仕事が続かない人の原因と対処法10選

JobStep編集部
公開, 更新 , 職場の悩み・人間関係

その人自身の能力が高くても、1つの仕事を長く続けられない人がいます。一体なにが原因なのでしょうか。

生きていくために仕事をすることは大事なことですが、そんな大事な仕事が続かないようでは、社会的な信頼も失ってしまいます。そうなってしまう前に、ぜひ仕事が続けられなる原因を理解して、対策をとりましょう。

この記事では、仕事が続かない特徴(原因)とその対策について紹介します。

また、ずっと続けられる仕事を見つけたいのならば、リクルートエージェントを活用してみてください。求人数が10万件以上あり、転職サイトではいちばんの求人数です。

プロのアドバイザーがサポートしてくれるので、自分に向いている仕事も簡単に見つかります。

無料で登録できるので、ぜひ登録だけでもして情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

1.我慢が足りない

当たり前ですが、仕事が続かない人は、我慢が足りないという特徴があります。どんな仕事でも辛いと感じるときは必ずあります。辛いと感じるときに我慢強さが必要になるのです。

我慢が足りない人は仕事や恋愛、人間関係、全てにおいて影響が出ます。根本的に我慢することは意味がないと思っている場合が多く、我慢しないことが基本的なスタンスになってしまっている可能性が高いです。

我慢ができないために、何度も転職を繰り替えてしまうのかもしれません。

対策:我慢強さを身につけるには目標を持つ

「我慢が足りない」の対策として、仕事上での目標を持つことが大事になってきます。たとえば、営業であれば5件の契約を取ってくるなどです。

仕事上の目標を持つことでモチベーションアップにもなりますし、目標を達成するために辛いことも乗り越えられるようになります。

2.プライドが高い

プライドが高いのも、仕事が続かない人の特徴の一つです。

職場によっては年下の上司ができることもありますが、それを認められないという人も多いそうです。プライドが邪魔をして、仕事を続けるモチベーションを失った結果、会社を辞めてしまいます。

確かにプライドを持つことは大事ですが、プライドが邪魔してチャンスを逃してしまうことがあります。今まで数多く仕事を変えてきた方は、自分のプライドは生活や周囲からの信頼を犠牲にしてでも守るべきものなのかということを、よく自分自身と向き合って考えてみてください。

対策:自信をつける

プライドが高い原因は「自信がない」ことです。

自信がないために、自分のことを大きく見せようとします。自慢話をしたりなど、極端な自己アピールに走ってしまいます。そうしないと、自分を支えることができません。

しかし、「自信をつけてください」といきなり言われても難しいでしょう。だからまずは「自信のあるフリ」をしてみてください。自信のあるフリなら誰でもできます。自信のあるフリをいつもしていると、いつかそれが本物の自信に変わります。

自信をつけるには思い込みが重要なのです。

3.自己分析ができていない

うまく自己分析が出来る人は、自分の長所や短所がはっきりとわかっているため、間違いを修正することができ、長く仕事を続けることも楽になります。

また、自己分析でより自分を深く知ることで、自分が本当に向いていることは何なのか、やりたいことは何なのかということが分かるので、仕事選びの際も失敗しません。

対策:やりたいことを明確にする

あなたのやりたい仕事はなんですか?どんなに給料がよい仕事でも、自分のやりたくない仕事では続きません。どうせ何年も仕事をするなら、やりたいことを仕事にしましょう。

自分がやりたいことがハッキリとわからない場合は、逆にやりたいことを書き出すこともおすすめです。やりたくないこと、やってみたけど向いてなかったものを羅列すると、残る仕事のジャンルが絞られてきます。

それでもやりたいことが分からない方は、求人サイトを利用しましょう。例えば大手求人サイトである「リクルートエージェント」、ではプロのアドバイザーがいるので、就職・転職について気軽に相談することができます。

自己分析も一緒にしてくれるので、あなたにピッタリな仕事も見つけやすいです。無料で登録できるので、ぜひ登録だけでもして情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

4.判断が早い

決断力が良くも悪くも早いという点は、仕事を長く続けられない原因だといえるでしょう。

初めは誰もが仕事に慣れません。なので、辛いし、つまらないと感じるのも無理はありません。しかし、何年か続けていくうちに仕事に慣れ、その仕事が楽しく感じる瞬間は必ず来ます。

判断が早く、行動力があることはよいことですが、早すぎる判断はもったいないだけかもしれません。

対策:3年間は辞めないようにする

3年間は続けてみて、それでも何も楽しさを見いだせないと思ったら辞めましょう。

「3年間も仕事して辞めるなら、今すぐ辞めた方が効率的だ」とも思うかもしれませんが、3年間仕事することで思いもしなかったスキルが身につくことがあります。

また、そもそも一つのことを継続して3年続けている人は少ないので、それをこなすだけで貴重な人材になれて、その後のキャリアにも有利になります。

5.頭がいい

頭がいいと言うよりは、効率重視な考え方をしていると言った方がわかりやすいでしょうか。周りと同じ給料をもらっていると考えると、彼らよりも多い仕事量をこなすのは納得がいかないという方も多いようです。

そのせいで、どんどん仕事に対するモチベーションが低くなり、しまいには辞めたいと思うようになってしまう人もいます。

頭がよくて考えすぎてしまうタイプの方は、今の環境を悪くとらえる傾向にあります。自分が本当に給料にあった仕事ができているのかを見つめ直しましょう。

対策:自分のスキルに自信があるなら転職もあり

今の環境に不満があり、給料に不満があるのなら転職を考えてみるのもありです。周囲のレベルが低いと感じておりやる気がでないのであれば、正当な給料をもらえる会社に就職できれば、仕事も長く続くでしょう。

転職を考える場合には、大手求人サイトの「リクルートエージェント」などを活用してみましょう。リクルートエージェントではプロのアドバイザーがいるので、あなたに合った仕事を見つけることができます。

無料で利用できるので、ぜひ登録だけでもして、求人情報を眺めてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

6.期待が大きい

職場に対して期待が大きすぎることも、仕事が続かない人の特徴です。

待遇や人間関係などについて過度に期待が大きいと、実際に働いていてほんの少しのアラが見えただけで、「仲間が冷たい」「やりがいない」と感じて、そのガッカリ感が仕事を続けられなくさせてしまいます。

対策:過度の期待は持たないようにする

どのような職場も楽しい一面と辛い一面があります。過度の期待はしないようにしましょう。逆に期待しないことで、仕事が長く続けられる可能性もあります。

期待していなかった分、楽しいことがあればギャップとなり、よい意味で期待を裏切ってくれます。

7.実はその仕事が向いていない

そもそも、選ぶ仕事が自分に合っていないという可能性もあります。

自分では営業が得意だと思っていても、実は対人関係が苦手で、自覚はないまま知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいて、その負の感情がコップから溢れた瞬間にモチベーションが途切れて仕事を辞めてしまうというような人は、意外に多くいます。

適材適所という言葉があるように、人間は得手不得手があります。自分に合った仕事を見つけるのが大切です。

対策:自己分析をする

このケースの場合、自覚症状がないことが厄介な点です。

自己分析をする際に、自分の深層心理まで踏み込む必要があるので、徹底的に自分の好きなこと/苦手なことなどを洗い出して、本当に自分が考えていることを見極めましょう。

8.過去の栄光を引きずっている

前職の仕事や学生時代に経験したバイトの成功体験をいつまでも引きずっている方も、仕事が続きません。

過去の栄光と今の惨状を比較して、やる気をなくしがちなので、仕事に身が入っていないことが特徴です。

仕事を辞めることを繰り返していると、何度も下っ端からやり直すこととなり、いつまでも出世できないので、さらに過去の栄光にすがることになるという悪循環に陥っています。

対策:今の仕事に集中する

どんなに過去が素晴らしくても、一番大事なのは「今」です。これをまずはしっかり頭で理解するようにしましょう。

今まではしっかりと仕事と向き合っていなかった可能性があります。ぜひ、今の仕事と真剣に向き合ってください。

昔の栄華までは戻れないとしても、今の仕事で努力を続ければ、少なくとも現時点よりは評価が高まり、段々と出世をしていくことができるようになります。

過去の栄光をモチベーションに、努力を継続するように意識を変えましょう。

9.夢があるが努力はできない

大きな夢を掲げているものの、その実現のための努力ができない方も、仕事が続きません。

大きな夢を実現するためには、長い下積みが必要になりますが、そのための努力ができず、ただ夢に向かって努力しているという姿勢をとっているだけで、実際には何もしないままただ時間を過ごしている人がいます。

対策:夢を叶えるためには我慢も必要だと考える

成功した人たちの本を読んだり、エピソードを聞いて見ると、多くの成功者が苦労をしていることが分かります。夢を叶えた人たちはみな苦労をしているのです。

あなたも夢を叶えたいのなら、あえて苦労する道を選ぶことが近道になるかもしれません。

夢を追うのは大切ですが、自分自身が成長するにはひとつの場所で経験を積むことも必要だということを心得ましょう。

仕事が続かない自分を変える方法

原因を特定して対策する

仕事が続かない自分を変えるためには原因を知ることが大切です。上で仕事が続かない人の特徴を紹介しましたが、あなたはどれに当てはまりましたか?

仕事が続かない原因さえ見つかれば、あとは克服するだけです。しっかりと自分を見つめ直してください。

職場で親友を作る

職場に親友を作るという意外な方法もあります。職場に気の合う友人を作ることで、毎日の仕事が楽しくなりますし、仕事を辞める気も起きなくなります。

親友さえ作れれば、仕事のために職場に行くという感覚はなくなり、親友に会うために職場に行くという感覚になります。思い出してみると、小学校時代も勉強のためではなく、友達と遊ぶために学校に行っていたという人は多いのではないでしょうか?

この職業で親友を作るという方法はおすすめなので、ぜひ積極的に職場の人と仲良くしてみましょう。

転職して当たり前と割り切る

仕事が続かないことに悩むのではなく、同じ仕事を長く続けている方が特殊だと、考え方を変えてみることも一つの方法です。

仕事が続かないという事態は改善されませんが、考え方を変えることによって悩み・心理的負担からは開放されるはず。

仕事はあくまでも人生の中に存在するひとつの要素でしかないので、特に困ることがないのであれば、そもそも仕事が続かないことが原因で悩む必要はありません。

まとめ

仕事をやめてしまう人たちには、さまざまな理由がありますが、ネガティブな原因だったりポジティブな理由だったりと人それぞれ違っています。

しかし全員に共通して言えるのは、続けたいと思える仕事に出会えていないということです。

転職を何度もしてきた人が多いはずですが、転職の仕方によって、見つかる企業はかなり異なるということはご存知でしょうか。

リクルートエージェントは、業界でもかなり大手のエージェントサイトなので、10万件を超える非公開求人があります。

また、自分では気が付かないような強みをプロのアドバイザーが見抜き、企業を勧めてくれるというのも他の求人サイトとの大きな違いです。

今まで自分で探してきて失敗をしてしまった方は、プロのサポートの元でもう一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに登録する(無料)また、他にも多くの企業を探したい場合はDODAも同時に登録することをおすすめします。

DODAに登録する(無料)

関連した記事

海外赴任する女性に喜ばれるプレゼント6選:相手の状況を想像して選ぼう

仲の良い友達、あるいは同僚、職場の先輩、後輩などが...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

介護士の現場でよくあるいじめ:原因や対処法を紹介!

介護士は、身体的・精神的な状況により日常生活が困難...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

日本は縦社会で成り立っていることが多い。縦社会で上手く立ち回っていくためのルールとは?

作家で心理カウンセラーの五百田達成さんは、「男は縦...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係