犬と関われる仕事10選。犬とふれある仕事は、ペットショップ店員だけじゃない

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

ペットフード協会が2017年におこなった調査によると、犬の飼育件数は892万頭といわれています。

2002年に放送されていたアイフルのTVCMで人気になった真っ白なロングコートチワワのくぅ~ちゃんや、プードルのテディ・ベアカット、ソフトバンクのCMでお馴染みのお父さんなどが火付け役になり、犬のペットブームが2000年過ぎから始まりました。

最近では飼いやすさの面から、猫が犬の飼育数を上回っていますが、それでも犬の人気は衰えていません。そんな愛嬌がある犬と関わる仕事をしたいと考える人は多いでしょう。そこで、犬と関われる仕事を紹介します。

犬とふれあえる仕事の中には、資格が必要ない職種もあります。自分にあった仕事を探してみましょう。

ペットショップ販売員

ペットショップ販売員は、接客・備品発注・店内の清掃・動物達の世話が主な仕事になります。お客さんに対し、犬種に関する知識・飼い方・体調管理・餌やりなどについてのアドバイスもおこなうことになります。そのため人とのコミュニケーションに向いている仕事といえるでしょう。

またペットショップ店員は、アルバイトなど非正規雇用者として雇われることが多いですが、資格不問・経験不問で募集をされていることが多いため、業界未経験者でも気軽に挑戦できる職といえるでしょう。

生まれたばかりの子犬と関われることが、最大の魅力

ペットショップ販売員の魅力は、子犬とたくさん関われることです。ほかの職業は、成犬と関わることが多く、子犬とはなかなか関われません。しかしペットショップ販売員は、子犬をはじめ、犬だけでない動物に囲まれて仕事をすることができます。

給与は正社員で月給20万前後、アルバイトで1,000前後と、程度と決して高給取りの仕事ではありませんが、動物好きの仲間と働くことができ、お客さんと動物の話で楽しむこともできるでしょう。

ペットショップ店員になりたいなら、まずはリクナビNEXTで求人探しをしてみませんか?リクナビNEXTなら、正社員・アルバイト求人、両方探すことができます。

リクナビNEXTに登録する(無料)

ドッグカフェの店員

都心部では犬と共に食事ができるドックカフェが増えています。とくに大きな公園が近くにある場所では、このようなドックカフェが多くあります。田園調布の「Deco’s Dog Cafe」や、参宮橋の「anea cafe」、七里ヶ浜沿いの「ダブルドアーズ」はドックカフェとして有名です。

コミュニケーションを取ることが好きな人におすすめ仕事

毎日いろいろなわんちゃんが来るので、犬好きは楽しく働くことができるでしょう。また常連さんと仲良くなることで、特定の犬になついてもらうこともできるかもしれません。

犬仲間たちと話しをしながら働けるため、犬好きにとってはたまらない仕事といえます。

しかしカフェ店員は基本アルバイトとして雇用されます。未経験者でも応募できる仕事になりますが、時給1,000円程度でしょう。ただし、犬に食べさせて良いものやそうでないもの、犬の体調など、知識や経験を身に着けながら働くことができる仕事でもあります。

ペットシッター

ペットシッターとは、飼い主が出かけている間、飼い主宅で犬の世話をするのが仕事です。ペットシッターの中には、散歩代行や老犬介護などだけを扱うペットシッターもいます。独立してオーナー兼ペットシッターとして起業する人もいます。

今後需要が伸びていくことが予想される仕事

まだペットシッターの認知度が高くないため、利用者はそこまで多くないのが現状です。しかしペットを家族のように考える人は多く、飼い主の年齢によっては散歩に連れていけいないこともあるでしょう。そのため今後、認知度が上がっていけば、利用者数は伸びてくるはずです。

ただし、ペットシッターになるには日本ペット技能検定協会が認定するドッグシッターをはじめ、ブリーダーや動物取扱責任者、ドッグアドバイザーなどの資格を持っていることが望ましいとされる場合もあります。

大型犬や小型犬、海外で人気の犬種など、いろいろな犬種に出会うことができるのがこの仕事の魅力です。月給はおよそ18万位です。

ドックフード会社

ドックフード会社は、日々ドックフードの開発・製造・販売をおこなっています。犬がお客さんの仕事になるため、犬好きな方にとっては楽しい仕事といえるでしょう。

大手には、ペットライン株式会社やマースグループ、ユニ・チャーム、日本ヒルズ・コルゲート、ネスレ日本があげられます。直接犬と関わるころは少ないかもしれませんが、栄養や健康面から犬を支えていく大変重要な仕事です。

犬の健康を裏側から支えたい人におすすめの仕事

ドッグフードも日々進化をしています。2000年代前半のペットブームで飼われたわんちゃんたちが高齢化のピークを迎えつつあり、さまざまな病気を抱える場合も多くなっています。

食事療法だけで延命ができる時代になっています。肥満・皮膚病・尿石・腎臓病・糖尿病・心臓病など、食事を改善すれば、症状を緩和したり改善できるものも多く販売されています。そのためドッグフードのメーカーでは、膨大なデータを元に、日々科学研究を重ね、犬の健康を守っている存在ともいえます。

ペット業界の大手メーカー企業になると、世界進出している会社も多く、就活にはそれなりの努力が必要になるかもしれません。しかし、あなたの力で世界の犬達を守ってあげることができるかもしれない仕事なのです。

ドックフード会社の求人はマイナビエージェントで確認をしてみましょう。プロのキャリアアドバイザーが、就活の手伝いもしてくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

ペット専門の写真館

Instagramの流行により、ペット専門の写真館が増えています。自分で撮影するのとは異なり、思い出をプロの写真で残したいと考える人は非常に多いです。

ペット専門写真館としては、Pet Crewやアトリエ ルシャ、Studio COCOA、スタジオわんわんアリスなどがあります。

飼い主・犬の笑顔を見れる仕事

外のロケ撮影や、飼い主宅での撮影、犬用常設スタジオが用意されている写真館など、特徴もさまざま。しかし自然な犬の表情を引き出すには、わんちゃんにリラックスしてもらうことが必要です。そのためには犬のことをよく理科し、犬からも信頼される能力が求められるでしょう。

おめかしした可愛い犬と関われる仕事であるペット専門の写真館。カメラ好きであれば、楽しんで働くことができるはずです。

ペットホテル

空港や幹線道路沿いには、ペットホテルがあり、ここ最近増加傾向にあります。とくに空港近くには、飛行機で海外旅行をする場合にはペットの安全などを理由に、ペットホテルに動物を預ける人が多いようです。

ペットホテルに預けることができる動物は限られます。一般的には、犬・猫・うさぎ・ハムスター・小鳥などの小動物が多くなっています。犬以外にも小動物と関わりたいと考えている人には、とくにおすすめの職業でしょう。

主な仕事内容は、預かり中の散歩、餌やり、健康管理、シャンプー、健康診断など、関わり方も多岐に渡ります。

犬のお世話をすることが好きな人に向いている職業

犬はどうして飼い主がいなくなってしまったのかわかりません。ワンちゃんによっては、ご飯を全く食べない子や、吠えることを辞めない子もいるでしょう。どんなワンちゃんであっても不安を感じていることに間違いはありません。

寄り添ってあげたり、話しかけてあげたりすることで、ワンちゃんが安全で安心した時間を過ごせるよう、行動できることが求められます。未経験者でもスタッフを募集しているホテルや、人間のお客さんへの対応をおこなうホテルなどもあります。

動物病院の受付

動物病院の受付は、処方箋の用意・お会計・予約受付・在庫管理・院内の清掃などが主な仕事内容になります。資格は必要ないので、誰でも気軽に調整できる職業になるでしょう。

無資格でも、犬の健康をサポートしてあげられる職業

ペットフード協会の全国犬猫飼育実体調査によると、犬の飼育数は2007年に1,300万頭でピークを迎えています。このときの飼い犬は、平均年齢は12歳程度。犬の平均寿命は同調査で、14.85歳となっています。そのため動物病院の需要はどんどん増えているといえるでしょう。

犬の名前をしっかり覚えて、コミニュケーションを取ることができれば、不安を抱えて病院に来た人を安心させることができるはず。命の大切さやコミニュケーションのむずかしさや楽しさが実感できる仕事ともいえます。

病気だったワンちゃんが、元気になることで、やりがいを感じられることもあるでしょう。動物病院によっては、トリミングやペットホテルとしての役割を担っているところもあります。

ドックトレーナー

ドックトレーナーとは、ペットとして飼われている犬のしつけや訓練をおこなうのが仕事です。ペットの犬が吠えるのを辞めなかったり、噛み癖があったりすると、一緒に暮らすことが難しくなってしまいます。そんなときに必要になるのが、ドックトレーナーなのです。

資格が必須になる職業ではない

ドックトレーナーには「ドッグトレーナーライセンス」という有名な民間資格がありますが、資格保持は絶対に必要ではありません。生後間もない頃からきちんとしつけをおこないたいと考える飼い主は増えています。

本当に犬が好きで、しつけや飼育をおこないたいと考えてる人には、ドックトレーナーという職業はぴったりでしょう。正社員の平均月給は18万円前後が一般的になっています。

ドックトリマー

ドックトリマーとは、いわゆるペットの美容師です。ただし、シャンプーやカットを施してカットをおこなうだけではなく、耳掃除・爪切りなどをおこない、ノミ・ダニ・皮膚の異常がないかをチェックすることもドックトリマーの仕事です。

可愛い犬をきれいにしてあげて、毎日元気に過ごせるように体の様子に気を配るのがトリマーの役割といえます。

無資格でも雇用してくれるサロンは増えている

トリマーには国家資格はありませんが、基本的にはジャパンケンネルクラブ(JKC)のトリマー資格を保持していることが必須になっている求人が多いです。この検定を受けるには、トリマー専門の学校に行くことが一般的な道になります。ペットショップやサロンで働きながら、技術や知識を身につけてから、通信教育などで資格を取る人もいます。

ただしトリマーの実績があれば無資格でも、採用してもらえる可能性はあります。最近はペットを飼う人が増えているため、人手が足りないサロンも増えてきているのです。

新人のトリマーは、店内の掃除やシャンプー&ドライヤーだけを任される事が多いですが、目の前で先輩の技を盗むことができます。初任給の平均は15万円前後でしょう。

獣医

獣医として、自らが動物病院を開くことも、1つの方法です。獣医になるには、医師と同じように国家資格がないと働くことはできません。

国家試験を受験するには、獣医学部や獣医学科がある大学の卒業が必須になり、2年間の研修期間を含んで、6年間学ばなければなりません。

獣医を目指すのは難しいが、動物の命を助けられる仕事

しかし日本国内において獣医学科等を設置している大学は16校のみ。北海道大学・岩手大学・東京大学・東京農工大学・大阪府立大学・酪農学園大学・麻布大学・北里大学・日本大学・日本獣医生命科学大学などが挙げられます。

したがって、大学数が非常に少なく、募集定員数も少ないために、入学すること自体かなり難関になっています。

ただし、犬のペットブームが始まった2000年過ぎから、15年程度。ペットブーム時に飼われた犬たちは、獣医の力が必要になる時期に差し掛かっています。獣医の資格を取得できれば、仕事に困ることはないでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

犬と関わる仕事へ転職を考えてる人は、まずマイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは、全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業の他、できて間もないベンチャー企業の求人情報が掲載されています。

マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

コミュ障・対人恐怖症でも正社員を目指せる仕事9選。活躍できる職業を見つけよう

人と話すことが苦手、そもそも人に話しかけられないな...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

テレビと関わる仕事5選。世の中に大きな影響を与えられる仕事に携われる

エントリーする学生の数が圧倒的に多く、非常に人気な...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

コンピューターと関われる仕事7選。今ではほとんどの企業が、仕事にPCを導入している

コンピューターを使った仕事といわれると、プログラマ...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る