仕事で努力しても報われない人の特徴とは?評価されるには、大きな努力と多少の運が必要

JobStep編集部
公開, 更新 , 職場の悩み・人間関係

報われるとは、自分が与えたことに対し、それ相応の見返りがないということです。そのため、仕事で頑張っても報われない人とは、どんなに職場で成果をあげても、給与が上がらなかったり、いつまでも部下を持たせてもらえない立場である人のことになるでしょう。

もしそのような状況になってしまうと、当然働くモチベーションは下がり、社員も辞めていってしまう可能性が非常に高いです。もちろん会社としては、そのような問題が引き起こらないよう、評価制度を作成し、社員全員が平等に評価されるような仕組みを作っているところが多いです。

しかしそのような仕組み化がされていても、社長に気に入られている社員は給与が上がり、どんなに頑張っても評価がされず報われなかったりする人もいます。

そんな報われない人の特徴を紹介します。

言いなりになってしまう人

報われない人の特徴として、人からの頼まれごとを断れない人が多くいます。

どんな理不尽な頼みことでも断ることができずに引き受けてしまう人は、報われない人になる可能性が高いです。それはまず自分がやらなくてはいけないことが後回しになってしまったり、働くうえで芯がないと思われてしまったりするからです。

ただのいい人にならないよう、働くときに何をモットーに仕事をするのかしっかり決めて、余裕がないときには断ることもしていかなくてはいけません。

期待されやすい人

周りから期待されやすい人も、努力が報われない人の特徴といえます。期待されるということは、できて当たり前と思われているということ。

そういった場合、たとえどんなに無理なことを解決したとしても、「あの人ならできて当たり前だよね」と思われるだけなので、努力が報われたと感じることはないのです。

運に恵まれない人

世の中、運は大切です。どんなに頑張っても報われることがない場合もありますし、とくに努力しなくても周りの状況で簡単に報われてしまうこともあります。

上司がたまたま自分がいい仕事をした瞬間を見てくれていた、上司と一緒の往訪のときばかりミスする、周りの売上が落ちているときに自分だけ目標達成できたなど、運のようなものも評価には多少関わってきます。

こればっかりは、自分ではどうしようもないことなので諦めるしかないかもしれません。前向きに次のことに努力をすることがいちばんでしょう。

才能がないと思われる人

運、不運と同様に才能も努力が報われない人に大きく関わってくるのではないでしょうか。才能がある人は、とくに努力しなくても簡単に報われたりします。

逆に才能がない人は、どんなに努力したところで、報われないことが多いのではないでしょうか。スポーツにしても、勉強や仕事にしても、才能によって大きな差が生まれます。才能も運の1つといえるかもしれません。

とくに真面目に頑張っている人は、自分に才能がないということで落ち込むことが多いかもしれません。

見た目による評価が低い人

人は見た目で評価しがちです。見た目が損だと、どんなに努力しても報われないことがあります。

逆に「なんであいつが結果を出せたのか不思議」などと思われてしまうこともあるでしょう。見た目が良いと、大したことをしていなくても評価されることがあります。

しかし気持ちは表に表れるので、常に明るい気持ちでいれば、人に与える印象も変わり、努力が報われることもきっとあります。

関連した記事

職場でマタハラをされたときの対処方法

マタハラは、妊婦が職場で受ける嫌がらせのこと。 ...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

どうすればいいの?会社で怒られることが怖い時の対処法まとめ

会社の業務で失敗した時などに、上司や先輩から怒られ...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

仕事ができない女の特徴とは?上手に付き合っていく方法も紹介

職場で仕事ができない女性というのは、役に立たない存...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係