40歳で無職が正社員就職を成功させる方法。諦めずに、たくさんの企業を受けてみる

JobStep編集部
公開, 更新 , 就職・就活

就職に失敗した、就職したが会社を辞めてしまった、またはリストラにあったなど、さまざまな理由で、30代後半から40代で無職の人が最近増えています。

また無職ではない、フリーターやアルバイター、契約社員などの、非正規雇用の人も多いでしょう。

大学を卒業してから無職・非正規雇用の人も、40代で無職・非正規雇用になった人も、この歳で新しい会社、生活を探すのは勇気がいるものです。しかし今後の人生を考えると、やはり手に職をつけて安定した収入を得たいところ。

しかし、40代で特に職歴のない人が今から正社員で就職することは果たして可能なのでしょうか?そこで今回は、40代で無職の人が正社員で就職するための方法について紹介します。

40歳非正規雇用の人と、正社員の給料格差は広がるばかり

無職と正社員に給与の差があるのは、もちろん。非正規雇用の人と、正社員の給料格差も、この年齢になると、かなり大きくなってきます。

中年フリーターの平均月収はおよそ20万円といわれていますが、正社員だと40万円ほど。つまり、月20万円もの給料格差があるのです。

また給料だけではなく、貯蓄にも格差が生まれています。フリーターでは貯蓄が100万円もないという方がほとんどです。そのため病気にでもなったりしたら死活問題。

しかし、40代の正社員平均貯金額は550万ともいわれており、フリーター平均額のおよそ5倍です。

40歳の就活は、支援が乏しく難しい

若者フリーターに対する就職支援と比べると、どうしても中年フリーターの就職支援の数は少ないです。40歳フリーターにとって、これは厳しい現実でしょう。

多くの企業が体力ある若者を求めるのは当然。また人生経験が豊富な40代よりも、教育しやすい若者のほうが採用しやすいのが企業の本音でしょう。

40代が正社員就職する方法

40代非正規雇用の人が正社員として就職をすることは、非常に困難な道になるでしょう。そこで少しでも採用に近づくためのポイントを紹介します。

条件にこだわらない

まず心得ておくべきなのが、条件を選んでいては正社員就職は不可能だということです。

40代となると、大卒で就職していれば、社会人生活がおよそ20年という節目にさしかかるころ。また、同じ会社に勤め続けていればそれなりのポストに就き、十分に安定した収入を得ている年齢です。

そんな人達と同世代で無職の人が、正社員として採用されるのでしょうか。平たく言うと、企業によってはあり得ない話ではありません。年齢問わず人材を募集している会社もありますし、40代で転職活動をしている人達も少なくありません。

ですが当然、職歴も無い40代よりも就職経験のある転職組が採用される可能性は高いですし、採用されても新卒程度の月給からなので、収入面でも期待は出来ないでしょう。

やはり40代で正社員就職は相当に狭き門と言えます。40代未経験で正社員就職を目指すのならば、まずは収入面での条件で選ぶことはやめましょう。

できる限りエントリーシートを送り、面接を受けさせてくれる企業を探しましょう。収入面や職種にこだわっていては、恐らく仕事探しは難航を極めると思います。

働き方の考えを変える

今の自分の立場を理解できた人は、いきなり正社員採用が厳しいということに気付いたはずです。

さらに話を細かくしていくと、一度、正社員という考えを捨てることも1つの方法です。

なぜかと言うと、働くということは、必ずしも正社員を目指すという意味ではないからです。こういったことは、世間が勝手に決めた一般論であって、正社員が全てではありません。働き方というのは人それぞれなのです。

むしろ、企業によっては正社員よりも、アルバイトを掛け持ちしている人の方が収入が多いという場合もあります。

なので、一度働き方の考えを変えてみて、採用してくれたアルバイト先で長く勤めてみることも検討してみてください。そこから、アルバイト先でリーダーを任されたり、上手くいけば正社員登録という形にも繋げることができるかもしれません。

ここでも言えるのが、アルバイトだからといって仕事を転々としていると、あっという間に年をとり、その結果、アルバイトですら雇ってもらえない状況になってしまいます。

正社員として働くことを目指すために、あえて正社員にこだわらないこの方法が、意外な近道ということも考えられます。

熱意をもつ

40代で新たな会社に正社員就職するために必要なこととは何なのでしょうか。それは「熱意をもつこと」です。

先述のように、40代で無職の人が正社員として採用されるには、転職組との競争に勝ち、企業側に、「この人はわが社に定着する」と思わせなければなりません。

ひたすら面接を受けまくるとは言ったものの、やはり闇雲に受けるより、何かしらの作戦をもって臨みたいですよね。

40代の求職者、転職者に知っておいてもらいことは、面接での新卒生との違いです。新卒生が面接を受けた際には「会社の志望動機」を聞かれます。

ですが、未経験、転職含め30代以降の人に対する面接でよく出る質問は、「自分になにができるか」です。職務経歴、スキル、技能、性格などを企業側は知りたいと考えています。

なぜなら、将来的に会社を支える人材になることを目指す新卒生と違い、ミドル世代以降の人には、即戦力とはいかずとも向こう1年ほどの間には結果を出せるような人材を、企業側は求めているからです。

未経験で就職を目指す人には、職務経歴やスキルでアピールすることは難しいですが、他にもアピールできることはあります。

それが「熱意」です。自分が正社員となって採用されたあかつきには、こんな風にして、必ずこの会社に貢献したいという気持ちを伝えることが重要です。形のある資格が無くても、例えば細かい作業が得意だとか、集中力があるとか、どんな小さなことでもアピールしていきましょう。

とにかく、自分はこんな人間で、そんな自分を採用してほしいという気持ちを伝えるのです。熱意なら、転職組にも新卒生にも勝つことができます。

人柄やコミュニケーション力を磨く

会社というのは、様々な年齢の人間が集まる組織です。もちろんその中では人間同士の相性などもあるでしょうし、職場に馴染めないこともあるかもしれません。

40代で新しく入って来た人は、プライドが高かったり、職歴がなければそれだけで社会経験に難ありと見られ、一般的には社内に馴染みにくいと思われやすいです。

また、最近多くの企業で、採用した新入社員が定着せず、3ヶ月ほどで辞めてしまうといった事態が起こっています。

そんな中、会社に馴染みにくそうな人を採用するのには、やはり二の足を踏む会社が多いでしょう。面接を受けることができたら、まずは面接官にコミュニケーション力の高さや、人柄のよさをアピールしてください。

コミュニケーションに自信のない人は、早急に磨きましょう。職歴がない人はアルバイトなどでまずは社会経験を積むことが大切です。この人は職場に馴染めそうだと思ってもらうことが、採用への一歩になります。

人手が足りていない業界を選ぶ

40歳、非正規雇用者がいきなり、大企業または普通の企業に就職というのははっきり言って無理です。

よって、人手が足りていない業界を選ぶのが良いいです。人手が足りないということは、それだけ求職者がいないということであり、その分ライバルも減ります。

結果、ほかの企業に比べて、正社員として就職できる確率は高くなります。

介護職

介護業界は現在人手が足りないので正社員になる確率は上がります。また、資格取得などをすることによって給与のアップも習うことができます。

介護業界は給料が低いといわれていますが、資格を取得したり経験を積むことにより給料も上がります。

介護業界の就職を目指すなら、業界大手サイトの『かいご畑』がおすすめです。未経験や資格なしでも可能な求人が多くあります。

かいご畑に登録する(無料)

タクシー業界

タクシー業界も人手不足となっています。タクシーというと普通自動車二種免許が必要になってきますが、今の時代では、研修期間に無料で取得できる、という会社もあります。

またタクシー業界では、40代はもちろん50代、60代の方でも正社員として採用される業界です。

もし本気で正社員になりたいと考えているのであれば、タクシー業界も視野に入れておくとよいと思います。

タクシードライバーの就職を目指すなら『タクQ』がおすすめです。

タクQに登録(無料)

たくさんの企業を受ける

とにかくたくさんの企業を受けてください。これが最も単純でかつ最も重要なことなのです。

40代無職の人を正社員として雇用しようとする会社は、現実的に考えて少ないです。ほとんどありません。現実は厳しいものです。

そのため、企業の就職に落ちることが当然なのです。本当にごくまれに採用してくれる企業があるかもしれません。そのような企業に就職すればよいのです。

では、そのためにはたくさんの企業に応募するしかないのです。なのでこの方法は一番単純で重要なことなのです。

資格を取得すると就職が有利になる

多くの企業を受けるだけでなく、資格を取ることで就職に有料になることがあります。もちろん内容にもよりますが、資格がだけで即戦力と見なされやすくなり、フリーターでも採用してもらえる可能性が高くなります。

資格の一例を挙げるとすればTOEICです。TOEICで高得点を取っていれば、英語ができると見なされやすくなります。近年では、グローバル化を意識している企業が多いので、英語ができるというのは武器になります。

実際、40代フリーターを正社員で採用するところは少ないですが、資格を持っているのと持っていないのでは雲泥の差となるでしょう。

40代無職が仕事を探すなら『リクルートエージェント』

40代無職の人がネットでやみくもに求人を探していては、すぐに仕事は見つからないでしょう。そこでおすすめなのが転職サイトの『リクルートエージェント』です。

昔は転職サイトというと、転職をする人だけが利用するものと考えられていましたが、現在は職歴がない方でも求人を探せるようになりました。

リクルートエージェントは、実績豊富なキャリアアドバイザーがひとりひとりにつくため、自分の希望や悩みなどを何でも相談することができます。また書類添削や模擬面接に加え、面接日のスケジュール調整や条件の交渉なども行ってくれます。

さらに入社後の給料交渉や円満退社のサポートなど、最後まで徹底したバックアップをしてくれます。

登録は誰でも無料で簡単にできるので、「40代という節目の年で新たな一歩を踏み出したい!」という方は、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

自己分析の目的・方法とは?want・can・mustで論理的に自分を知ろう

リクルートグループがおこなった調査によると、就活本...

2019年07月29日, 就職・就活

26歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ:まずは行動してみることが大事!

26歳でニートの場合、世間的なイメージはどのような...

2019年07月29日, 就職・就活

就活はアルバイト経験がないと不利になる?バイト経験がなければ何を話すべき?

様々な疑問や悩みが尽きない就活。何をアピールすれば...

2019年07月29日, 就職・就活

いま話題の記事