幼稚園の先生になるには?教育学部や幼児教育学科で免許を取得するのが一般的

JobStep編集部
公開, 更新 , 保育士

幼稚園教諭は、幼稚園で小学校入学以前の児童に教育をする仕事です。

一見すると保育士と混同されがちですが、業務の目的や仕事内容は異なっており、育児や福祉を施す人としての側面が重視される保育士と比べると、教育者としての性格が強い仕事です。

そんな幼稚園の先生のなり方を紹介していきます。

幼稚園教員になるには免許が必要

幼稚園の先生になるには、国家資格の幼稚園教諭免許状を取得し、幼稚園の採用試験に合格することが必須になります。

幼稚園教諭免許状を取得するには、大学の教育学部や短大の幼児教育学科などに入学し、卒業する方法が一般的です。

幼稚園教員の輩出で有名な学校は、聖徳大学(幼稚園教員・保育士育成コース)・十文字学園女子大学(幼児教育学科)・武庫川女子大学(文学部教育学科)・鎌倉女子大学(児童学科)・東京家政大学(家政学部児童学科・子ども学部子ども支援学科)でしょう。

幼稚園の先生は9割が女性といわれており、幼稚園教諭の出身校も女子大が多くなっています。

そして資格取得後は、就活をおこなうことになります。公立幼稚園に勤務を希望するなら、各市区町村の採用試験を受験します。私立の場合はそれぞれの幼稚園を受験しなくてはいけません。試験内容は、筆記試験と面接の2つで評価されることが一般的です。

また最近では、民間の保育所や幼児教室、児童福祉施設などに就業する人も増えてきています。

幼稚園教諭養成課で学ぶ内容

学校では、主にピアノ・児童心理学・保育の基礎・コミュニケーション能力・保育記録方法などを学びます。

上記のようなことを学び、保育に関する知識を深めていきます。そして学内での勉強のほか、実際の幼稚園で実習もおこなわれます。実習をおこなうことで、実践力が身につき、就職後には即戦力となる人材になることができます。

また机上で学んだことを実際に行動に移すことで、各知識を改めて再確認することも可能といえます。

幼稚園教員の資格の種類と取得方法

上記でも説明をしたように、幼稚園の先生には、国家資格である幼稚園教諭免許状が必要となります。

この免許を取得するには2つ方法があり、1つは大学院、大学、短大の幼稚園教諭養成課程を卒業すること。大学院・大学・短大選んだ学校によって、取得できる免許は下記のように異なります。

この資格は、業務をするうえで仕事における違いなどはありません。ただし初任給や給与面では、金額に差が出ます。

  • 大学院:専修免許
  • 大学:1種免許
  • 短大:2種免許

もう1つの方法は、教員資格認定試験に合格すること。年1回文部科学省が実施している筆記試験で、1・2次と6割以上の点数が取れれば合格になります。平成19年度の結果によると、合格率は21.9%となっています。

この試験を受験するには、保育士としての3年以上の実務経験が必要となります。

幼稚園教諭の仕事内容

学校教育法の規定から、幼稚園の先生は小学校や中学校の先生と同じ「教諭」という役職になります。学校教員の管理・管轄は文部科学省になっており、そのため業務の目的は小学校入学前の児童に適切な教育をすることです。

具体的には、読み書きや簡単な算数の他、ルールや決まりを守ることや、友だちと仲良くすること、人の話を聞いたり自分の気持ちを相手に伝えたりすることなど、今後社会に出ていくときに欠かせない能力を涵養します。

具体的な業務内容ですが、朝は園児が登園する前から教室の準備をしたり、バスでお迎えをする仕事から始まります。登園後は、自由に遊ばせる園もあれば、お勉強を中心におこなう園もあります。遊びを通して、子どもたちの感性や才能を伸ばしていくことが、基本的な考え方になります。

降園後は、教室の掃除、他のスタッフとの打ち合わせ、後日の保育や行事の準備、教育計画の作成、保護者への連絡、など多岐にわたる仕事をこなします。

保育士とは仕事内容が異なる

保育士も小学校入学前の児童の面倒を見るので、仕事に違いがないように見えるのですが、保育士の業務の目的は保育に欠ける子どもに保育を施すことになります。

保育士は、乳幼児の生活の世話や生活能力を高めることを目的としているので、教育計画を作成するような事務仕事は、幼稚園教諭に比べると少ないです。

幼稚園の先生の給与

幼稚園の先生の給料は、平成27年賃金構造基本統計調査によると、平均月収が約23万円、平均年収が約340万円。初任給は18万円前後と一般企業とあまり差はありませんが、私立の幼稚園の場合なかなか昇給しないという特徴があるようです。

実際幼稚園の先生は、公立・私立によって給料面では違いがあり、私立では園によってかなり違いがあるので、前もって調べておくのがよいでしょう。

幼稚園の先生の勤務体系

幼稚園は保育園に比べて保育時間が短いので、勤務時間も短いかというとそうではありません。園児が園にいる時間以外にも様々な仕事があり、決して早く仕事が終わるというわけではありません。

基本的には8時間の勤務となりますが、朝はバスでのお迎えがあり、保育終了後には多くの仕事が残っていることから、それ以上の勤務時間になることが多いようです。

幼稚園の中には、早朝保育や延長保育を取り入れているところも多く、そうした通常保育以外の保育を担当する勤務もあります。

幼稚園教諭に向いているタイプ

幼稚園教諭に、なによりも求められるのは、子どもが好きであるということです。そして接するのは大人の言うことをよく聞く素直な子とは限りません。

1人ひとりの子どもをよく見て、愛情を持って接することのできる人が向いているでしょう。また子どもたちが楽しみながら成長できるように教育する仕事ですので、責任感があり、しっかりとした物事の考え方と豊富な知識を持った人が向いています。

さらに、工作が得意、ピアノが得意など子どもとの遊びに生きるスキルがあることや、子どもと遊ぶ体力があることも幼稚園教諭に向いているといえます。

関連した記事

保育士の研修とは?研修の内容や参加方法。適切な服装などを紹介

保育士の研修でいちばん多いのが、保育技術向上のため...

2019年07月29日, 保育士

保育士の性格。保護者からはどんな人が求められる?保育士が性格悪いって本当?

子どもが大好きでみんなに優しく、いつもニコニコして...

2019年07月29日, 保育士

いま話題の記事