どうすればいいの?会社で怒られることが怖い時の対処法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職場の悩み・人間関係

会社の業務で失敗した時などに、上司や先輩から怒られるのが怖いと感じてしまうことはあるはずです。

ダメだと分かっていても、怒られる怖さから失敗を隠してしまい、さらにひどく怒られたといったこともあるのではないでしょうか。

今回は、会社で怒られることが怖い時の対処法を紹介していきます。

自分を追い込まない

失敗してしまうと視野が狭くなってしまい、結果として自分を追い込んでしまいます。

大したことでなくても、自分を追い込んでしまっていることで、「凄く怒られるのではないか」と思い込み、さらに強く怖いと感じてしまいます。

まずは、冷静になって考えてみて、過度に自分を追い込まないようにすれば、怒られる怖さも薄れるでしょう。

怒られることを気にしない

仕事でミスをして怒られるということは、誰にでもある経験です。人間である以上、ミスは避けられないので、ある程度は仕方ないと割り切りましょう。

ただし、同じミスは繰り返さないようにしなくてはいけません。ミスをした原因を分析して、その対策をきちんと仕組み化できれば、それはあなたの成長に繋がります。

怒られた結果として、成長ができたと考えることで、さらに怒られること自体は気にならなくなるはずです。

怒られることについての解釈を変える

なぜ失敗すると怒られるのかと考える必要があります。上司や先輩がただ単に感情的に怒っている場合もありますが、多くの人はあなたの成長のためにミスしている点と改善方法を伝えるために発言をしているはずです。

怒られる時に怖いと感じてしまう前に、「この人は自分に対して期待しているから怒ってくれているのだ」と思うことができれば、恐怖よりも感謝を感じることができるでしょう。

怒られた時のイメージをする

ただ怒られるのではなく、怒られる前にその状況についてイメージすると良いでしょう。

イメージできていれば、多少のことでも想定内と感じることが出来るので、怖さを無くすことができるはずです。

ただ、あまりにもイメージ通りだと、一周まわって笑いがこみ上げてくることがるので注意が必要です。

気にしない

怒られても気にしないようにすることが一番かもしれません。怒られているので失敗に対して考える必要はありますが、怒られていること自体は気にしないようにします。

気にするなといっても難しいかもしれませんが、自分の人生全体として考えてみれば、怒られている時間はほんの僅かです。

たとえば、人生80年と考えた場合、怒られる時間はほんの一瞬で、1%にも満たないでしょう。怒っている上司、先輩との付き合いも、長くて3年程度です。たったそれだけのことと考えることができれば、怒られる怖さも気にならなくなります。

関連した記事

「仕事したくない病」にかかりやすい人の特徴と対策8つ

仕事をしたくないというもやもやした気持ちを抱えたま...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

仕事が続かない人の原因と対処法10選

その人自身の能力が高くても、1つの仕事を長く続けら...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

なんでも部下に丸投げ!仕事しない上司の特徴とその対処法まとめ

仕事をしない上司、もしくは仕事ができない上司と一緒...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係