キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

命に関わる仕事8選。責任が重い仕事も多いが、人々の支えになる職業ばかり

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

現在日本では1日におよそ3,000人が亡くなっています。1年間に死亡する人数は、約5,500万人。毎秒2.4人の赤ちゃんが誕生。世界で餓死する人数は1日約2万4,000人といわれています。

人はいつか死ぬものです。もしかしたらあなたも大切な人との別れを経験したことがあるかもしれません。しかし大切な人であればあるほど、少しでも長く生きてほしい。そう思うのは自然なことです。

命とはとても尊いものですが、人間はその命を救えるかもしれない力を持っています。命を助ける仕事に関わることで、少しでも多くの人を救いたいと思う人は多くいるでしょう。しかし命と預かる仕事は、決して医療現場だけとは限りませんし、資格を必ず持っていなくてはいけないわけでもありません。

そこで今回は、さまざまな命と関われる仕事を紹介します。

医師

医師は、人の命に関わる代表的な仕事です。医師は、外科・内科・産婦人科・小児科・眼科・耳鼻科・皮膚科・心療内科など、さまざまな診療所で、病気の治療・予防、リハビリテーションをおこないます。

病院に勤める医師もいれば、自ら経営する開業医もいます。医師になるには、大学の医学部に6年間通い、医師国家試験に合格し、さらに2年以上、研修医としての経験を積まなくてはいけません。

医師として働く魅力は?

医師は日々進化している医療技術を駆使して、人々の命を助けています。医師がいるからこそ助かっている人は数知れないでしょう。

ただし人の命を助けるために、常に新しい知識を身に着け、実践に活かす応用力が求められます。また看護師やほかの診療科医師と連携して患者を治療していくため、リーダーシップ・協調性なども必要です。

人間を助ける責任の重い仕事ではありますが、自分の手で命を救うことができる唯一の仕事でもあります。

看護師

看護師は医療的な技術をもちいて、患者の健康を守ることが仕事です。基本的には医師のサポートをおこない、投薬・食事・着替え・入浴・医師の検査補助などを担当することになります。

看護師になるには国家資格が必要です。看護師学校・短期大学に3年間通うことで、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。過去5年の看護師国家試験の合格率は、88%~90%です。

看護師として働く魅力とは?

看護師として働く魅力は、給与が高いこと・キャリアアップの幅が広いことです。

看護師の平均年収は、平均480~550万円。国税庁が2017年に実施した、「民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は432万円であるため、看護師はかなり高給取りな職業といえます。

また助産師や認定看護師、専門看護師、ケアマネージャーなど、看護師にはキャリアアップの選択が多くあります。

特定看護分野のスペシャリストになれる認定看護師や専門看護師の資格を取得できれば、給与がアップするだけではなく、新人看護師を育成するような立場を目指すこともできるようになるでしょう。

そして看護師は患者に対し、担当として付き添うことになるため、医師よりも患者と向き合う時間は長いかもしれません。ちょっとした患者の容態変化を察知することで、命を救えることもあります。

看護助手

看護助手とは医療・看護の現場で、看護師のサポートをする職業のこと。看護助手は看護師資格が要らないため、高卒者なら誰でも目指すことが可能な職業でもあります。無資格でも命に関わることができる数少ない仕事の1つです。

しかし看護助手は、看護師の指示がないと、仕事をすることができません。点滴・注射などの医療行為も一切できません。しかし高齢者社会になり患者が増えているなか、看護師不足は大きな問題になっており、看護助手は医療現場で期待されている職業といえます。

看護助手として働く魅力は?

看護助手として働く魅力は、上記でも触れたように無資格・未経験でも医療従事者として勤務ができる点です。ベットシーツの交換・病室の清掃・患者への配膳・着替えの手伝い・入退院の事務手続き・患者の入浴補助・食事介助などが主な仕事になります。

看護師を目指す学生などが、まずは介護助手として働くことも多いです。看護師からの指示がないときは患者とコミュニケーションを取ることもでき、患者の精神的なサポートをしてあげることもできます。

2015年には65歳以上の高齢者人口は、3,392万人となり、総人口に占める高齢者の割合は26.7%となっています。そして高齢者の数は今後さらに増えていくことが予想されます。そのため看護助手のニーズはさらに高まっていくでしょう。

救急救命士

救急救命は人命救助・救急医療・専門知識を豊富に備えた、救助のスペシャリストです。

基本的には消防署で勤務することになり、地震や火災などがあった場合、即座に救急車へと乗り込んで現場へと駆けつけます。要救助者がいた場合、病院へ搬送するまでの間、応急処置などをおこなうのが救急救命士なのです。

救急救命士になるには、消防官採用試験を受けて合格したうえで、プラスアルファー救急救命士国家試験に合格することが必要です。各自治体で消防士採用試験の倍率は異なりますが、10倍前後と高くなっています。

簡単になれる職ではありませんが、地震大国である日本にとっては、他の他国よりも欠かせない仕事であると言っても過言ではないでしょう。

救急救命士として働く魅力は?

救急救命士は大きな災害をはじめ、交通事故現場など、さまざまな場所へ出動します。

現場から病院に搬送している間に応急処置をするのが、救命救急士の主な仕事にです。そのためそのときの救急救命士の判断によって、人の命が助かったり、下半身不随にならずにすんだり、足を切断することを避けることもできます。

またケガをしている患者に対し、「大丈夫ですよ」と声をかけることで精神的なサポートもおこないます。人命救助・救急医療に関して欠かすことのできない存在といえるでしょう。

警察官

警察官は、国民の安全を守ることが仕事です。警察は、警察庁と都道府県警察で働く警察官の2種類に分けられます。

警察庁で働く警察官はキャリア警察官と呼ばれ、国家に関わる公安や警察組織全体の調整がおこなわれています。一方都道府県警察で働く警官は、各都道府県の地域で発生した事件を担当しています。

警察庁勤務の警察官を目指す場合、国家公務員採用試験を受ける必要があります。難易度は非常に高くなっています。一方、都道府県警察に所属する警察官になるには、各都道府県警察本部が実施する警察官採用試験を受けます。

そして新任警察官は、交番勤務からキャリアをスタートさせることが一般的です。その後は希望に合わせ、地域部・生活安全部・交通部・刑事部・警備部・暴力団対策部などさまざまな分野でキャリアを積んでいくことが可能です。

警察官として働く魅力は?

警察がいるからこそ、犯罪は抑制され、安全に生活することができています。交通局の警察官が違反者を取り締まってくれるからこそ大きな交通事故を防ぐことができています。また刑事局のお巡りさんが凶悪犯を捕まえてくれるからこそ殺人事件の抑制がされているのです。

このように警察官は私達の命を守ってくれている存在といえるでしょう。

また警察組織は、生活安全局・刑事局・組織犯罪対策部・交通局・警備局などに分かれており、この部を異動することもあります。さまざまな面から、人の命を救えることができる仕事といえるでしょう。

介護補助

介護福祉士やケアマネージャーなどは、資格が必ず必要ですが、介護スタッフは、資格や経験がなくても福祉の仕事に従事することが可能な仕事です。未経験の人でもすぐに介護スタッフの一員として働けます。

ただし介護スタッフは、パートやアルバイトや派遣スタッフとしての勤務が中心になり、時給900円~1,300円が相場になります。

主な仕事は、食事・入浴・排泄などのサポートがあります。基本的に無資格である介護スタックは、利用者の体に直接触れてはいけません。そのため、食事の準備や後片付け、入浴の準備や後片付け、琲世の準備や後片付けをおこなうことになるでしょう。

介護補助として働く魅力は?

基本的に介護する相手は、おじいちゃん・おばあちゃんになります。介護職は、ちょっとしたことでも笑顔で感謝してもらえる仕事です。なかには言葉を話せない人もいますが、家族から「ありがとうございます」と言ってもらえることあります。

施設利用者から暴言を言われてしまうこともありますが、それでも介護する人がいなければ、お年寄りたちは死んでしまいます。介護補助も人の命を支えている立派な仕事といえるでしょう。

介護助手として働きたいのであれば、介護専門求人サイト「かいご畑」で求人を探してみましょう。

かいご畑に登録する(無料)

生活支援員

生活支援員は、事故や病気により、入浴・排せつ・食事・着替えなどが自分でおこなえない人のサポートをするのが仕事です。また健康管理の指導や、日常生活での相談業務などもおこないます。

生活支援員になるために、必要な資格・免許・実務経験は一切ありません。福祉業界での経験も必要ありません。生活支援員事業所が求人を出していることがあるため、内定がもらえれば生活支援員になれます。

正職員の場合月収は24万円程度で、パートやアルバイトとして働く場合、時給平均は1,018円となっています。生活支援員の求人は、大手転職サイトマイナビエージェントで検索をしてみましょう。プロのカウンセラーが就職の手伝いもしてくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

生活支援員として働く魅力は?

生活支援員は、施設利用者がいつか自分で生活が送れるようになるよう、生活能力の向上のために訓練を実施することもあります。施設利用者が、少しでも楽しく自由に人生を送れるようになるためには欠かせない存在なのです。

そして生活支援員を受ける人は、自分の力だけでは生きていくことができません。そういった面では、命に深く関わっている職業といえます。

動物病院の看護師

命は、決して人だけではありません。動物看護師も十分、命にかかわる仕事といえます。

動物看護師は民間資格はありますが、働くうえで必ず必須になるわけではありません。動物病院が採用してくれれば、資格なしでも動物看護師として働けます。

主な仕事は、獣医の指示の元、診療補助やカルテ作成などをおこないます。また病院の受付対応や病院内の清掃なども大切な仕事になります。

動物看護師の勤務先は、動物病院だけではありません。そして勤務先で年収にも差が生まれます。動物病院280万円~350万円、ペットホテル270万円~340万円、動物園290万円~330万円、動物保護施設:260万円~320万円。自分にあった職場で、動物看護師として命を助けてあげましょう。

動物病院の看護師として働く魅力は?

動物は人間のように話すことができないため、どこが痛いなど症状を伝えてくれません。また病院で怖い思いをしてしまった子は、噛み付いてきたり、引っ掻いてきたりもします。

治療の補助をおこなうこともある動物看護師は、苦しんでいる猫や犬を見ていなくてはいけない瞬間もあります。

しかし飼い主にとってペットは家族同然。命を助ける仕事として動物看護師は欠かせない存在といえるでしょう。

動物看護師に興味がある人は、ペット関連専門の求人サイト『ペットワークス』がおすすめです。ペット関連の様々なジャンルの求人が充実しており、すべて無料で利用することができます。

ペットワークスに登録する(無料)

まずは転職サイトで可能性を

命に関わる仕事へ転職を考えてる人は、まずマイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは、全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業の他、できて間もないベンチャー企業の求人情報が掲載されています。

各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

底辺とみなされがちな大変な職業10選。介護系の職業から通訳者まで

底辺とみなされがちな職業は、給与が安い、死ぬリスク...

2019年09月10日, 仕事・業界について知る

動物と関われる仕事13選。可愛くて癒し効果がある動物と、無資格で働ける職業は多い

内閣府の動物愛護に関する調査によると、「ペットを飼...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

自動販売機に関わる5つの仕事。町中の便利を支える

日本自動販売機工業会の調査によると、2018年時点...

2019年09月25日, 仕事・業界について知る