キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

言語聴覚士をやめたい・転職したい。人間関係の難しさに悩むことも多い。

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

言語聴覚士とは病院や介護施設に勤務して、言語能力や聴覚能力を回復させるリハビリテーションをおこなう仕事です。

同じリハビリテーションの国家資格を持つ理学療法士(PT)や作業療法士(OT)などと連携して、話すことから食事のことまで幅広くカバーします。

1人1人に合った訓練プログラムを考えなければならないため、難しくやりがいのある職業です。しかし一方で、患者との関係性や他職種との関係性で悩む方も少なからずおり、そうした悩みが転職を考えさせることも。

今回は言語聴覚士をやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介していきます。

言語聴覚士をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

信頼関係の構築が難しい

言語聴覚士は患者との信頼関係を構築していくことも欠かせない仕事です。パートナーとして寄り添い、長期的に関わっていく必要があります。

患者から感謝されることや成果が出たことでやりがいを感じられる仕事でもあるため、関係性が良くないとやりがいを感じることができずつらいことも。

そうした職種特有の人付き合いの難しさが、言語聴覚士をやめたい・転職したいと思うきっかけになるようです。

勉強し続けなければならない

言語聴覚士は資格を取得した以降も、知識を蓄え続けなければなりません。新しい情報や知識に追いつくのに必死だった、勉強会に参加しなければならず時間的な余裕がなかったといったことが転職を考えるきっかけになることもあります。

また結果が出せない自分の力不足に落ち込んでしまったなど、能力面での苦労も少なくありません。

立場が弱い

言語聴覚士は、他職種との連携の中で働くことが多いです。医療機関では、医師・看護師・理学療法士・作業療法士といった医療の専門職とチームを組んで患者のケアをおこないます。

そうした環境の中で働く方には、理学療法士や作業療法士から下に見られるのがつらい、看護師でもできる仕事と思われがちなど、職場内での人間関係の難しさを感じている方も少なくありません。

言語聴覚士におすすめの転職先

介護・福祉用具を扱う会社

介護・福祉用具を扱う会社では、現場の知識や業界の知識を活かすことができます。

営業職の場合には、新規開拓よりは納入先のルート訪問をすることが多く、病院や介護施設、児童施設などへ出向いて、用具のアドバイスやメンテナンスなどをおこないます。

車椅子や介護用自動ベッド、健康増進器具や児童の遊具など種類は多く、メーカー直結の代理店やレンタルを中心にする企業など様々な企業が参入しています。

また福祉用具専門相談員の資格を取得すると、さらに有利です。

ケアマネージャー

ケアマネージャーはリハビリテーションなどの身体介護をするのではなく、介護に関して利用者や家族の相談に当たる仕事で、介護相談員などとも呼ばれます。

ここで必要とされる対人スキルは、言語聴覚士で培ってきた能力でもあるので、転職活動でも有利に働くでしょう。

また、老人ホームの入居希望者や家族に案内や手続きの代行をしたり、入居中の利用者の生活相談をうけたり、病院や関係施設と連携しながら業務をおこないます。

施設に所属して専属で働く場合や、委託を受けた事業所に出張して相談にのる場合などがあります。

介護事務

介護事務では、通常の事務のほかに介護報酬請求や介護に関する手続きなどを担当します。介護現場を経験してきた知識を十分に活かせるので、転職後の活躍がしやすい職場です。

介護保険の法律に関する知識や、専用ソフトを使うためパソコンの知識なども必要になりますが、資格については通信講座などもあり比較的簡単に取得することができます。

介護職への転職ならかいご畑がおすすめ

介護士専門求人サイトのかいご畑は業界大手の転職サイトであり、未経験・資格なしで働ける求人が多いので介護職への転職を考えている方にピッタリです。

カウンセリングにより転職支援のプロが自分に合った求人を紹介してくれます。より自分の条件や強みに合った求人を見つけることができるでしょう。

会員登録しないとみれない非公開求人も多いので、ぜひ一度会員登録してみてください。

かいご畑に登録する(無料)

言語聴覚士が転職する前に考えておくこと

転職については、特殊な仕事だからと悲観して、消極的になる必要はありません。リハビリテーション経験は人のために尽くすサービス業なので、対人スキルに自信を持つべきです。

転職は1度他の業種を経験してみることで、視野を広げられる可能性もあります。その経験から再度、介護業界を選ぶということも考えに入れて、転職先を検討することが大切です。

言語聴覚士からの転職ならマイナビエージェント

転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

転職のプロがサポートしてくれるだけでなく、転職活動において重要な自分の市場価値を理解することもできます。言語聴覚士としての経験やスキルを見直すことで、満足のいく転職先を見つけましょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

言語聴覚士に関連する記事

言語聴覚士になるには?国が指定している学校を卒業する必要がある

言語聴覚士は、1997年に国家資格となった新しいリ...

2019年08月22日, 職業別、なり方・就職の方法

言語聴覚士の年収は?リハビリテーション専門職としては標準的な給与

言語聴覚士とは、事故や病気で、話す・聞く・食べる・...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

言語聴覚士はつらい、きつい?患者さんとの信頼関係を築くのが難しい

言語聴覚士とは、言葉によるコミュニケーションに問題...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事

医療の仕事に関するその他の職種