臨床工学技士をやめたい・転職したい。業務内容と給与が合っていないと感じる。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、今の仕事をやめたい時に

臨床工学技士は、人工透析や輸液ポンプ、除細動器などを扱う業務のため、慣れるまでに時間を要する職業ともいえます。そのため、臨床工学技士の資格を取って病院に勤務したとしてもその環境に耐えきれない人も少なくありません。

急な呼び出しやトラブル対応のために時間外労働を強いられることも多く、拘束業務も月5~10回程度あるため、ワークライフバランスを満足に取ることは難しい職業といえるでしょう。

2019年2月20日に兵庫県神戸市では、医師不在にも関わらず臨床工学技士に指示して患者に人工透析をおこなったとして、臨床工学技士法違反の疑いで事件当時クリニックを運営する医療法人の理事と事務長だった男の2人が逮捕されました。

このように臨床工学技士の扱う業務は責任が大きく、少しのミスも許されないプレッシャーが強くあります。今回は、臨床工学技士をやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

臨床工学技士をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

人間関係がつらい

臨床工学技士は人工呼吸療法、心臓カテーテル検査と治療、内視鏡手術など各科手術室関連業務、ICU・CCU・HCU業務、冠動脈バイパス術や心臓の弁置換術など業務内容が多いうえに、患者の様子を付きっきりで注意し、医師や看護師との連携も取らなければなりません。

責任が大きく専門性の高い職であるにも関わらず、看護師から下に見られるなど職場の人間関係が退職・転職を考えるきっかけにもなります。病院といった閉鎖的な環境も人間関係を悩みのタネにする要因といえるでしょう。

収入が低い

秋田県臨床工学技士会のアンケート調査によると、年収が300万~400万であると回答した人がもっとも多い24%、次いで400万~500万が22%でした。

このアンケートでは、約半数の人が日本人の平均年収として目安になっている400万円以上の年収をもらっていると回答しており、決して臨床工学技士の年収は低いとはいえません。

しかし、年収仕事量と給与に対して「満足」だと回答した人はたったの7%で、36%の人が「不満」と回答しています。また、職場での責任の割合については76%が重大・やや重大を選択しました。

全産業と比較してみれば給与が低いわけではありませんが、その特殊な業務による身体的・精神的疲労に対しては釣り合っていないと不満に感じている人が多くいることが分かります。

やめるべき人の特徴

臨床工学技士をやめるべき人の特徴は、プレッシャーに弱い人です。臨床工学技士は患者の生死を扱う神経が磨り減らされる仕事のため、プレッシャーに弱い人には続けていくことが難しいかもしれません。

さらに同僚との連携にまで気を配らなければなりません。そのため、その過酷な環境に耐え得るだけの臨床工学技士への想いが必要になる場面も多々あります。

辞めたいと感じた場合、ほかにも働き口があるなら転職を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

やめる前に試してみるべき、考え直してみること

やめる前に試しておくべきことは、ほかの業種を調べてみることや勤務病院の異動を申請してみることです。臨床工学技士を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかもう一度考えてみましょう。

臨床工学技士はほかの医療業種に比べて専門性、業務内容に富んでいます。それは同時に業務の大変さをもの語っていることになりますが、その分「やりがい」がある人に誇れる職業といえます。

医師や看護師と同等の知識に加え、患者を見守る専門機器の知識や技術もないと臨床工学技士は成り立ちません。そのため、人間関係が臨床工学技士をやめたい理由なのであれば、勤務病院の異動を申請してみるのも良い手です。

やめるべきではない人の特徴

編成チーム内でもそこそこの地位を持っている人や、つぎにやりたい仕事が決まっていない人は臨床工学技士をやめるべきではありません。

臨床工学技士は国家試験をかい潜って取得できる臨床工学技士の資格を取得してこそなれる狭き門を通過した人たちの職業です。そのため、その中である程度の勤務年数と技術を身に付けているのであれば、必要とされる場は非常に多いでしょう。

また、今後も高齢者の増加により臨床工学技士の需要は高まるといわれています。他にやりたいという仕事がないのであれば、現状のままスキルアップを目指すことが得策です。

どうしてもやめたい場合、円満に確実にやめれる方法

臨床工学技士をどうしても辞めたいという場合、辞めるための理由、伝え方が大事です。それによって、スムーズかつ円満にやめられるかどうかが決まります。

やりたくないから、給与が低いからといったマイナスな理由は伝えないことがポイントです。加えて、やめる1~3月前に余裕を持って伝えることも、相手方が新任をさがすまでの期間を設けるために必要でしょう。個人的都合や親の介護、子供が産まれた、または育児に専念などの理由が一般的です。

また、病院が患者をたくさん抱えているときなど忙しいときは避け、引き止められた際にも感謝と辞める意思に変わりはないことを伝えるようにしましょう。

臨床工学技士におすすめの転職先

医療機器メーカーの営業職

医療機器メーカーは、透析膜やチューブなどの消耗品から内視鏡や放射線、手術室分野の高額な検査機器までたくさんの種類があります。

外資系メーカーや精密機械の他分野からの参入も多く、福祉関係や調剤薬局向けの検査機器を専門にするメーカーやアメリカからの輸入品を専門的に扱うメーカーも。

特定の分野に特徴を持つメーカーが多いため、競合も少なく営業がしやすいという特徴があります。また、扱ったことのある製品であったら、利用者目線で客に提案できるという強みも持つことが可能です。

医療コンサルティング

医療コンサルティング会社は、クリニックの開業支援や運営支援、業務改善などのアドバイスをしていきます。

医療従事者として働いてきた臨床工学技士は現場の問題を理解しているので、非常に重宝されます。

スキルとしては、経営やマーケティングなど総合的な知識が必要とされ、客のために行動力も要求される仕事です。

また病院だけでなく、製薬メーカーや医療機器メーカーへのコンサルティングをする会社もあります。

医療専門転職アドバイザー

医療専門転職アドバイザーは、医療業界の内情の知識を活かせる職業です。仕事では、応募者に適切なアドバイスをして転職の支援をしていきます。

人と接するのが好きで、コミュニケーション力に自信がある人におすすめの職業先です。

臨床工学技士からの転職ならマイナビエージェント

臨床工学技士からの転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

転職のプロのキャリアサポートを受けることができ、臨床工学技士としての経験や資格を活かした転職の相談にものってもらうことができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

教員・教師をやめたい・転職したい。労働環境や生徒・親・教師との人間関係に悩む

教員や教師は、学校授業を通して生徒たちに知識を伝え...

2019年07月29日, 職業別、今の仕事をやめたい時に

介護士を辞めたい!介護士の辞め方と転職方法の注意点

介護士の中には今、働いている職場に対して不満を持っ...

2019年07月29日, 職業別、今の仕事をやめたい時に