声に関わる仕事5選。ナレーターからアニメの声優まで幅広い活躍のある仕事

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

声に関わる仕事は、ナレーターからアニメの声優まで多様な種類があります。近年では、声優の仕事のジャンルも増えており、ゲームの登場人物の声など演出する声優もいます。

またテレビ、ラジオなどの媒体だけではなくインターネット上の映像であったり企業PRの映像、さらに商品の説明VTRと映像に関する仕事も格段に増えているため声に関連する仕事もそれにともなって増加傾向にあります。

では、声に関するにはどのような仕事があるのでしょうか?

声優

声優の仕事は、アニメの登場人物の声をあてたり、海外ドラマの吹き替えや、ゲーム・パチンコなどの映像に登場するキャラクターの声を担ったりすることです。

最近では声優がアイドルとなってライブをしたり歌手として活躍するケースも出てきています。

声優に向いている人は、演技をするのが得意な人です。アニメのキャラクターにも喜怒哀楽であったり、登場シーンのシチュエーションによって声のトーンがことなる場面が多くあります。そのシーンの中で登場人物になりきって声を発することができるかが問われます。

また、監督やスタッフとのコミュニケーションをとることができるかという点も重要な要素です。声優としての、表現の中には監督やスタッフが意図したい表現があります。それを理解しながら、上手に表現できる能力も必要です。

声優自身がメディアに登場することが多くなり、声優の仕事は、ますます注目を浴びる仕事になってきています。それにともなって、声優の人気はあがってきています。その中で成功するには、プロとして成功するとの意志が強くなければなりません。

声優になるには?

声優になるためには、専門学校や養成所に通う方法があります。声優の学校では発声の基礎から学ぶことができる他、現場の経験や、在学中のデビューも夢ではなくなります。

専門学校や養成所を修学した後、声優事務所のオーディションを受けます。声優事務所に所属することで、業界での信用を得ることができたり、事務所での仕事を受けることができます。

またアニメやドラマの「役」のオーディションもあります。決められた日程でオーディションをおこない、「役」にふさわしい声を募集することケースもでてきています。

ナレーター

ナレーションとは、映画や演劇などでストーリー説明を冒頭でおこなったり、テレビ番組やCMなどで、内容や状況などについて解説すること人や職業のことを指します。ナレーションの仕事は、ドラマ・ドキュメンタリー・ニュースの解説とさまざまなシーンで必要とされています。

放送作家やディレクターが作成した台本をもとに、番組内の映像にナレーションを入れる作業をしていきます。

なかには、生放送中のナレーションもあるので、スタッフとの準備や打ち合わせを入念にしておくことも大切な業務のひとつです。

ナレーターに欠かすことができないのが表現力です。ナレーションは、文章をずっと同じトーンで朗読する仕事ではなく、場面によって声のトーンを変えてメリハリをつけることが必要となってきます。表現力が豊かなナレーションが入った映像は視聴者にわかりやすいものとなります。

ナレーターに向いている人は、朗読することや文章を声を出してう事が好きな人です。その上で、日本語のアクセントや滑舌に関するトレーニングもつむ必要があります。

そして、ナレーターには「声が美しい」ということよりも声の独自性が求められます。CMやバラエティ番組の中で採用されるナレーションは、企画に合わせて独自性の強いものも選ばれたりします。

ナレーターになるには?

ナレーターを目指す人は、ナレーターの養成専門学校や声優養成学校、アナウンサースクールに通うなどそれぞれに発声練習や朗読のトレーニングを積んでいきます。

ナレーターの活躍の場は多く、テレビ番組にとどまらず、企業の広報用VTRやラジオ番組のナレーション、インターネット番組のナレーションなどあらゆる映像をあつかう場面に必要とされています。

ボイストレーナー

ボイストレーナーは、発声や歌唱など美しい声がでるように指導をする役割を担っています。

指導をする相手は、俳優やタレント、アナウンサーにいたるまで「声」を武器に活躍する人々です。

ボイストレーナーに必要な素質は、社交性や人に物事を教える能力です。ボイストレーナー本人がうまく発声できたとしても相手に教えることができなければ意味がありません。生徒のやる気をうかがいながら、腹式呼吸などを伝授していきます。

生徒ひとりひとりに対して丁寧に向き合いそれぞれにあった指導ができる能力も求められます。そのため、指導方法の種類やそれを表現する表現力を豊富に持った人が活躍していく職業となります。

プロを目指す人の中には、練習ではうまくできたとしても人前でうまく話すことができない人や歌うことができない人がいます。そのような人に自信をつけさせていくこともボイストレーナーの役割のひとつです。

ボイストレーナーになるには?

ボイストレーナーに資格はありませんが、自らがボイストレーニングを経験した人が、その職業に就いています。

音楽大学の声楽科やアナウンサーの専門学校などで発声に関するトレーニングを受けている人だから指導できることを多彩につくり出すことができるのです。

ボイストレーナーの資格には、一般社団法人「日本ボイストレーナー連盟」が認定する「JAVCERT」という資格も存在します。

アナウンサー

アナウンサーは、社会にあふれる情報を声と言葉を使ってわかりやすく伝えていく仕事です。ニュース番組などで用意された原稿を正確で明確に伝えていく業務を担っています。

アナウンサーには、声のトーンが誰にでも聞きやすく明確であることが求められます。老若男女のできるだけ多くの人々が理解できる声質の人が向いています。

また明るく前向きな人が適している職業です。ラジオであってもそれは伝わってくるものです。原稿を読み間違えたとしても、冷静に気持ちを切り替えながら次の原稿を読むことができるポジティブさも問われます。

さらに、ニュース番組はレギュラー化されている番組が多く、体調を崩したりして休むことがないことが求められます。日々の体調管理と同時に体型の維持や発声の維持も要求されることが多い職業です。そのような意味では、ストイックな人が向いている職業です。

アナウンサーになるには?

アナウンサーになるにはテレビ局やラジオ局に就職することが第一の条件となります。アナウンサーは、局の社員として採用されていることが多く、高学歴の人がメインとなっています。

アナウンサーの就職試験では、ほとんどの人が、大手の放送局だけではなく全国のあらゆる放送局の試験を受けているのが実情です。アナウンサーになるために専門の学校に通って学ぶ人も少なくありません。

ラジオパーソナリティ

ラジオパーソナリティは、ラジオ番組においてトークを交えながら司会、進行を運営する仕事です。ラジオ番組の中には、音楽番組やラジオショッピング、ニュース解説などの番組があります。

ラジオパーソナリティには、番組内でのトークで聴衆をひきつける話術が必要となります。

そして、ゲストを迎えた際には、ゲストの個性を最大限に発揮できるようにゲストの魅力を引き立てる力が必要となります。誰とでも会話を弾ませることができる対話力が求められます。

トークのスペシャリストとして番組を運営するだけではなく、番組の構成の打ち合わせにも参加し、構成作家やプロデューサーとも番組企画を作り上げていくこともしています。

ラジオパーソナリティになるには?

ラジオパーソナリティになるには、タレント事務所に所属する、アナウンサースクールや放送に関する専門学校で学ぶという道があります。

テアトルアカデミーや日本ナレーション演技研究所など多くのラジオパーソナリティを輩出しているスクールもあるので、その様なスクールをチェックしていくことが必要です。

大手の放送局に比べて、コミュニティラジオなどローカルの放送局はラジオパーソナリティになることができる可能性が高くなります。その他、局のアナウンサーとして経験を積んだ後に、フリーランスで活躍するラジオパーソナリティもいます。

まずは転職サイトで、職探しを

声に関わる仕事に転職をするなら、転職エージェントで求人を探すのがおすすめ。業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

猫に関わる仕事5選。気まぐれでかわいい猫と、毎日いっしょにいられる仕事はたくさんある

日本での猫の飼育頭数は増加し続けており、近年では犬...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

女性が多い業界・職種4選。育児休暇や、産後復帰のしやすさを考えて、企業選びをするべき

今はバリバリ働いている女性でも、結婚や出産を望んで...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

キャリアアップできる仕事3選。昇進しやすい職業を選んで、スキルと知識を養おう

ディップ株式会社が2018年におこなった調査では、...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る