キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

人気な業界・職業8選。福利厚生の良さと、評価される職場かどうかを重視する傾向

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

新卒でも中途でも、やはりみんなが憧れる業界に行きたいと考える人は多いでしょう。2014年春の大学卒業者数は約56万5千人。そのうち約40万人が就職をしています。この結果からわかるように、大学卒でも「就職できない人」はおよそ30%。

大学卒業生は増えているため、人気業界の倍率はあがっているのです。そのため人気業界に入社するには、それなりの努力と志しが必要といえるでしょう。

自分にしかないバリューは何なのかをしっかり理解し、企業にどれだけアピールできるかが勝負の鍵になります。そのためにも、まずは自分がやりたいことを見つけることが大切。そこで今回は、みんなが憧れる人気業界を紹介します。企業選びの参考にしてください。

人気な業界とは?

人気な業界といっても、選ばれるのには、安定性・職場の人間関係・定着率・自己成長など、さまざまな理由があるでしょう。

最近の就活生は、福利厚生の良さ・活躍でき、評価される職場かを、会社選びで重視する傾向があります。

しかし選ぶ基準は人それぞれ。自分が外せないポイントをしっかり抑えて、企業を選ぶのが大切でしょう。

銀行

就活生にも、毎年人気の銀行。大学生の就職人気ランキングでも、毎回ラインクインするのは三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行の三大メガバンク。

基本的には、窓口業務など主に、預金業務・貸付業務・為替業務などの手続きをおこなうのが仕事になります。銀行職の魅力は、プライベートが確保できる勤務条件の良さ・長く働ける安心感・世間体が良いエリート感でしょう。

大手企業のため福利厚生には恵まれています。朝は早いですが、基本的には定時退社が可能。残業の制限も厳しいところが多いため、先輩を気にして残って仕事をしなくてはいけない、というようなこともありません。

さらに最近では、地域に特化した特定職が設けられていることもあり、自分の地元から転勤することなく働き続けることも可能です。女性が多い職場でもあるため、出産復帰や、育児による時短勤務などもほかの企業よりは受け入れてもらいやすいといえます。

銀行職の年収・必要な資格など

給与の方は、正社員の場合年収700~850万と高給です。アルバイト・パートの場合時給800~1200円程度になります。資格は特に必要ありませんが、簿記やフィナンシャルプランナーなどを持っていると就職のとき有利になるでしょう。

銀行で働くメリットとしては、役職が上がるにつれ給料も大幅に上がることと、定年まで安心して働ける労働環境の良さでしょう。逆にデメリットは、ノルマを課せらrることもあり、ときには残業をしなくてはいけない点などがあげられます。

IT業界

最近、IT業界は人気の職種。NTTデータ・富士通・Google・楽天・Yahoo!JAPAN・アクセンチュアなどは、大学生の就職人気ランキングで上位にランクインしています。

いまやインターネットは人々の生活の一部になりました。近年の学生は、入社企業を選ぶ理由として「得られるスキル・経験」をあげる人が7割もいます。そのうち約2割がベンチャーをファーストキャリアとして検討しているのです。昔のように入社したら定年まで働き続ける時代ではなくなったからこそ、転職も視野に「スキル」を重視する学生が増えていると考えられます。

このような考えをもつ学生が多いこともあり、IT業界の人気は上がっているのです。

ただしIT企業の業務は、システムエンジニア・プログラマー・webデザイナー・webデイレクターなど多岐に渡ります。イメージをしにくい業務も多いため、最近では、インターン湿布を実施している企業は非常に多いです。

IT業界の年収・必要な資格など

IT業界に務めたときに年収は、正社員の場合800万前後と高給です。アルバイト・パートの場合でも、時給900~1100円になります。

資格はエンジニア職希望であれば、プログラミングスキルが必須な場合もあります。webデザイナーであれば、HTML・CSS・Java Scriptなどのプログラミング言語の知識があると就活で有利でしょう。

働くメリットは、最新技術を使った仕事をおこなえることです。またベンチャー企業が多く、若いうちから責任ある仕事を任されることもあり、スキルを早く大きく伸ばせます。デメリットとしては、時間外労働や長時間労働が多いところです。ブラック企業の見極めをしてから入社するようにしましょう。

総合商社

昔も今も人気の職業といえば、総合商社です。

総合商社は、食料品から通信衛星までありとあらゆるもので世界中の国と取引をおこなうことがメイン業務になります。総合商社にも事務職と営業職では業務内容が変わってきますが、一般的に商社マンと呼ばれる人は、営業職を担当していることが多いです。

総合商社で働く魅力は、福利厚生の良さと働きやすさでしょう。「就職四季報2017」の調査によると、三井物産・住友商事などの大手総合商社の3年後離職率は1~4%と極めて低く、働きやすいホワイト企業といえます。

また昇進も基本的には年功序列になっており、勤務年数に応じて自動的にあがっていきます。残業代もきちんと支給されるので、残ってでも稼ぎたいのであれば年収1,000万も夢ではありません。

ほかにも、扱う仕事は額が大きいことも多く、優秀なビジネスマンと緊張感を持ちながら働ける点も魅力の1つといえます。

総合商社の年収・必要な資格など

総合商社に務めたときの年収は、正社員の場合年収600~800万前後です。アルバイト・パートの場合、1100~1600円程度になります。日本の平均年収が408万といわれているので、給与面は恵まれているといえます。

総合商社で働くのに必要な資格はありませんが、簿記・TOEIC900点以上などは、最低限できて当たり前のレベル。優秀な社員が多いので、それなりの準備をして就職に望むべきです。

働くメリットとしては、やりがいのある仕事が多く、実績と共に自分自身がレベルアップできること。逆にデメリットは、いつ顧客からの仕事の依頼が来るかわからないため、場合によっては過酷な勤務体制をこなさなくてはいけない点といえます。

航空業界

航空業界は就活生に人気の高い業界の1つです。

給与が高いことや、安定していること、世間体がいい職業という点が人気の理由になっているのでしょう。また2020年の東京オリンピック、訪問外国人の増加により、近年業績がアップしていることも志望される理由といえます。

航空業界は、キャビンアテンダントやパイロットなどを想像する人も多いですが、航空業界で働く職業はそれだけではありません。

インフォメーションカウンターや機内へのチェックインをおこなったり、機内まで誘導をしたり、手荷物検査の担当したりするグランドスタッフや、飛行機がきちんと飛ぶの毎日点検をする整備士なども航空業界の一員です。

高級業界の年収・必要な資格など

パイロットになるには、定期運送用操縦士の資格が必要です。航空大学校は日本で唯一の公的なパイロット養成機関です。帯広・仙台・宮崎の3カ所の空港に隣接して学校があります。基本的には、この学校に入学し、航空会社への就職を目指すことが一般的になります。パイロットの平均年収は1,500万円となっています。

キャビンアテンダントになるためには、航空会社の採用試験を受ける必要があります。基本的に応募資格、採用試験内容は航空会社によって様々です。大学卒の採用が割合的には多くなります。ただし人気職業であるため、日系大手航空会社の場合には、倍率が100倍になることもあります。平均年収は540万円といわれています。

航空整備士の平均月収は41万円程度。年収にすると460万円~500万円となっています。航空整備士になるためには、専門学校から目指す場合と、大学から目指す場合とに大きく分けられます。まずは二等航空整備士や二等航空運航整備士の資格を取得をし、整備士としてスキルアップをしていきましょう。

公務員

公務員も人気な職業として、昔から知名度が高くなっています。安定感と将来性は惹かれるものがあるのでしょう。

給与の上昇は比較的ゆるやかな部分が多いですが、定年まで安定して勤められるのが魅力です。長期休暇が取りやすかったり、残業が少ないイメージがあったりするため、家庭との両立の面からも結婚相手の職業としても人気があります。

公務員の年収・必要な資格など

公務員は大きく国家公務員と地方公務員、そして国際公務員にわけることができます。そして国家公務員は「総合職」「一般職」「専門職・特別職」、国際公務員は「専門職」「一般職」に大別されます。

公務員になるためには特別な資格は必要ありません。それぞれの公務員試験に合格して内定をもらうことで公務員になることができます。

公務員の平均月収はおよそ35万円から40万円です。年収では、ボーナスも加えて600万円から650万円程度となります。もちろん、仕事内容や忙しさは業種によって異なってくるので、給料にも差があります。人事院の国家公務員給与等実態調査によれば、国家公務員の場合、夏のボーナスが80万円程度、冬のボーナスは90万円以上となっています。

看護師

看護師は、年収が高く、安定している仕事で、人のためになることができることから、非常に人気の高い仕事です。また高齢化社会が進み、医療の需要が増えていることも、人気である理由の1つでしょう。

加えて正看護師免許は国家資格なので、免許さえ所持していれば、ほぼ日本全国どこでも仕事ができるので安心感もあるのでしょう。特に看護師不足が嘆かれる昨今、どこの病院も人手不足は深刻で、看護師免許を所持している求職者は引く手数多なので採用にも至りやすいようです。

人の命を扱う仕事なので責任の重さはありますが、患者さんやご家族に感謝されるのはやりがいがあるでしょう。

また、看護師として仕事をするには資格が必要になるため、まずは資格がなくても働ける看護助手として、実際に看護の現場で働きながら看護師の資格を目指すという方法もあります。

看護師の年収・必要な資格など

看護師になるには、国家試験を受験し、看護師免許を取得する必要があります。そしてこの受験資格を得るためには、高校卒業したあと看護師学校・専門学校・大学・短期大学など、文部科学省もしくは厚生労働大臣指定の看護師養成所に3年~4年間、学校に通わなければなりません。

看護師の平均月給は36万円程度、年収にすると、525万円程度になっています。

広告代理店

広告代理店は、華やかなイメージがあることから、就活生に人気の業界になっています。実際に自分が作成した広告が、新聞やTV、雑誌、インターネットなどで取り上げられることに大きなやりがいを感じる学生も多いのでしょう。

またSNSなどで広告配信がされることも増えてきており、学生にとって広告は身近な存在になりつつあるのでしょう。実際に自分で、動画撮影などをおこなっている学生も多く、仕事イメージがつきやすいことも人気の理由かもしれません。

これほど、幅広く多くのクライアントと関われる仕事も多くはなく、ものづくりに興味があるクリエイティブな学生にはおすすめの仕事といえるでしょう。

広告代理店の年収・必要な資格など

広告代理店に勤める際に必要な資格はありません。そのため、企業の採用試験に合格できれば、勤務することができます。しかし人気業界であるため、就活の場ではどれほど自分をアピールできるかが重要でもあります。

広告代理店の大卒初任給は20万円~24万円ほど。年収にすると約550万円~670万円になるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

人気業界への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録をしましょう。

人気業界を確実に見極めたい人は、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談をおこなってみるのもいいでしょう。

マイナビエージェントは企業とのコネクションが強いため、各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。そのため、業界・企業の情報について、最新の情報を持っているでしょう。

全国各地の非公開求人も含め、およそ3万件の求人情報が掲載されているため、自分が気になる企業の情報も保有しているはず。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心です。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

市場規模が縮小している衰退業界5選。インターネットの普及が原因になっていることが多い

インターネットが普及する前までは、消費者は商品に関...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

虫と関わる仕事5選。研究者以外にも、関われる仕事はたくさんにある

小さい頃から昆虫図鑑が好きで、大人になっても虫と関...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

英語力を活かせる仕事5選。オリンピックの影響で、語学スキルのある人は需要が増える

マイボイスコム株式会社がおこなった英語教育に関する...

2019年09月25日, 仕事・業界について知る