レーサーをやめたい・転職したい。危険な仕事なのに収入が低い。

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

レーサーとはレーシングドライバーといい、車・バイクなどでレースに参加し順位を競うのが仕事です。レースに勝った時の喜びはとても大きなものですが、危険で怪我の多い職業でもあります。

2018年11月18日におこなわれた自動車レースF3の国際大会マカオ・グランプリでは、車両2台による事故でドライバーの坪井翔氏ら5人が負傷しました。

レースでは事故が起こることは珍しいことではなく、最悪の場合、事故死となることも。今回はレーサーをやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

レーサーをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

収入が少ない

プロのレーサーは、免許・試験に合格し、レーシングチームとの契約・スポンサーとの契約をして収入を得ます。実力社会なので、レースに勝たなければ契約を打ち切られることも多いです。

レースを1試合戦うには、マシンの製造・整備などに莫大な費用がかかります。勝たなければ整備費のやりくりも難しくなるなど、非常に厳しい世界です。

事故や怪我

レーサーは危険の高い職業といわれています。F1レーサーともなると、200~300キロのスピードで走行しているので、自分自身の事故だけでなく事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。

以前に比べ死亡事故は減少しているといわれていますが、それでもレーサーに復帰できない程の事故・怪我による転職、怪我に至らなくても事故の恐怖により転職をしなければならない方も多いようです。

レーサーにおすすめの転職先

タクシー・バスの運転手

レーサーの中でも運転することが好きな方には、タクシー・バスの運転手への転職がおすすめです。

日頃から体を鍛えたり運転をしているレーサーには、体力と運転技術が必要となるタクシー・バスの運転手はもってこいの職業といえます。

また運転手になるには2種免許が必要ですが、就職して免許を取得できる職場もあり初心者にも働きやすい職場です。正社員で働くことができれば安定した収入を得ることができるでしょう。

整備士

好きな自動車・バイクに関わっていたいという方、レーサーとしての経験を活かしたい方は整備士への転職がおすすめです。整備士になれば、レーサーを支える側に立つことも可能になります。

体力が必要とされる整備士ですが、レーサーとしての知識・技術を評価され転職にも有利です。何より好きなものに関われることは、働きがいも得やすいでしょう。

レーサーから転職するならマイナビエージェント

レーサーからの転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

転職のプロに転職活動に関する様々な悩み相談に乗ってもらうことができ、またレーサーの経験を持つ自分の市場価値を正しく知ることもできます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

レーサーをやめる・転職する前に考えておくこと

レーサーは様々な方と関わりが多く、スポンサーを含め様々な方とチームでレースに挑むことも多いです。

レーサーをしている中で広げたコネクションを転職の情報収集に活用してみるのも良いかもしれません。多くの情報を集めて、自分が満足できる転職となるよう慎重に判断しましょう。

関連した記事

カラーコディネーターをやめたい・転職したい。収入が低く生活が安定しない

ファッション業界のみならず、住宅やホテルやショップ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

電気工事士をやめたい・転職したい。心身ともに疲れが溜まりやすい環境。

電気工事士とは、我々の生活に欠かせない電気に関わる...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

インストラクターをやめたい・転職したい。転職するならトレーニング知識の活かそう

インストラクターは、主に身体を鍛えることの専門家と...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?