キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

【2019年版】転職におすすめのこれから伸びる業界と職業。IT業界や介護業界に注目

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

近年、機械化やIT化が驚くべきスピードで進んだことで、私たちの暮らしは劇的に変わりました。その一方、現在人間によっておこなわれている仕事が、10年後には全てロボットに代替されてしまうかもしれないと不安視されています。

そんな状況下で転職をしたいと思った際、これから先もずっと続いていく業界を選ぶことがとても重要になってきます。

では、いったいどのような業界がこれから伸びていくと言われているのでしょうか?

IT業界

IoTという言葉を耳にしたことはあるでしょうか?IoTとは、「Internet of Things=モノのインターネット」のことを指します。

IoTが普及したことで、今まではインターネットに繋がれていなかったモノが、インターネットを介して相互に作用し合うようになったのです。

例えば、エアコンの電源を消し忘れたことに後で気づいても、スマートフォンなどを介して電源をオフにすることができるようになりましたが、これもIoTの技術によるものです。

IT業界ではIoTのほかにもAI(人工知能)やVR(バーチャルリアリティ)、シェアリングエコノミー、RPA(定型業務の自動化)など、この先も新たなテクノロジーによる拡大が期待されています。"software is eating the world(「ソフトウェアが世界を飲み込む」)"という言葉があるように、私達の日常はこれからもどんどんとインターネットに接続されていくことになるでしょう。

そんなIT業界ですが、業界の急激な発展に働き手の供給が追いついておらず、人手不足が深刻な問題となっています。そのため、今から知識と技術を身につければIT業界に転職するのは難しくありません。

上の世代の人数が少なく、裁量を持って自由に挑戦できる環境があるので、自分の力を試してみたいという優秀な若者におすすめの業界となっています。

IT業界の平均年収は400万~500万円程度で、大手企業のエンジニアになったりITコンサルタントとして成功すれば、1,000万円以上の年収も期待できます。

業界無経験でも人材募集をおこなっている会社は多いです。大手マイナビが運営する、マイナビエージェントで求人を探してみましょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

アニメ業界

近年、漫画を原作としたアニメが作られたり、日本のアニメ映画が大ヒットしたりなど、アニメ業界はどんどん勢いを増している状態です。漫画やクリエイターなどの職業はロボットに取って代わられることも起きないため、この先もずっとなくならない職業と言えます。

また、海外の方からも日本のアニメは高い人気を博しており、国際的なコンテンツ産業となりました。アニメ業界の売上は、1位のグッズ販売に次いで2位が海外への動画輸出となっているというデータもあり、アニメ一話分が平均3500万円もの額で取引されています。また、聖地巡礼などで外国人が日本に訪れるきっかけにもなっています。

アニメの国際的な展開がクールジャパン政策の柱の一つに位置づけられており、政府からの補助金が確保されている点も、業界の安定した発展にとって安心できる材料といえるでしょう。

アニメーターの賃金は労働時間に対してかなり低いという状況が長く続いてきましたが、中国を始めとした海外の資本がアニメ業界に参入してきており、そちらでは適切な賃金が支払われていることから、人材確保の観点から日本の制作会社でも労働環境の改善が見込まれます。

アニメは映像、音楽、テクノロジーなどを融合させた総合芸術です。アニメ好きはもちろん、創作活動やコンテンツデリバリーに関心のある方におすすめの業界となっています。

旅行業界

2020年に東京オリンピックを控えたいま、旅行業界はもっとも拡大が期待される業界のひとつです。JTB総合研究所の調査によると、2015年には訪日外国人の数が2000万人を、2018年には訪日外国人の数が3000万人を超えました。

世界における日本の相対的な経済力が弱くなっていく中で、日本は物価が安く治安がよいアジアの国として今後ますます人気の観光地となるので、旅行業界はかなり長期的に安定して伸び続けると考えられます。

また、消費の関心が「モノ」から「コト(体験・経験)」に移っているというトレンドがありますが、そういった意味では旅行という体験はコト消費のなかでも最たるもの。実際に国内旅行の人気も増しています。

旅行業の主な仕事内容は、お客様へのセールス、旅行商品の企画、ツアーコンダクターなどがあります。いずれもお客様のニーズを正しく理解し提案する力が求められるため、人とのコミュニケーションが好きという方に向いているでしょう。

旅行業界の平均年収は、450万~550万円ほどです。

福祉・介護業界

福祉・介護業界の主な仕事は、障がい者や高齢者などに対して、日常生活における様々なサービスを提供することです。住宅を訪れてサービスを行うものもあれば、施設で高齢者や障がい者の一日の生活をサポートするものなど、サービスの種類は多岐にわたります。

現在日本では高齢化の傾向が年々強まっており、福祉・介護業界の市場の拡大は確実だと言われています。しかし仕事内容がハードなことから人手不足は深刻で、業界内では働き方の改革や離職率ゼロを目指した様々な取り組みが行われています。

しかしながら、日本の人口形態を考えると、介護に関する仕事は常に需要が供給を上回り続けるので、安定して伸び続ける業界といえるでしょう。

なお、福祉・介護業界では、就職するために必要とされる資格がないため、未経験の方でもすぐに働き始めることができます。無資格で始めた場合、多くの人は介護施設で実務の経験を積み、介護福祉士の資格を目指します。介護福祉士の資格は医師などと同じ国家資格のため、持っていることで給与や雇用の面で大きく優遇されます。

また、介護福祉士の資格を取ったあとに社会福祉士の資格を取るケースも多く、どんどんキャリアアップして職業選択の幅を広げていけるという点も、将来的に活躍が見込める業界といえるでしょう。

介護に関する求人については、介護職の専門求人サイトである「かいご畑」から探すことができます。興味を持った方は、自分の希望する条件にある求人があるかを以下のサイトから探してみてください。

かいご畑に登録する(無料)

これから伸びる職業

これまでこれから伸びる業界について紹介してきましたが、さらに細かく、職業についても見ていきましょう。

日本経済は全体的に停滞しているので業界全体が伸びる事例は少ないですが、特定の職業に限れば伸び続けることが期待できるものも多くあります。

看護師

介護と並んで、これからどんどん伸びる職業と言えば、看護師です。やはり昨今の高齢化による波で、病院を利用する人々の数も年々ウナギ上りに増えています。

看護師はこれからの日本になくてはならない職です。仕事内容はハードでしょうが、年齢を経ても働くことができ、給料も上がりやすい職の一つとなります。看護師になるには看護師国家資格をとらなければなりませんが、30代や40代でも働きながら専門学校に通い資格取得を目指す方も多く、異業種からのキャリアチェンジがしやすい職業です。

手に職をつけたい女性が目指すべき職業としてはまっさきに名前が挙がります。

また、平均年収は約420万円で、日本の平均水準より高い給料となっている点も魅力的です。

結婚相談所スタッフ

結婚相談所のスタッフとは、一般の人はあまり耳慣れない仕事かもしれません。

独身者や未婚者が増加している中で、結婚したいと願う人々も多くなっており、そんな結婚をしたくても、なかなか出会いがない、理想の相手がいない、忙しくて出会いの場に行けない、などの人々が、最近結婚相談所に入会するケースは多くなっています。

その人たちの成婚までのお手伝いをする、相手探しをする、アドバイスをするなどの役割を担っているのが、相談所のスタッフです。出会いがないけれど結婚をしたい、という願望を持つ人は常に一定数存在するので、需要のある仕事と言えるでしょう。

ウェブライター

今までとは少し毛色の違った職となりますが、ウェブライター業界もこれから伸びる業界とみてよいでしょう。

インターネットで情報を得るのが当然となった昨今において、ウェブで良い文章を書けるライターは、さらに需要が伸びて行くと言えます。ウェブライターとして働く場合、企業に所属してアルバイトや社員として働く方法と、フリーランスとして個人で働く方法の2種類があります。

近年SNSが普及したことでメディア事業の需要が高まっており、様々な企業がネット上でウェブライターの募集をかけているため、定期的に募集が出ていないかチェックするようにしましょう。

ウェブライターになるために特に必要な資格などはありませんが、質の高い記事を書くために、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)についての知識や技術を身につけておくと良いでしょう。

ライターの仕事を探しているなら、リクナビNEXTがおすすめ。大手出版社の記者仕事や、クライアントと長期契約できる求人も掲載されています。

リクナビNEXTに登録する(無料)

占い師

意外な事実かもしれませんが、占い師も人気のある職なのです。心の闇を抱えがちな人が増えつつある現代日本において、自分にアドバイスをしてくれ、自分の悩みをしっかりと解決してくれる占い師は、現代人にとって必要性の高い人材となります。

占いの知識やスキルは、ネットや本などを駆使して独学で身につけることも可能ですが、きちんとプロの占い師として稼いでいくためには、やはり専門学校に通ったり通信講座を受けるのがベターでしょう。

また、占い師は非常にお客様とのコミュニケーションが重要なため、話術に優れているというのが絶対条件です。他人の懐に入るのがうまく、説得力に優れた話をできる人が向いています。

個人事業主として占い師をやる場合には、確定申告などの手続きも必要になるため経営の知識も求められます。

愚痴聞き屋

また毛色の違う職ではありますが、愚痴聞き屋もどんどん需要が増しています。愚痴聞き屋とは、「イライラしていて誰でもいいから話を聞いてほしい」「寂しいから話し相手がほしい」「自分の抱えている不安を取り除いてほしい」という方の話を聞く仕事です。誰でも始めることができ、また自宅でできる仕事なので副業として最近人気を集めています。

会社で怒られた、上司に怒鳴られた、彼女にふられた、など、日々の悩みをそっと聞いてくれる愚痴聞き屋は、まさに疲れた日本人に打ってつけの存在でしょう。今後もっと需要は伸びていく見込みです。

愚痴聞き屋の時給は800円~1200円程度で、実際に利用者と対面して話を聞くのか、電話やテレビ電話などで話を聞くのかによって給料が変わってきます。出来高制・指名制のところがほとんどなため、リピーターを増やしていくことが報酬を上げるコツです。

ホテルスタッフ

今現在人手不足に悩む業界は色々とありますが、ホテル業界にもその傾向がみられます。しかしこれからの観光業の伸びを考えると、ホテル業界は伸びる業界には違いありません。

ホテルスタッフとして求められるスキルは、第一に気配りができることです。接客の仕事の経験がある方は、比較的仕事に慣れやすいでしょう。また、海外からの旅行者が増加している今、語学力のある人材が求められています。英語に加え中国語や韓国語が話せると転職の際に有利になります。

配送スタッフ

配送スタッフも、現在人材が不足しがちとなっています。しかし、ネット通販を利用する人が一般的となった世の中では、配送スタッフは不可欠な存在です。

今後ますますネット通販を利用する人は増え、それにつれて配送スタッフもどんどん必要になるでしょう。

配送スタッフは体力勝負できついと言われている仕事ですが、他人と関わることが少ないため、なるべく一人で仕事をしたいという方にはぴったりです。

知らない土地で運転するのが苦手という方や、方向音痴で不安という方におすすめなのが「ルート配送」の仕事です。ルート配送ではあらかじめ結んである契約内容に沿って、決まったものをコンビニやスーパー、企業に対して決まった道順で配送します。そのため、一度慣れればその先は追加で覚えなくてはいけないことがないため、未経験の方でも始めやすいのが特徴です。

日本語スタッフ

日本政府は技能実習生という名目で実質的な移民政策を進めていますが、その中で日本に住む外国人の数は急増しており、日本語を学ぶ外国人も増えているので、日本語を教える教師もおすすめです。

日本語教師になるのに必須の資格はありませんが、学校で採用されるためには「日本語教育能力検定試験」合格や「日本語教師養成講座」などを受講する必要があります。

日本語教師は非常勤で働くパターンが多く、時給は1800円~2000円ほどです。また国内で働くだけでなく、途上国での日本語教育も需要が高いため、海外で活躍ができる仕事でもあります。

夜間保育

働きながら育児をするお母さんに必要性が叫ばれているのが、夜間保育です。今後需要は拡大するでしょう。

夜間保育を行っている保育施設では、児童の預かり時間を18時から22時に設定しているところが多く、通常の保育園ではおこなわない入浴などのサポートをすることがあります。

夜間保育の仕事のメリットとして、夜間手当がつくため通常よりも給料が高くなること、日中の時間を自由に過ごせることが挙げられるでしょう。夜間の仕事ですので体調管理など気を遣うことはたくさんあるかもしれませんが、子供の寝顔を見て安らぐことができる仕事かもしれません。

夜間保育士の求人を探しているなら、「マイナビ保育士」がおすすめ。全国の保育士求人を掲載しています。

マイナビ保育士に登録(無料)また未経験・無資格でも保育園で働ける保育補助の募集なら「保育Fine!」が充実しているので、興味のある方は下のボタンからチェックしてみてください。

保育Fine!に登録する(無料)

まずは転職サイトで可能性を

「自分の今いる業界はこれから先も続いていくんだろうか?」と不安に思っている方は、この機会に新しい一歩を踏み出してみませんか?

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。

マイナビエージェントは企業とのコネクションが強いため、各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。そのため、業界・企業の情報について、最新の情報を持っているでしょう。

全国各地の非公開求人も含め、およそ3万件の求人情報が掲載されているため、自分が気になる企業の情報も保有しているはず。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心です。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

広告に関わる仕事5選。時代のトレンドを先取りしていく仕事

広告業界の仕事は、いつの時代でも根強い人気がある仕...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

着物・和服に関わる仕事7選。日本の伝統文化に携わることができる仕事

着物は、平安時代から続く日本の伝統衣装であり、海外...

2019年09月05日, 仕事・業界について知る

ネイルができる仕事5選。シンプルなネイルであればOKという会社が増えてきた

株式会社リクルートライフスタイルが2018年におこ...

2019年09月24日, 仕事・業界について知る