キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

柔道整復師をやめたい・転職したい。人をケアする仕事がおすすめ

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

柔道整復師とは、古来より伝わる柔術の技法を使ってケガの整復や体の不調を改善させる職業です。

テーピングや包帯による固定、マッサージや器具を使ったリハビリ、骨格の矯正などに対応しており、主な仕事先としては、ほねつぎと呼ばれる接骨院や整骨院、整形外科のクリニックなどがあります。

ケガの専門家と呼ばれることもある職業で、人体の構造や施術方法への深い理解が求められるため、大学や専門学校で単位を取得して国家資格の試験に合格する必要があります。

しかし頑張って資格を取ったとしても、思ったような働き方ができるとは限りません。柔道整復師として実際に働き始めると、想像との違いから転職の道を考えたり悩みを抱えたりする人もいるでしょう。

今回は、柔道整復師をやめたいと思った瞬間・おすすめの転職先についてみていきます。

柔道整復師をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

どんな職業でもよくあることですが、実際に働いてはじめてその業界の問題点に気づきます。柔道整復師はどんな悩みを抱えているのでしょうか。

理想と現実のギャップ

柔道整復師は国家資格を持っていながらも、それを活かせていないと感じることがあります。勤め先によってはケガの治療をしたくてもやらせてもらえなかったり、マッサージが主な仕事になってしまい、こんなはずではなかったと思うのでしょう。

せっかく専門学校で勉強してきたのにこのままでいいのだろうかと、考えてしまうのかもしれません。もっと自分の技術を活かしてみたいと考えて、転職に踏み切ることがあります。

環境や収入への不安

柔道整復師は基本的に立ち仕事で体力も必要な職業です。自分自身の体調も管理しなければならない苦労もあります。その大変さに対して、もらっている給料が低いと感じることが転職のきっかけになってしまうでしょう。

また閉鎖的な空間にいるため息苦しさを感じるという声もあります。お客さんが来なくて暇なときにはとくにそう感じてしまうのでしょう。考える時間が多くなると日頃の不満や不安がさらに大きくなってしまうこともあります。

業界への不満や不信感

整骨院や接骨院では健康保険が適用される施術もおこなうのですが、その金額を不正に請求する業者がいるのも現実です。

まじめに営業をしていても、同じ仲間のように思われるのが嫌で転職をしたという声も聞きます。

柔道整復師におすすめの転職先

 

柔道整復師は、ケガの整復や体のケアについての深い知識と体力を持っています。その強みを活かせる転職先をみていきましょう。

スポーツインストラクター

トレーニングのサポートをする仕事は転職先として有望といえます。

とくにウェイトトレーニングの指導では、柔道整復師の経験を存分に活かせるのではないでしょうか。筋肉や骨格などの人体についての知識は、練習メニューなどを組む場合にも役立つはずです。マッサージによってトレーニングの効果を上げるなど、経験や技術を役立てましょう。

さらに高度な知識や技術を習得できれば、スポーツチームに所属して働くアスレチックトレーナーの道も開けます。

練習中や試合中にケガ人が発生すれば正確な応急処置が要求されるため、柔道整復師の技術や経験を活かしやすいといえます。

介護業界

柔道整復師の転職で次におすすめしたいのが介護業界です。

体力が必要になる職場ですから男性であればとくに歓迎されるでしょう。またマッサージが必要になる場面でも経験を活かせるといえます。

理学療法士・作業療法士などのリハビリ系の国家資格を取得すると、さらに活躍の場が広がります。リハビリは時間のかかる根気のいる作業ですが、自分のサポートで身体能力や運動能力を回復させることができれば、大きな喜びとやりがいを感じられるはずです。

介護業界への転職ならかいご畑

無資格・未経験から介護士への就職を目指すなら、介護求人専門サイトのかいご畑がおすすめです。全国各地から集めた豊富な介護士の求人情報の中から、専任の人材コーディネーターがピッタリの求人を紹介してくれます。

介護畑には、働きながら0円で介護資格が取得できる「キャリアアップ応援制度」があるので、介護士としてのスキルアップも目指せます。

かいご畑に登録する(無料)

転職する前に考えておくこと

 

柔道整復師の資格だけでは転職に際してメリットがあるとはいえないのが現状です。資格がすべてではありませんが、新たに別の資格を取得することでチャンスが広がる場合もあります。

勉強に必要な期間や、通信教育などを使った独学は可能なのか、試験の難易度などの情報を中心にリサーチするとよいでしょう。

自分の能力や経験にこだわりすぎると、どうしても視野が狭くなってしまいます。一見無関係な業種でも、意外な共通点や興味を発見できることもありますので、広く転職先を検討してください。

関連した記事

ボディーガードをやめたい・転職したい。依頼主が最優先である業務がきつい。

身辺警護や要人警護など、SPと呼ばれるボディガード...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

カウンセラーをやめたい・転職したい。カウンセリングで精神的疲弊を感じてしまう

一般企業や学校、医療施設など多岐にわたる分野で活躍...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

フードコーディネーターをやめたい・転職したい。収入の不安定さへの悩みがつきもの

フードコーディネーターは、飲食店のメニューの開発や...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?