キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

技術者をやめたい・転職したい。知識を活かせて、規則的な仕事がおすすめ。

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

技術者職を大きく分類すると「専門的・技術的職業従事者」「農林水産業・食品技術者」「機械・電気技術者」「鉱工業技術者」「建築・土木・測量技術者」「情報処理技術者」「経営専門職業従事者」などが挙げられます。

技術者は専門的な業務が多く、日々勉強という方も少なくありません。また迅速な対応が求められるなど不規則な業務時間になることも多く、身体的・精神的につらいと感じる瞬間は多いようです。

今回は、技術者をやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

技術者をやめたい・転職をしたいと思ったきっかけ

プレッシャーが大きい

技術者職の中でもとくに機械に関係する技術者の方であれば、法人のコンピュータやプリンター、工場の特殊な機器のメンテナンスや修理を任されています。

検査ミスをしてしまうと、顧客に大きな損失を与えてしまう可能性や自らの会社の信用を落としてしまうことに繋がりかねません。小さなことも見落とさずにチェックしなければならず、責任感も大きいためにつらいと感じる瞬間が多くあります。

不規則な業務や時間外学習が多い

コンピュータや生産に関わる機械の故障は致命的なものであり、少しでも早く復旧させる必要がるため、休日や時間帯に関係なく呼び出されることも多くあります。

そんな不規則な業務体形によって体調を崩したり、徐々に疲労がたまって悩んでいる方も少なくありません。

また、日々進化していく技術に対応するには日々の勉強や研究が必要となります。そのため技術者は、時間外にも自ら学習する時間を作らなければならず、仕事に拘束される時間が長くなってしまいます。

異業種でおすすめの転職先

人脈を活かした転職

技術者は、専門の技術を習得できる学校や、長期に渡り技術を身に着けることのできる職場などで勤めていた方が多いはずです。そうした方は、今まで培ってきた技術を活かす仕事に就くことが最善といえるでしょう。

技術者には勉強会やセミナーといったイベントに参加することで業界に人脈を広げている方も多く、その人脈は業界内の転職に活かすことができます。

社外に人脈を広げていれば他社の詳しい情報を入手しやすく、また企業に紹介してもらう事も可能です。人脈を活かした転職は業界に長くいて顔も売れているベテランの方ほど有利ですが、今からでも勉強会などのイベントに積極的に参加してみることをおすすめします。

総合的に安定したカスタマーセンターへの転職

技術を持っている方にとくにおすすめしたいのが、カサタマーサポートセンターでのサポート業務です。カスタマー業務は電話やパソコンのみの業務なので、直接対面が苦手な方でも難なくおこなえます。

また近年では週休二日勤務のため、生活リズムもメリハリを付けることができるでしょう。一般的なコールセンターとは異なり、専門技術者を募集しているので、技術者の転職先としておすすめできます。

技術者からの転職にはマイナビエージェント

転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

マイナビエージェントでは業界・職種別に専任制のチームを編成しているので、技術者のような専門性の高い職業でもしっかりサポートしてくれます。

転職のプロからアドバイスをもらいながら、自分のこれまでのキャリアやスキルを活かした転職活動をおこなうことができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

技術者をやめる・転職する前に考えておくこと

転職活動をおこなう際に、仕事を継続しながらおこなうのか、または退職してからおこなうのかは慎重に考えなければなりません。仕事を継続しながらではなかなか時間が確保できないため、退職してじっくりおこないたいという方も少ないでしょう。

しかし、技術者が退職してから転職活動をおこなうには、仕事から離れている時間が長いほど知識が古いのではないか、感覚がなまっているのではないかと企業に思われてしまうといったデメリットがあります。

技術は常に進歩していくものであり、勉強して知識を蓄え続けていく必要です。そのため退職から時間が経ってしまっている方は、現役で働きながら転職活動をおこなっている方よりも少々不利になる可能性があるといえます。

このようなデメリットを考慮した上で、時間の確保のために退職してから転職活動をおこなうのか、退職する前に転職活動をおこなうのかを決めましょう。

関連した記事

音楽監督をやめたい・転職したい。これまでの経験を活かして働く。

音楽監督はオーケストラでの仕事に限らず、ミュージカ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

建設コンサルタントをやめたい・転職したい。同時に案件を抱えることもあり残業が多い

建設コンサルタントは、あらゆる分野に専門的な知識や...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

不動産鑑定士をやめたい・転職したい。冷静な判断力を活かせる仕事をしよう

不動産鑑定士の仕事は、不動産周辺の経済・交通状況と...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?