キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

髪型・髪色が自由な仕事は5選。接客業でなれけば比較的なOKなところが多い

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

社会に出ると、髪型を自由にできる機会も少なく、黒染めをしなくてはいけない職業もあるでしょう。しかし黒髪は似合わないからやりたくないという人も多いはず。

目鼻立ちがはっきりしている色白な人であれば黒髪はとても可愛く似合います。しかし肌の色が少し黄色味がかっていて、髪の質が剛毛な場合、黒髪にするとすごく野暮ったく見えてしまうことがあります。

今まで試行錯誤をして似合う髪型を見つけたのに、そのヘアスタイルを崩すことに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。そこで今回は髪型が自由な仕事を紹介します。

飲食店のホールスタッフ

接客業は、人との関わりが多いので、身だしなみに厳しい印象が強い職業と思われていますが、求人サイトを見てみると、髪型は自由の募集は多いです。

店によっては、服装だけでなく髪型や染髪でもOKのところもあります。最近は欧米風のおしゃれ風カフェも増えており、髪型・髪色の規定がゆるい飲食店も増えてきました。

チェーン店よりも、個人経営のお店のほうが、髪型に関する規則はゆるいでしょう。

ただし、奇抜な髪色や明るすぎる髪色、肩より長い髪は束ねるように指示されることがあります。ポニーテールや丸めたお団子頭風のヘアスタイルや、編み込みをしたゆるふわアレンジなど、髪型だけでもおしゃれを楽しむことは可能です。

時給は900円~1,300円が相場です。午後10時から午前5時まではの時給は、通常よりも1.25倍に高くなります。

飲食店のホールスタッフとして働く魅力は?

飲食店のホールスタッフは比較的募集がおこなわれている職種であるため、誰でもなりやすい仕事であるといえます。お客さんのテーブルをみて、水を提供したり、注文を聞いたりするため、人の気持ちを考えて先に行動できるような能力を身に付けることができるよう。

また時間帯によっては大変混雑するため、バイト仲間同士の仲が良く一生の友だちを作ることもできるようです。

コールセンター

コールセンターの仕事は、基本電話で対応する仕事です。外に営業で出かける必要がないので、髪型・服装・ネイル・アクセサリーなどが自由の求人が多いです。

髪型は、ロングでもあまりうるさくないようですが、明るい茶髪、金髪などもOKなところが多いです。

時給は1,000~1,500円が相場になっています。

コールセンターで働く魅力は?

コールセンターのスタッフは、基本的に非契約雇用で雇われるため残業などはありません。そしてお客さんと直接対面するわけではないため、どのような服装でも出社することができます。早い時間に仕事が終われば、そのままデートに出かけることも可能でしょう。

さらに座って作業することになるので、足の痛みなども気にせずに靴も自由に決めることができます。ただしあくまでも職場ではあるので、あまりにも露出度の高い服装や、派手すぎる格好には気をつけましょう。

自由な職場ではありますが、正しい受け答え方法や日本語を学ぶことができるため、その後のキャリアで役に立つことが非常に多いです。

美容師

髪型や髪色で思いっきり遊びたいと考えている人は美容師になるのがいいです。美容師であれば金髪だろうが、紫だろうが問題はありません。

個性的な髪型をしている美容師も少なくないので、目立ってしまったり、嫌な目で見られることもないでしょう。むしろ美容師自身が、インパクトのある髪型にすることで、指名が増えたりします。

お客さんに「素敵」「真似したい」と思ってもらえるように、編みこみ・ヘアアクセサリーの使用などのアレンジすることができます。ただしお店のコンセプトを崩さないようにすることは大切です。美容師の平均年収は、260万円~300万円程度でしょう。

美容師として働く魅力は?

美容師は、髪のカット・カラー・パーマなどの施術を唯一許された職業です。お客さんの要望をヒアリングした上で、理想のスタイルを作り上げていくことは責任を感じますが、喜んでもらえたときの嬉しさは大きいです。

また結婚式・卒業式・入学式をはじめ、人生で始めて髪をショートにする瞬間・カラーをしてみる瞬間などに立ち会うこともできます。人生の大きなイベントに関わることができるのも美容師の魅力といえます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、企業ホームページの配色・レイアウト・文字の大きさ・構造などを、読者が使いやすいように、作成していく人のことを指します。

クライアントとミーティングをおこなうこともありますが、芸術職と認識されていることもあり、髪型・髪色に関して規定を設けている会社はほとんどありません。美大を卒業してからWebデザイナーになる人などもおり、奇抜な髪色で働いている人も多いです。

ただし結果主義の職種でもあるため、仕上がりのレベルが、次の仕事に響いてくるシビアな世界でもあります。感性はもちろん、ロジカルな論理的施行も求められる職業です。

Webデザイナーとして働く魅力は?

Webデザイナーは自分の感性のみで、サイトを仕上げていくわけではありません。クライアントの要望・過去の使用データ・ユーザー(読者)アンケートの結果などを元にサイト設計を決めます。

一人ではなく、チームみんなで1つの物を作り上げていくのは大きな達成感を感じられるものですし、楽しさも感じられます。

またWebデザイナーは、1度作成し世の中に出たものを、何度も修正して手を加えていくことができます。最高のサイトを目指して、改良を重ねていくことができるため、ものづくりをする職種の中でも、すこし変わった職業であることも魅力です。

キャバクラ嬢

接客業のなかでも、最も華やかな印象があるキャバクラ。容姿が仕事に大きな影響を与える仕事ではありますが、基本的に髪型やメイクなどは自分で決めることができます。

なかでも渋谷は、ゆるめのキャバクラが多く、規則や規定が厳しくないお店が多いため、キャバ嬢たちも自由な服装・メイク・髪型をして働いている人が多いそうです。

一方で新宿=歌舞伎町キャバクラは、規則が厳しく、有名なキャバ嬢になると専属のヘアメイクがいることもあるそう。衣装もほとんどのキャバ嬢がドレスを着ています。

上記で紹介をしたように、キャバ嬢といっても、エリアによって特性があります。自分求める働き方に応じて、勤務先を決めるのがいいでしょう。ただし基本的に、どこで働いても、容姿に関しては自由度が高い職業になります。

キャバクラ嬢として働く魅力は?

容姿も1つのキャラになるため、自分の好きな見た目をして働くことができます。清楚系・小悪魔系・セクシー系・お姉さん系・ギャル系など、自分のキャラ設定に合わせて髪型をはじめ服装などを変えることができます。

キャバ嬢は高額な収入を得られることで有名な仕事でもあり、知名度や指定回数によって額は変動しますが平均年収は450~550万円程度。大物キャバ嬢になれば年収1,000万円も夢ではありません。

さらに有名になれば、愛沢えみり氏のように自身のアパレルブランドを立ち上げたりすることも可能です。

まずは転職サイトで可能性を

髪型・髪色が自由な仕事へ転職を考えてる人は、転職エージェントがおすすめ。転職エージェントは、内定をもらえるまでキャリアアドバイザーが無料で、しっかりサポートをおこなってくれるサービスです。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)また年収診断やキャリアタイプ診断などコンテンツが充実しているdodaもおすすめ。「自分に何が向いているのかわからない」と悩んでいる人におすすめの転職サイトといえるでしょう。転職セミナーやフェアも多く開催しているため、履歴書や面接に自信がない人でも安心して転職活動を始めることができます。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

DODAに登録する(無料)

関連した記事

旅行と関わる仕事5選。現地に滞在する仕事から、世界を飛び回る職業まで紹介

日本政府観光局の発表によると、2017年の出国日本...

2019年09月26日, 仕事・業界について知る

出版と関わる仕事5選。大手出版社に入社する以外にも、働き方はある

大手出版社といえば、小学館・集英社・講談社・角川書...

2019年09月26日, 仕事・業界について知る

歌舞伎に関わる仕事へ転職したい。女性でも就ける仕事はある

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎。歌舞伎役者は、...

2019年09月18日, 仕事・業界について知る