アロマに関わる仕事5選。「香り」をデザインして人をリフレッシュさせる仕事

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

近年では、香りに関する研究(アロマコロジーなど)も盛んになってきており、人々が心地よく生活できる環境を作り出す、アロマに関する仕事が注目されています。

アロマに関する仕事と述べても、アロマアドバイザー・アロマセラピスト・アロマ空間デザイナーなど多様にあります。

アロマが注目されはじめていますが、アロマに関する仕事とはどのようなものがあるのか紹介していきます。

アロマセラピストの仕事

アロマの仕事で最も一般的なものがアロマセラピストです。アロマセラピストが在籍する、アロマサロンでは、体調が優れない人や、癒しを求めている人に対してエッセンシャルオイルを使い、アロマテラピーを施します。

アロマセラピストに向いている人は?

アロマセラピストは、収入面ではそれほど高くないのが一般的です。アロマテラピーに興味や関心が人一倍あるような人でないと続けていくことが難しい仕事です。

日本でのアロマテラピーは、医療行為として認められておらず、リラクゼーションの一種として認識されています。利用者に対しておおらかで優しい施術ができる人が向いています。

エッセンシャルオイルの種類も数百種類あり、それぞれのオイルの働きや効果を覚えていく必要があります。利用者に触れながら施術をおこなう場合には、リンパや血流などに対する知識があると信頼を得ることができます。

アロマセラピストの資格とは?

アロマセラピストとして働いていくには、公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)が認定するアロマテラピーアドバイザーの資格が有効になります。

アロマテラピーアドバイザーは、友達とアロマクラフトつくりをしたり、お店でアロマテラピーに関する商品を案内できるなど、アロマテラピー検定よりも上位にある資格となっています。

アロマテラピーインストラクター

アロマテラピーインストラクターは、安全なアロマテラピーの実践方法をインストラクターとして教えることができる資格です。

アロマテラピーインストラクターに向いている人は?

アロマテラピーインストラクターは、人にわかりやすく物事を教えることができる人が向いています。アロマセラピストとの違いは、スクールなどでアロマについて人に教えることです。

エッセンシャルオイルの知識だけではなく、健康に関する知識、メンタルヘルスの知識など幅広い知識に興味を持つことができる人が向いています。アロマテラピーインストラクターの試験範囲にもそれらの分野の知識が必要となります。

アロマテラピーインストラクターになるには?

アロマテラピーインストラクターになるには、まず資格取得条件に公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の会員であることが求められます。次に、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得していることが必要です。

そして、認定スクールでアロマテラピーインストラクターの必須履修科目を習得していることが必要条件です。スクールで必須科目を履修していても試験を受けるためには、履修証明書の提出をしなければなりません。履修の証明書の有効期限も10年と定められています。

アロマハンドセラピスト

アロマハンドセラピストは、アロマを安全に活用するための知識をもち、利用者にアロマハンドトリートメントを実践できることを認定する資格です。皮膚科学やリンパに対する知識も活かし、ボディやフェイスへのアロマテラピーやコンサルテーションを提供します。

これらは、アロマセラピストの上級資格であるアロマハンドセラピストの資格を持つ人の仕事となります。

アロマハンドセラピストに向いている人は?

アロマハンドセラピストはカラダの各器官のともつながっている反射区を効果的にマッサージしながら、利用者の心と体をリフレッシュさせるため、しっかりとしたマッサージ技術を習得していく必要があります。

利用する人は、リフレッシュをのぞんで来店するのですから、施術される人に対して優しい気持ちで接することが求められます。

看護師や介護士の中にもアロマハンドセラピストの資格を取得し、利用者に喜ばれている人がいます。

アロマハンドセラピストになるには?

アロマハンドセラピストになるには、公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の認定資格が必要となります。

アロマハンドセラピストの資格を受験するには、アロマテラピー検定1級の資格とアロマテラピーアドバイザーの資格を持っていることが必要となります。

さらに、公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の新たな資格であるアロマブレンドデザイナーを持っていると大きな信頼を得ることができます。アロマブレンドデザイナーは、オイルのブレンド技術を認定する資格です。

アロマ空間コーディネーター

アロマ空間コーディネーターは植物由来のエッセンシャルオイルの効能を利用するアロマテラピーの知識や技術を活かしながら、ホテルやオフィスなどのパブリック空間をアロマでコーディネートする仕事です。

その空間を維持するために、クライアントへ定期的に訪問をし、季節や空間の気流の流れを把握しながら新たな提案をしていきます。

アロマ空間コーディネーターに向いている人は?

空間に求められるアロマのメージとそれを空間に演出するために用いる芳香器の選定もしますので、廊下や室内の空調や気流に関しても興味を持つことができる人が向いています。

業務用のアロマディフィーサーの調整も行うことがあるの機械にも詳しくなる必要があります。

また、様々な場所へフットワークを軽くしながら訪問するアクティブさも求められます。

アロマ空間コーディネーターになるには?

アロマ空間コーディネーターになるには、アロマ空間デザイン検定に合格した後、アロマ空間コーディネーターの資格取得します。

アットアロマ株式会社が認定するアロマ空間コーディネーターの資格を取得するには20時間の受講が必要となります。

それぞれの空間の機能性や空間イメージに合わせた香りの選定の仕方など、アロマ空間コーディネートにおける基礎知識を習得します。

アロマ空間デザイナーの仕事

ホテルやオフィス、ショールームなどを演出するアロマをオリジナルで開発し、香りの提案をします。

例えば、その空間にずっと居たくなる香りもあり、商業施設では、顧客の購買意欲にも影響を与えることがあります。それぞれの空間でそれぞれの個性に合わせた演出をしていく必要があります。

企業のブランドイメージをアロマでつくり出すところも増えています。

アロマ空間デザイナーとアロマ空間コーディネーターの仕事の分野の違いは次の通りです。

アロマコーディネーターが、既存のエッセンシャルオイルによる空間演出をするのに対して、アロマ空間デザイナーは、クライアントの要望するオリジナルの香りをブレンド技術を活かしながら創り出すというところにあります。

アロマ空間デザイナーに向いている人とは?

語彙が豊富で感覚に敏感な人が向いています。香りのイメージを言葉にしながら、それを香りにしていく作業ができる人です。

日頃から、様々な場所の香りをメモしたり、記憶することができる能力が求められます。クライアントと何度もイメージを共有していく作業をするため、臨機応変な対応も要求される業務です。

アロマによるブランドイメージは、年単位という長いスパンで決まることもあります。

アロマ空間デザイナーに必要な資格とは?

アロマ空間デザイナーに関する、アットアロマ株式会社での受講は20時間です。試験には実技試験もともないます。

空間に関するアロマに資格では、アロマ空間デザイナーの資格とアロマ空間コーディネーターの資格をあわせもつことも大切になっています。

まずは転職サイトで可能性を

アロマに関わる仕事へ転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。マイナビエージェントは企業とのコネクションが強いため、各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。そのため、業界・企業の情報について、最新の情報を持っているでしょう。

全国各地の非公開求人も含め、およそ3万件の求人情報が掲載されているため、自分が気になる企業の情報も保有しているはず。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心です。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

タトゥーが入っていても働ける仕事6選。なるべく隠せる仕事を選ぶべき

アメリカの大手世論調査機関によると、全人口のおよそ...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

音楽を聴きながら働ける仕事4選。直接音楽に関われる仕事も合わせて紹介

仕事中は誰でもストレスを感じるものです。程度にリラ...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

漫画と関われる仕事5選。日本の文化になりつつ漫画を支えられる仕事はたくさんある

情報メディア白書によると、新刊マンガ単行本を発刊し...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る