かしてインフラエンジニアへとチャレンジする事が出来る職種といえます。

無形商材の営業職

エンジニアから全く違う業界へ転職する人はいますが、営業職に関しては苦手意識やネガティブイメージを持っている人も多く、転職先としては考えにくい業界でもあります。

しかし、カスタマーエンジニアはクライアント先への導入支援や保守対応などでコミュニケーション能力が磨かれる職種であり、システムという新たな価値を伝えるという業務はプレゼンスキルや分析能力なども必要であり、これは無形商材営業に通じるものがあります。

カスタマーエンジニアからの転職ならマイナビエージェント

カスタマーエンジニアからの転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

転職のプロのキャリアサポートを受けることができ、面接対策や書類添削もしてもらえます。また、転職市場における自分の価値についても把握できるので、より具体的なキャリアプランを立てられるでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

カスタマーエンジニアから転職する前に考えておくこと

カスタマーエンジニアはエンジニアとしての技術やスキルを持っているだけでなく、クライアントとのやり取りを通じてコミュニケーション能力も必要とされる、他のエンジニアと比較しても複雑な業務であるといえます。

その分、プレッシャーのかかる仕事であり、向き・不向きのはっきりした仕事でもあります。

転職の際はカスタマーエンジニア業務を自分が「得意な業務」・「不得意な業務」に分けて、得意な業務に親和性のある業界・職種を考えると良いでしょう。

関連した記事

車掌をやめたい・転職したい。責任の重さ、不規則な勤務形態がつらい。

車掌は主に駅や電車内において、円滑な運転や乗客の案...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

工場長をやめたい・転職したい。忍耐力を活かせる仕事をしよう

工場の規模に関わらず、工場長という役職はその工場の...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

巫女をやめたい・転職したい。年齢制限があり、長くても30歳くらいまでしか働けない

神社に鎮座して神に仕える女性のことを巫女といいます...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?