コンピューターと関われる仕事7選。今ではほとんどの企業が、仕事にPCを導入している

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

コンピューターを使った仕事といわれると、プログラマーやエンジニアなど、専門的スキルを求められる仕事を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし総務省調べによると、企業におけるPCの普及率は2002年の段階で93.2%。2019年現在では、ほぼ100%に近い企業がPCを導入しているでしょう。

最近では求人サイトの応募条件にも、「基本的なPC業務ができること」と記載している企業も多いです。結果コンピュータの資格もどんどん増えてきています。そんな市場環境のなか、長い時間コンピューターに関わって働きたいと考える人もいるでしょう。そこで今回は、コンピューターと関われる仕事を紹介します。

データ入力

データ入力は、キーパンチャーとも呼ばれています。主な仕事は、ExcelやWordなどに文章データを入力していくことです。入力する書類は、申込書・請求書・アンケートの回答・調査報告書・統計データなど幅広いくあります。数字や英文を入力することもあるでしょう。

しかしExcelやWordなどの、パソコンの基本操作ができれば誰でもすぐに仕事を始めることが可能な仕事になります。キーボードを見ないで打ち込むブラインドタッチができれば、より効率的にタスクを進めていくことができるでしょう。

データ入力やタイピングの仕事をするなら、求人サイト登録を

基本的には、バイトや契約社員として働くことになります。給与は、時給でおよそ1,300~1,600円程度。しかしオフィスに行かず、在宅で勤務することが可能な仕事でもあるため、ライフスタイルにあわせて働きやすい仕事といえます。

データ入力やタイピングの仕事をしたいなら、求人掲載数が最大級規模のアルバイトEXで仕事を探してみてもいいでしょう。

アルバイトEXに登録する(無料)

医療事務

医療事務は、無資格で働くことができる職業です。主な仕事は、病院やクリニックなどの医療機関で患者様の応対だけではなく、医療費の計算をしたり、保険者に診療報酬を請求したりすること。そのため基本的には、パソコンで資料作成をすることが多くなります。

この仕事の魅力は、勤務スタイルが自由なこと。独身時代は正社員として活躍し、結婚・出産後はパートタイムとして働き家庭を優先させることも可能です。また女性が多い職場でありながら、年齢も20代~50代とバラバラなため、ライフスタイルについての理解してくれる人が多く、働きやすい職場といえるでしょう。

まずは気になる病院を探してみよう

医療事務は、アルバイトやパートでの求人が多いです。平均時給は1,200円で平均月収は18万円程度になります。何科にするのか、病院の規模はどれくらいなのかで、働きかたや福利厚生なども異なります。

そのため医療事務に興味があるのであれば、まずは気になる病院をいくつかピックアップしてみるのがいいでしょう。求人検索をする際におすすめなのが、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されているので、自宅近くの病院を探すことができるでしょう。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみてください。

リクナビNEXTに登録する(無料)

プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を用いて、サイトや商品の設計、運営などをおこなっていく職業です。実はとくに資格を持っていなくてもなれる職業です。理系のイメージですが、文系出身の技術者もたくさん活躍しています。

未経験者でも、求人募集をしている企業はある

最近IT業界は、事業を拡大したいために人手不足になっており、プログラマーでも未経験で人材募集している企業もあるのです。

しかし一人前のプログラマーになるには、それなりの知識やスキルが必要。未経験で入社しても、そのあと覚えないといけないことが多いということは、理解しておきましょう。

最先端の家電製品や自動車のシステムを作ったり、各分野の先頭に立って「新しいものを作る」ことができる、やりがいある仕事です。プログラマーの平均年収は350万円~500万円です。

パソコンのインストラクター

パソコンインストラクターとは、パソコンの基本的な使い方を教える仕事。パソコン操作ができて、教える事ができれば誰でも始められる職業です。

実力がつけば自分でパソコン教室を開校したり、フリーでも活動することも可能な職業といえるでしょう。パソコン教室に通っている生徒の半数程度が50代以上であることもあり、ゆっくり楽しく知識をつけたい人も多いです。

今後需要が伸びている領域の仕事

これからも需要のある分野をになっていくため、パソコン操作に自身がある人に向いている職業となります。ただしパソコン教室の求人募集では、何かしら資格を求められる場合もあるので注意してください。基本はアルバイトとして働くことになります。時給は1,000円程度。正社員になって働ける場合の給料は20万円前後でしょう。

パソコンのインストラクターの求人は、アルバイトEXで検索を。

アルバイトEXに登録する(無料)

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイト制作をするうえでのリーダー的存在です。雑誌でいうところの、編集長的なポジションと言っても過言はないでしょう。

配信する記事の内容、サイトのコンセプト、サイトのデザイン、特集企画などを決め、毎日記事を出していくことになります。

リーダー的存在で、仕事を進めていける

Webディレクターは、チームをまとめるのが仕事です。人の上に立つというのは、責任も増えますが、やりがいも得られます。

チームで1つの作品を作りあげるので、生まれる一体感・絆は、特別な物になるでしょう。自分の作ったWebサイトが世界に発信されていくことも、大きな魅力です。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、キャラクターのビジュアルはもちろん、建物や風景など、ゲームに出てくる全てのものを形にしていくことが仕事です。

ゲームは非日常的な体験できることが魅力の1つでもあります。どれだけリアリティーあるデザインになっているかで、ユーザーの満足度も変わってきます。最近は、グラフィックの高度化・高精細化が進んでいるため、優秀なゲームデザイナーは引く手あまたとなっています。

ただデザインできればいいわけではない

デザインをしていくときは、どうしたらユーザーが使いやすいのか、臨場感溢れるグラフィックになるのか、さまざまなゲームを分析したり、これまでのデータなどを見ながら決定していきます。

デザインセンスの感性を持ち合わせていることはもちろん、分析能力なども求められるのです。

さらにグラフィックを動かす設定をしていく、ゲームプログラマーと共同で作業をおこなうこともあります。コミュニケーション能力と同時に、プログラミングの基礎知識も持っておく必要があるでしょう。

ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライターとは、ゲームのシナリオや、その構成を作成する仕事です。ゲームのシナリオが売上に左右することもあります。

そのように重要なポジションで活躍するということは、大変やりがいのある仕事といえるでしょう。

キャラクターに命を吹き込む仕事

ゲームシナリオライターは、キャラクターのセリフはもちろん、ストーリー構成、展開など、ゲームの肝になる部分に関わる仕事です。最近は、ゲームの世界観も非常に重要になっているため、作家レベルの文章力・想像力が求められるようになっています。

またゲームの基礎的な構成やゲーム特有の作成方法についても、理解しておかなければなりません。

ただしシナリオライター専任の人は意外と少なく、会社によっては、プランナーやディレクターなどの役割を兼任している場合も多くあります。

まずは転職サイトで可能性を

コンピューターに関わる仕事へ転職を考えてる人は、まずマイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは、全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業の他、できて間もないベンチャー企業の求人情報が掲載されています。

各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

調査に関わる仕事5選。地道なリサーチで物事の謎を解明する仕事

調査に関わる仕事とは、さまざまな物事について色々な...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

漫画と関われる仕事5選。日本の文化になりつつ漫画を支えられる仕事はたくさんある

情報メディア白書によると、新刊マンガ単行本を発刊し...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る