食べ物と関わる仕事5選。調理師や栄養士の資格が無くても、働くことは可能

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

農林水産省が2017年に実施した「食生活の実態」調査では、食事を楽しむようにしている人の割合は、94.4%となっています。

そして食べ物は私たちが行きていく上で欠かせないもの。最近では忙しさから、きちんとした食生活を遅れていない人は多く、厚生労働省「国民健康・栄養調査結果の概要」によると、20歳以上の人の肥満の割合は男性31.3%、女性20.6%となっています。

このような世の中になっているからこそ、食事のプロフェッショナルは非常に重要な存在ともいえます。食べ物のに関わる仕事で思い浮かぶのは、調理師や栄養士など資格が必要な職業を想像する人が多いかもしれません。しかし、食べ物と関わる仕事でも資格が必要でないものは、意外に多いです。

そこで今回は、食べ物と関われるさまざまな仕事を紹介します。

管理栄養士

管理栄養士は、病院や学校などで栄養指導や給食メニューの作成をおこなったり、調剤薬局やドラッグストアで栄養相談などをしたりする、栄養のスペシャリストです。栄養士とは異なり、健傷病者に対しても栄養指導や給食管理を行うことができる上位資格となっています。

管理栄養士になるには「管理栄養士国家試験」に合格する必要があります。栄養士養成施設にあたる大学や、短大、専門学校などで、専門課程を勉強し、国家資格に望むことになるでしょう。

栄養について、詳しく学びたい人におすすめ

管理栄養士になれば、栄養学についてかなり深く勉強をすることになります。食べ物という分野について、科学的な面から深く関わりたいと思っている人にはおすすめの仕事です。

介護施設・学校・病院など勤務先の幅は広いため、就職で困ることはないでしょう。さらに有名な管理栄養士になれば、書籍出版やメーカーと商品を共同で開発することもできるかもしれません。

家庭科教諭

家庭科教諭は公立・私立の小中高校生に対し、衣食住について教えていきます。食の分野では、栄養素を始め、調理実習など、子どもと一緒に食べ物について学んでいくことになるでしょう。

また担任や、家庭科部などの顧問を請け負うことも可能性もあります。

家庭科教諭になるには、家庭科教諭の資格(技術家庭教員養成課程)を取得しなくてはいけません。公立の学校に務めたいなら教員採用試験に合格することも必要です。

ただし家庭科教諭は採用枠が少ないため、私立・公立ともに、内定をもらうのは容易なことではないでしょう。

子どもたちの健康を、食事面からサポートしたい人におすすめ

最近の子どもは過度なダイエットなどにより、正しい食事の健康について理解できていません。成長期における栄養失調は、その後の発育に大きな影響を与えてしまう可能性もあります。

子どもたちの健康を、食事面からサポートしたい人におすすめの仕事といえるでしょう。

パン職人

パン職人とは、製パン店やホテルのベーカリーなどで、パンを焼き販売する人のことを指します。

パン職人として働くうえで特別な資格は必要ありません。学歴や資格よりも、実力が大切です。ただしもしお店を開くのであれば、食品衛生責任者の資格は必須になります。店舗または建物全体の収容人員が30人以上の場合は、防火管理者の資格も必要です。

パン好きにおすすめの仕事

無資格で働くのであれば、パン屋さんでアルバイトをすることから始めましょう。

パン屋の1日は、早朝出勤し、朝からパン作りをはじめます。朝10:00~18:00までお店の営業をしたあとは、翌日の生地の下ごしらえや材料の発注などをしなくてはいけません。体力的にもきつい感じがしますが、実力が付けば独立して、自分の店を持つことも夢ではありません。

アルバイトとして働く場合、時給は950円~1,200円程度でしょう。正社員雇用の場合は、平均的に月給15~25万円程度になります。「見習いOK」や「経験者のみ」の募集があるため、きちんと確認をしましょう。

ケータリング料理人

ケータリング料理人とは、指定された場所に自らが出向き食事を提供する仕事です。宴会やパーティーなど、人数や予算や会場など要望と条件に応じたメニューを考えて提供します。

主な仕事は、会場で料理をしたり、完成している料理提供したりすることです。出先での料理になるので、料理の腕はもちろん、臨機応変な対応をしなければなりません。

料理している姿を見てほしいと思っている人におすすめ

国家資格の調理師免許を取得していると就活では有利になりますが、決して必須の資格ではありません。現場で経験を積んで調理師免許の資格を取得する人も多くいます。

ケータリングスタッフには、料理を作るスタッフだけでなく、料理を配膳するスタッフや配達するスタッフもいます。できあがったものを配達するスタッフは、大型特殊自動車の免許がある人は優遇されるといいます。配達するスタッフは、ケータリングの現場ではホールスタッフを兼任する場合が多いです。

ホテルやレストランやケータリング専門企業などに就職することになるでしょう。給与は、月収で23万~30万程度になります。

給食センタースタッフ

給食センタースタッフは、小学校や中学校に勤務し、子どもに給食を振舞うことが仕事です。学校給食は急な残業などもなく、比較的働く時間を調整しやすい職場といえます。

学校給食センターで働く人は、正社員の場合、スタッフ指導や、給食メニューの考案があるため、調理師や栄養士の資格が必要になります。ただし、料理を作るパートやアルバイトスタッフ、調理補助の場合は資格は必要ありません。

かわいい子どもたちとも触れたいと感じている人におすすめ

学校給食は、1回で何千食という量を作らなくてはいけないため、重労働と感じる人もいるかもしれません。しかし年連不問で50代、60代でも現役でバリバリ働いている人も少なくありません。

また毎日かわいい子どもたちと触れ合うことができるため、とてもやりがいを感じられる仕事といえます。無資格で働く場合、パートやアルバイトとして雇われることが多いため、給与は時給1,000~1,100円程度になります。夏休みなどの長期休暇でも月給の5割は支払われるところが多いようです。

まずは転職サイトで可能性を

食と関わる仕事への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

子持ちの主婦でも働きやすい仕事・職種6選。子連れで働ける有名企業も5つ紹介

保育園の待機児童問題はとても深刻です。働きたくても...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

乗り物と関わる仕事5選。運転手は、男の子のなりたい職業ランキングで常にランクイン

第一生命保険株式会社が2016年に「大人になったら...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

休みやすい仕事4選。勤務人数が多い職場や結果主義制の企業は、休暇を取りやすい

小さい子どもがいたり、親の介護が必要だったり、自分...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る