写真と関わる仕事5選。専門的なスキルや知識がなくても、未経験で働ける求人は多い

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

2017年の流行語大賞にもなった「#インスタ映え」。SNSであるInstagramが流行したことにより、カメラや写真に興味を持つ人は急激に増加しました。

最近ではカメラ女子という言葉も流行しています。スマーフォンのカメラ技術が進歩しているなか、学生でも一眼レフを購入し写真撮影している人は珍しくありません。あるデータでは、女性の約2割一眼レフカメラを所持しているという結果もあるほどです。

またこの写真やカメラの流行に乗っかり、旅行会社では「インスタ映え、日帰りツアー」などの商品を販売しているほど。

同じ風景でも人によって撮り方が異なることや、多くの人とシェアして楽しめること、そして何よりも思い出になる写真に魅力を感じ、仕事にしたいなと考えている人もいるかもしれません。そこで今回は、写真と関わる仕事を紹介します。

カメラマン

カメラマンとは、モデルや商品など被写体をカメラで撮影する人のことを指します。

プロのカメラマンになるのに、特別必要な学歴や資格はありません。プロカメラマンのアシスタントとして実力を磨いてきた人や、SNSで人気になりカメラマンになった人、スタジオに努めている人など、カメラマンになる方法もさまざまです。

自ら写真を撮りたい人におすすめの仕事

同じ場所、同じ人物を撮影しても、カメラマンによって、出来上がる写真は異なります。鮮やかな色彩を大切にする人、いかにナチュラルな風景が撮れるかに重きを置く人など、カメラマンが大切にしている考え方によって写真から受ける印象も変わってくるのです。

写真に関わりたいのであれば、最もポピュラーな仕事はカメラマンといえるでしょう。

カメラマンのアシスタント

カメラマンのアシスタントは、カメラマンが働きやすいよう、機材運びや、機材整備の設置、カメラテストのモデルなどをおこなうのが仕事です。

写真を撮影するのはカメラマンで、アシスタントはカメラを持って撮影することはありません。プロのカメラマンの手伝いをしながら、現場の経験を積んで、技術を身に付けていきます。

だたし間近でプロの仕事を見ることができるので、将来自分がカメラマンになるときには、かなり役に立つでしょう。給料は、月給10万円~15万円が相場です。

カメラマンを目指す人におすすめの仕事

カメラマンになるには、アシスタントから実力を磨いていくことが一般的です。アシスタントになれば、撮影テクニックなどを、間近で勉強することができるでしょう。

徐々に実力が認められると、カメラを持って撮影することができます。名指しで指名が入るようになれば、独立を考え始めてもいいのかもしれません。

レタッチャー

レタッチャーとは、写真の補正や修整などをおこなう人です。広告や雑誌やカタログなどに使用される写真のコントラスト・トーン調整・質感修正・写真の合成などをあらゆるデジタル技術を使って、クオリティの高い写真に仕上げていくのが主な仕事です。

レタッチャーになるのに必要な資格はありません。しかし専門的な能力を求められるので、Photoshopなどの画像処理ツールは、一定のスキルが求められるでしょう。

レタッチャーの求人は、広告やWebや出版などの業界で募集しています。時給の場合1,000円~1,500円で、正社員の場合月収20万から25万程度になるでしょう。

細かい作業が好きな人におすすめの仕事

広告や雑誌やカタログなどに使用される写真に対し、クライアントはさまざまな要望を要求してくることがほとんどです。

モデルを撮影した場合、ほくろやニキビ・シミの削除、アホ毛の修正などを依頼されることもあります。かなり細かい作業になりますが、ミスをするとクライアントとの信頼関係に問題が出てくるため、非常に重要な仕事といえます。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイト運営における責任者のことを指します。雑誌でいう、編集長でしょう。サイトのデザイン・システム・配信する記事内容・特集企画決め・ライターへの記事発注依頼などをおこない、運営をしていくことになります。

コミュニケーションスキル・予算管理能力・マネジメントスキル・問題解決能力などが求められます。

自分で撮影・編集・記事化までおこないたい人におすすめの仕事

Webサイトでは、誰かに取材をしたり、インタビューをしたりすることがあります。その際、企画を決め、写真を撮り、記事化をするのはWebディレクターです。ほかの編集部メンバーにお願いすることもあるかもしれませんが、基本的には自分でやることになるでしょう。

そのため写真撮影の技術、編集スキル、記事執筆スキルを求められます。ただし一気通貫で全て自分で携わることができるため、Webディレクターにか味わえない面白さがあるでしょう。

運営するメディアによって被写体が異なりますが、芸能人への取材・インタビューも夢ではありません。Webディレクターへ転職したいのであれば、マイナビエージェントで求人を探してみましょう。大手転職サイトのため未経験者でも、丁寧に就活サポートをしてもらえるはずです。

マイナビエージェントに登録する(無料)

フォトスタジオスタッフ

フォトスタジオでは、七五三・成人式・お宮参り・卒業式・ブライダル・マタニティなど節目時の記念写真を撮影します。

スタッフの仕事は、電話対応・受付案内・衣装選び・撮影アシスタント・会計・DM作成・電話セールスなどになります。季節に合わせて、店頭の飾りつけをおこなうこともあるでしょう。また撮影をするだけではなく、ヘアメイクや着付けをおこなったり、衣装レンタルなどを手がけている所がほとんどです。

そのためスタッフは、ヘアメイクや着付けなどもおこないます。ヘアメイクや着付けやカメラワークなどは、入社前に研修がおこなわれるため、未経験者でも技術を身につけることができます。

フォトスタジオのスタッフとして働くのに、特別な資格は必要ありません。基本的には、未経験者OKの所がほとんどです。アルバイトも募集していて、時給は1,000円程度です。正社員雇用で月収の場合10万~20万程度になるでしょう。

思い出に残る写真を撮影したい人におすすめの仕事

フォトスタジオスタッフは商業用の撮影ではないため、カメラマンほど撮影テクニックを求められないケースが多いです。

しかしフォトスタジオで撮影される写真は、家族に大切にされる思い出の1枚。撮影される人たちの思いを、どれだけ写真で表現できるかが腕の見せどころでしょう。

1人1人と深く関わり、写真を撮っていきたい人におすすめの仕事です。

まずは転職サイトで可能性を

写真と関わる仕事へ転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

アニメに関われる仕事。漫画家やアニメーター以外にも、関われる仕事はたくさんある

日本動画協会によると、2017年日本アニメ産業の市...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

美容と関われる仕事5選。綺麗になって自分に自信を持ちたい女性のサポートができる

マルハニチロ株式会社は2016年におこなった美容に...

2019年09月20日, 仕事・業界について知る

イラストと関わる仕事5選。資格や学力は求められない、実力主義の世界

ベネッセが小学1年生~中学3年生を対象に2011年...

2019年09月20日, 仕事・業界について知る