キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

乗り物と関わる仕事5選。運転手は、男の子のなりたい職業ランキングで常にランクイン

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

第一生命保険株式会社が2016年に「大人になったらなりたいもの」 調査では、保育園・幼稚園児・小学校1~6年生の男の子の第9位に電車・バス・車の運転手がランクインしました。

1999年から3、4年おきに実施されている調査ですが、毎年男のなりたい職業ランキングTOP10に、乗り物の運転手はランクインしています。このように小さい頃から乗り物が好きで、乗り物と関わり合う仕事に就きたいと思う人もいるはず。

実際、鉄道ファンは多く、最近では「鉄ちゃん」の愛称で世間から認知されるほどになっています。2010年5月にはJR上越線の沿線で、撮影スポットを探している最中誤って崖下に転落し、死亡する事件まで発生しているほど。

そんな熱烈なファンも多い乗り物。そこで今回は、乗り物と関われる仕事を紹介します。

パイロット

パイロットは、飛行機を操縦して、乗客や荷物を運び届けることが仕事です。またフライト前には燃料確認や、気象データ確認をおこない安全に飛び立てることができるよう、全力を尽くします。

そしてフライト後も、好き勝手に飛んで言い訳ではなく、予定の進路を決められた速度で飛んでいきます。何かあれば航空管制官と話し合い、進路変更をすることもあります。またトラブル発生する危険がないか、常にメーターやレーダーを確認しています。

飛行機を操縦できる唯一の職業

飛行機という大きな乗り物を、唯一操縦できるのがパイロットです。日常生活では目にすることができない空の景色を見れるパイロットは、乗り物好きにとって憧れの職業でしょう。

また自分の技術が求められるのも乗り物好きな人にとっては魅力の1つかもしれません。アクロバティックな飛行をするわけではありませんが、常に安全に飛行ができるように特殊な身体訓練・技術訓練を積んできたものだけがパイロットになれます。

あれほど大きなものを自分で動かすことには大きな感動を覚えるでしょう。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは、昔から人気の高い職業です。飛行機内で乗客へのサービスや、緊急時の誘導など保安業務をおこなうのことが仕事になります。

キャビンアテンダントになるために国家資格は必要ありません。入社を希望する航空会社の採用試験を受けて合格すればキャビンアテンダントとして勤務できます。

ただし多くの航空会社で、身長制限が設けている場合があります。身長制限がある場合、160cm前後が目安になり、それ以下の場合は不採用になってしまいます。

仕事をしながら、各国の文化に触れることができる

フライトでいろいろな土地を訪れることができるため、旅行好きにはぴったりの仕事といえるでしょう。また国際感覚が身に付き、国内や海外のフライト先で買い物やグルメを楽しめるのも魅力です。

入社直後は、訓練生になるため月給は25万円前後でしょう。勤続年数が長くなると、地位も上がっていき、給与も増えていきます。17年勤務で月給は45万程度といわれています。

車掌

車掌は、運転士と協力をして電車の運行に携わることが職業。安全にお客さまを目的地まで運ぶことが主な仕事です。

車掌になるために、特別必要な資格はありません。各鉄道会社のホームページか就職サイトなどで、新卒だけではなく中途採用の募集などもおこなっています。入社後1~2年は、駅員として仕事をこなします。駅員は、駅の改札業務・ホームでの乗客の安全確認などが業務になります。

車掌になると、電車に乗り込んで仕事ができる

その後、駅員として経験を積んでから、車掌の登用試験に合格すると車掌になることができます。試験は、学科と適性の2種類になり、一般的な数学問題や路線案内に関する問題などが出題されるようです。

車掌になると電車に乗って、列車のドアの開閉や、車内放送、切符の確認や発売、空調管理などをおこないます。車掌は、電車運転士より若干給料が下がりますが、駅員よりは高い給料が貰えます。20歳で17万円以上、35歳で22万円以上程度といわれており、各鉄道会社によって差は出てきます。

自動車整備士

自動車整備士とは、自動車が安全に走行できるように、点検や整備、修理をする技術と資格を有するエンジニア。

自動車整備士になるには、自動車整備士の国家資格への合格を目指すのが一般的です。見習いとしてであれば、自動車整備工場などへの就職は可能でしょう。

この国家試験の受験資格は、認証工場や指定工場で1年以上の実務経験を積まなければなりません。そのために自動車整備工場で経験を積んで、知識を付けてから、自動車整備士の三級か二級の資格の取得を目指す人が増えてきています。

国家資格を保持すれば、年収・職種も広がる

自動車整備士は、故障や異常のある車の修理だけでなく、事故を防ぐための定期的なメンテナンスもおこないます。車検などで車をチェックしているのは、この自動車整備士になります。

国家資格を保持している自動車整備士は、自動車整備士工場のほかに、修理業務をおこなうガソリンスタンド、カーショップなどに、就職して整備士として活躍しています。高卒者の初任給は15万円程度、短大卒や専門卒は17万円程度です。資格取得で月収は上がっていきます。

トラック運転士

トラック運転手は、荷物を荷揚げ場所から、荷降ろし場所まで運ぶことが仕事です。大型免許は必要になることがありますが、基本的には無資格・未経験者でも挑戦しやすい仕事といえます。

最近ではトラック運転手の労働が問題になっており、人材増加や女性雇用なども進めらています。

ずっと運転していたい人におすすめの仕事

トラック運転手は長距離を運転することも珍しくはありません。そのため長時間、乗り物に乗って運転をしたいと考えている人にはピッタリの仕事であるといえるでしょう。

また全国を回ることもあるため、所定の時間までに荷物を届けることができれば、その他は自由時間になります。名産品を食べることもできるしょう。基本的に自由に行動できることもトラック運転手の魅力といえます。

まずは転職サイトで可能性を

乗り物と関わる仕事への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業の他、できて間もないベンチャー企業の求人情報が掲載されています。

マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

不動産に関わる仕事5選。衣食住の「住」に関連する将来性ある業界

不動産(土地、建物など)に関わる仕事にはさまざまな...

2019年09月11日, 仕事・業界について知る

髪型・髪色が自由な仕事は5選。接客業でなれけば比較的なOKなところが多い

社会に出ると、髪型を自由にできる機会も少なく、黒染...

2019年09月24日, 仕事・業界について知る

化粧品と関わる仕事6選。未経験でも応募できる職種は数多くある

2017年に株式会社リクルートライフスタイルが実施...

2019年09月25日, 仕事・業界について知る