コミュ障・対人恐怖症でも正社員を目指せる仕事9選。活躍できる職業を見つけよう

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

人と話すことが苦手、そもそも人に話しかけられないなど、人と関わることがあまり好きではないという人も多いでしょう。

どんな仕事をするうえでも、コミュニケーションは必要になります。しかしコミュニケーション頻度は、職種・業界によって異なります。コミュニケーション障害で人と関わり合うことが苦手だという理由で、正社員になることをあきらめてはいませんか?

コミュ障でも正社員になることは可能です。まずは自分の特徴を理解して、活躍できる職業を見つけていきましょう。

コミュ障・対人恐怖症の特徴

それではまずコミュ障・対人恐怖症の特徴について紹介をしていきます。いきなり性格を修復していくのは難しいかもしれませんが、自分は何ができていないのか、苦手なのかを知っておくことは非常に重要です。

また下記は、周りの人が話しづらいと思ってしまっている原因でもあります。少し意識をするだけで、コミュニケーションが上手に取れるようになるかもしれません。

声が小さい

コミュ障の人の話し方の特徴として挙げられるのが、声が小さいという点です。

ぼそぼそと話をする人が多く、そのため相手に伝わらないという結果を招いてしまいます。「え?今何て言った?」と聞き返されると益々自信がなくなって、相手が嫌な気持ちになってしまわないかと、話をする事すら避けてしまうのです。

この繰り返しで、コミュ障は人を避けて、重症化してしまうことがあります。

自分の見た目がコンプレックス

コミュ障の人の多くが、自分の容姿にコンプレックスを持っています。

話が上手くなくても、ルックスが人より優れていれば自信に繋がり、人との関係を保とうという気持ちになることも。その気持ちが会話の訓練になり、コミュ障が改善されていくきっかけにもなります。

しかし、容姿に自信を持てずにいると、自身の殻に閉じこもりがちです。人との接触を避ける行為が、コミュ障をさらに加速させてしまいます。

曖昧な表現が分からない

私たちは、して欲しいことがあっても、ストレートにそれを伝えることはほとんどありません。例えば、遊びに来た友達を「帰って」と追い返すようなことは言えないですよね。「ちょっと用があるから」と、やんわり遠まわしに言うことが多いのではないでしょうか。

しかし、このような表現は、コミュ障の方には通じません。遠まわしで曖昧な表現に隠された意味を読みとることができないのも特徴のひとつです。

相手の気持ちを察することができない

私たちは、会話をする時に相手の顔を見て話します。相手が嫌そうな顔、つまらなそうな顔をしたら話題を変えて機嫌を直してもらおうとするのではないでしょうか?しかし、コミュ障の方はそれができません。

相手がその話に興味がなくても、表情を読み取ることが苦手なのでそのまま自分の好きな話をずっとしてしまいます。このように、相手の表情に隠れた本心を読み取ってあげる事ができないのもコミュ障の特徴です。

あれ、それ、が理解できない

「あれとって」「それなに?」という表現は、会話の中でよく使いますよね。私たちは、「あれ、これ、それ」といった言葉が指すものを、会話の流れや状況から察することができます。

しかし、コミュ障の方はこれが苦手です。「あれとって」ではなく、「机の上に置いてある帽子をとって」と言わないと理解できないのが特徴。曖昧な表現を理解することが難しいと感じてしまうのです。

コミュ障・対人恐怖症でも正社員を目指せる仕事9選

コミュ障だからといって、正社員として仕事をすることが難しいということはありません。

コミュ障を克服するのも1つの手ですが、人と話さなくてもいい仕事に就く事もひとつの方法です。人には向き不向きがあるので、コミュ障のあなたに合った仕事・職種を見つければいいのです。

工場の仕事

工場作業員は、ベルトコンベアなどで自動的に流れてきた部品や食品を、仕分けしたり、チェックしたりすることが仕事です。ルーティーンワークが多くなるため、人と関わる部分は少なくて済みます。

はじめの説明だけ受ければ、あとは1人で仕事を進めていくことができるようになるでしょう。

もちろん、職場の人との必要最低限のコミュニケーションは避けられないでしょう。しかし、一般のオフィスワークや営業に比べれば、必要とされるコミュニケーション力は高くありません。

年収は300万円~600万円程度になります。資格を取得すると給与アップすることもあります。

工場勤務の仕事には製造業関係のNo.1求人サイト「工場ワークス」から応募することができます。検品、仕分け、梱包などの軽作業が集まっていて、条件も悪くないので、まずはサイトで求人をチェックしてみてください。

工場ワークスに登録する(無料)

清掃の仕事

清掃というとアルバイトというイメージですが、正社員の仕事もあります。業種によっては専門的な技術が必要な清掃場所があるからです。ビルメンテナンスなどがその例として挙げられます。

清掃員も、作業中心なので人とのコミュニケーションをとることは少ないでしょう。基本年収は、180~300万円程度になります。事故現場等の現状回復を行う特殊清掃として働く場合は、年収460万円~550万円程度になるでしょう。

清掃の求人は大手転職サイト「リクナビNEXT」に多く掲載されています。登録自体はすぐに終わるので、ぜひこちらから仕事を探してみてください。

リクナビNEXTに登録する(無料)

タクシードライバー

未経験でも正社員になれるタクシードライバーは、実は人気な職業の1つ。二種免許の取得が必要になりますが、基本会社が取得サポ-トをおこなってくれるため、未経験者でも安心して求人応募できる仕事でしょう。

タクシードライバーは、お客さんを行き先の確認で話をする程度になるため、コミュ障でも問題なく仕事することは可能です。

収入は安定しており、さらに歩合でもあるため稼ぎ方を工夫すれば平均以上の収入を得ることも可能でしょう。平均年収は約300万円といわれています。

タクQというタクシードライバー専用の求人サイトでは、さまざまな条件の求人をチェックすることができます。保育所と連携をとったタクシー会社があったり、給与が高めに設定されている会社があったりと、サービスも充実しています。興味を持った方は、まずはタクQで詳しい情報を見てみてください!

タクQに登録する(無料)

データ入力

データ入とは、パソコンで決められたデータを打ち込む作業を中心とした職業です。名刺に記入された名前、住所、電話番号をEXCELに打ち込んだりすることが主な仕事になります。

会社に勤める場合がほとんどですが、ひたすらパソコンと向き合う仕事なので、コミュニケーション能力が低くても作業に支障は出ません。

その他にやるとしても事務関係の処理が多くなります。さらに最近では正社員ではありませんが、ネット上でデータ入力の依頼をもらう場合もあります。在宅勤務という形になるため、外に出るのが苦痛な人にはおすすめの仕事といえます。

さまざまな転職サイトでも紹介されているので、ぜひ自分の条件に合ったものを探してみてください。リクナビNEXTは業界の中でもかなり大手で求人数も多いので、あなたにぴったりの職場が見つかるかもしれません。

リクナビNEXTに登録する(無料)

プログラマー

専門的な技術の習得が可能ならば、プログラマーなどの開発系の仕事はおすすめです。プログラマーは、小さい頃からゲーム好きで、ネットに関して勉強をし始めたという人が多いです。そのためオタク気質で、コミュ障の人も少なくありません。

そういった性格にも比較的寛容な考えを持っている企業が多いため、コミュ障でも働きやすい職業といえるでしょう。年収は550万円~700万円程度になります。

ただし社風によってはコミュニケーション力を問われる会社もあるため注意が必要です。またスキルがあり、ちゃんと納期までに納品すれば、完全在宅で良い会社もあります。エントリーする際には、社風や仕事のスタイルを調べておくと良いでしょう。

リクナビNEXTでは、全くの未経験でも会社がプログラマーになるサポートをおこなってくれるIT企業も掲載されています。キャリアアドバイザーにメールや電話で、進路相談をすることもできるため、コミュ障でも使いやすい転職サイトといえるでしょう。

研究職

大学に残って教えるばかりが研究職ではありません。会社の開発部門等で化学分析をしたり調査をしたりというのも研究の仕事です。

研究職には基礎研究と応用研究の2つの種類があり、まだ世の中にないものを作り出し研究していく基礎研究に対し、応用研究は基礎研究に基づいて調査をおこなうものになります。

研究職の仕事は、基本は同じセクションの人としか話さず、研究対象と向き合っていることが多いので、対人恐怖症の人にも向いているといえます。

希望の分野で常に募集があるとは限らず、狭き門になる可能性が高いです。

事務

「対人恐怖症だから、いわゆる普通の仕事はできない」とデスクワークまで除いてしまうと、稼げる仕事や現実的に就ける仕事ががくっと減ってしまいます。

営業や人事部門はムリだとしても、レポート作成や事務など裏方のお仕事なら挑戦できるはず。

急に知らない人と会ってあたふたする場面は少ないですが、ある程度コミュニケーションを取らなくてはいけない場面も出てくるかもしれません。

また事務といっても作業内容は広いので、どんな仕事をするのかはその都度確認しておきましょう。黙々と書類を作成する仕事もあれば、電話や来客対応中心の事務仕事もあります。

事務仕事は、人と話さなくていいというメリットがある一方で、データ入力や書類作成などにおいては高いスピードが求められます。そのため、即戦力となる人しか採用されづらいといったデメリットもあるので経験者向きの仕事です。事務職に就きたい人はマイナビエージェントで職探しをしてみましょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

ポスティング・新聞配達

ポスティングとはチラシ配りのことです。人の家のポストにチラシや新聞を投函するだけなので、人と喋る必要はありません。

しかし、ポスティングや新聞配達は朝に仕事をすることが多いので、早起きができない人にとってはキツイでしょう。

また台風など、天候にかかわらず配達することがほとんどのため、ある程度の体力や根性も必要になります。ポスティングの仕事の単価は、1枚3~5円程度で、自分のポスティングをするエリアにマンションが多いか・一戸建てが多いかなどの状況によっても収入が変わってきます。

高い収入を得るのには向いていませんが、自由な時間にできるので本業のすき間時間に行えるのがメリットです。

夜間警備員

夜間にビルなどの見回りをする夜間警備員。誰もいないビルを見回るので、当然人と合わずに済みます。

「夜のビル」という単語を聞くと、オバケを想像する人もいるのではないでしょうか?もしあなたがオバケ嫌いなら、残念ながら夜間警備員の仕事はおすすめできません。オバケがいるいないに関わらず、暗闇のビルを1人で点検しなくてはいけないからです。

しかし「夜にオバケに出くわすかも?」ということ以外は、非常に単純な作業が多く、初心者でもすぐにこなせる仕事です。また、夜間ということで給料も高いです。

「人は苦手だけどオバケはヘッチャラだよ!」という方はおすすめです。

夜間警備員の仕事は、数ある夜間バイトの中でもシフトの自由度においては群を抜いており、体力に自信のある方や、責任感の強い方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?リクナビNEXTは、大手リクルートが運営している転職サイトのため、危ないビルなどの求人はでてきません。

リクナビNEXTに登録する(無料)

コミュ障・対人恐怖症で、今の仕事が辛い人の対処法

コミュ障であることで、うまく仕事がこなせず辛い思いをしている方も多いはずです。

そんな方々に、今の仕事との向き合い方について紹介していきます。あくまでひとつの解決策なので、こだわりすぎず自分にあった方法を試してみてください。

メールやチャットなど文面で伝える

人と面と向かって会話をするのが苦手であれば、社内で利用している連絡手段を使って会話をするのも方法のひとつです。

文章で送ることで、相手も認識間違いをすることはありませんし、本当に伝えたい事だけを明確に伝えられるため、周りの人にとっても都合がよく、悪い印象を与えることは全くありません。

また、送ったあとも文章として残るので、あとで確認することもでき、仕事の効率化にも繋がる一石二鳥の方法です。

伝えたいことをあらかじめまとめておく

うまくコミュニケーションをとれない方の特徴として、そもそも話の構成をうまく組めないという点があります。

あらかじめ伝えたいことを箇条書きにしたメモなどを用意しておけば、相手の前で緊張してしまっても、必要事項を漏らさず伝えられるでしょう。

とっさにコミュニケーションをとるのが苦手なら、事前に準備をしておけばよいのです。

辞めることを視野に入れる

どうしても今の職場では、コミュ障でうまくやっていけないという方は、退職を考えてみても良いかもしれません。もしかしたら、とてもハードなコミュニケーションを求められてしまっている可能性もあります。

上記で紹介したような、コミュ障でも働けるような仕事に変えてみるのも1つの方法でしょう。

コミュ障あなたでも就職できる!周りの助けを借りてみて

コミュニケーションの能力があまり高くなくても、できる仕事はたくさんあります。無理をして仕事をする環境を作らず、あなたにぴったりな仕事を探してみましょう。

またより自分にあった仕事を探してみたいという方は、転職・就職のプロに相談してみるのもよいでしょう。有名転職サイト「DYM就職」では、キャリアアドバイザーがひとりひとりに合った仕事を面談を通して分析して、紹介してくれます。

口下手な方への面談のアドバイスや、模擬面接などのサービスも無料で受けられるので、まずは登録だけでもしてみてください。

DYM就職に登録する(無料)

関連した記事

通信に関わる仕事5選。生活に必要不可欠となった通信インフラを支える仕事

通信業とは、情報の加工・伝達などをおこなう業種です...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

おしゃれができる仕事と5選。自分をメイクやファッションで表現することが求められる

リクルートグループが運営するとらばーゆによると、「...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

乗り物と関わる仕事5選。運転手は、男の子のなりたい職業ランキングで常にランクイン

第一生命保険株式会社が2016年に「大人になったら...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る