管理栄養士をやめたい・転職したい。1人で抱える仕事が多い。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、今の仕事をやめたい時に

管理栄養士は、栄養士の上位資格を持ち、病院や福祉施設、学校給食などの献立作成や栄養に関する管理や指導をおこなう、「食」のプロフェッショナルと言うべき職業です。

そのため組織の中でリーダー的な立場を任される場合も多く、食に対する知識だけでなくコミュニケーション能力や調整能力も必要とされる職種といえます。

管理栄養士の仕事は非常にやりがいを感じる人がいる一方で、1人に対する業務量の多さから転職を考える人も少なくありません。

今回は、管理栄養士をやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介していきます。

管理栄養士をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

仕事量が多い

管理栄養士は患者への栄養指導をおこない、食品の発注までもおこなわなければなりません。献立の作成や食材の発注、ミーティングなどやることが多すぎてパニックになってしまうこともあります。

さらに施設にいる栄養士は基本1人のところが多いので、やることが多いにもかかわらず全部自分でこなす必要があります。そのため体を壊す人も。

閉鎖的な職場への不満や自分ひとりなことで感じる孤独感、また自分にのしかかる責任が重すぎてつらいなど精神的な苦痛が転職を考えるきっかけになります。

   

管理栄養士をやめる・転職するべき人の特徴

管理栄養士の資格を取ったけれども、自分が管理栄養士としてやりたいことの方向性が定まらなかったり、考えられないという人は一旦辞めてみるのも1つの手でしょう。

なんとなくずるずると続け、激務で身体を壊してしまったら元も子もありません。ストレスしか感じられない職場にいて身体が壊れてしまう前に転職活動を始めたほうがいいでしょう。

管理栄養士をやめる・転職するべきではない人の特徴

管理栄養士をやめてもほかにやりたいことが思いつかないという人は、すぐにやめてしまうのは得策ではありません。また同じことの繰り返しになってしまう可能性があるからです。

まずは自分が人生において何を重視し、どう生きたいのかを考え、しっかりと自分を見つめ直しましょう。

管理栄養士におすすめの転職先

保育園

調理の量が多すぎて体力に不安がある人には、保育園への転職をおすすめします。基本的に昼食とおやつだけに集中することができるため、時間的にも体力的にも余裕を持てる職場であるといえます。

ただ偏食やアレルギーを持つ児童がいる場合には、保護者への面談や指導などデリケートな対応が要求されることもあるので注意が必要です。

フィットネスクラブ・スポーツジム

栄養に関するアドバイザーとして働きたいのであれば、フィットネスクラブやスポーツジムへの転職も考えられます。

運動や人体に関する新たな知識は要求されますが、他の人にはできない1人ひとりに合った最適な食事を提案できるので、やりがいを感じることも多いです。

さらなるステップアップを望むのであれば、スポーツチーム専属の管理栄養士となることも可能となります。

食品会社

調理に関する知識や経験を活かしたいのであれば、食品会社への転職もおすすめです。商品やメニューの企画、開発や試作品の製作、検査や製造への立会いなど内容は様々ですが、調理好きの経験を活かせる職場となります。

また知識や経験が豊富で自分の能力に自信があれば、専門学校の講師への転職も有望です。栄養専門学校に限らず、製菓や保育士の専門学校、看護学校などにも栄養に関する授業があるため活躍の場はかなり広いといえます。

管理栄養士からの転職ならマイナビエージェント

管理栄養士からの転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

管理栄養士としての自分の転職市場における価値を知ることができるので、自分を見つめ直しながら転職のプロのキャリアサポートを受けることができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

管理栄養士をやめる・転職する前に考えておくこと

管理栄養士をやめる前に考え直してみること

やめようと決意したものの世の中は不景気です。やめたからといって、次に望んだ通りの仕事に就ける保証はどこにもありません。安易な気持ちで転職しても、ブラック企業につかまってしまったら、二の舞になることは明白です。

初心忘れるべからずとはよくいいます。なぜ、自分が管理栄養士を目指したのか、なぜ栄養について学ぼうと思ったのかをよく思い出してみてください。少しでも情熱が残っているなら、早まらず周囲の先輩などに相談したりしてよく考えてみましょう。

管理栄養士をどうしてもやめたい場合

揉めることなく円満にやめるには、まずは早めに上司に退職の意思を伝えることが重要です。シフト調整や新しい人事の調整があるため、遅く言い出すことは不要なトラブルを生みかねません。

また、ただ管理栄養士をやめたいと正直に言っても引き止められる可能性があります。職場からとやかく言われないような理由を考えることが重要です。実家や家族の事情をあげてもいいですし、自身の健康を理由にあげるのもいいでしょう。

自身の健康を理由にする場合、医師の診断書があればすんなり受け入れられる可能性が高くなります。

しつこく退職理由について聞かれた場合は「私的なことなのでこれ以上はお話できない」ときっぱりと言いましょう。職場の人にプライベートを詳しく知られる必要も権利もありません。

関連した記事

保健師をやめたい・転職したい。保健師を含む看護師の離職率は10.9%

保健師は、看護師免許を持っていないと働けない職業で...

2019年07月29日, 職業別、今の仕事をやめたい時に