キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

工場長をやめたい・転職したい。忍耐力を活かせる仕事をしよう

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

工場の規模に関わらず、工場長という役職はその工場の最高責任者です。工場全体の目標を掲げ、その目標を達成するためには何が必要かを従業員へ分かりやすく知らせ、納期に間に合うように数字や日数を具体的にあげる司令塔の役目を果たします。

また、従業員としっかりコミュニケーションを取り、工場全体を働きやすい環境に整えていくのも重要になります。工場のまとめ役を工場長が引き受けるのです。

しかし、コミュニケーション力や協調性がないと、トップに立って組織を上手くまとめることができません。大きな工場になればなるほど統率力が重要になりますが、苦手な人はやめたいと思うこともあるでしょう。

今回は、工場長を辞めたいと思ったきっかけや、おすすめの転職先を紹介していきます。

工場長をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

コミュニケーションがうまくいかない

工場長は、その工場の従業員で長年勤めている者から選出されるのが一般的になります。なぜなら、工場施設に関しての深い理解や、機械類の取り扱いにも十分な知識がないと工場長としての業務に支障がでるからです。

しかし知識や経験だけでは、組織や団体をまとめるのは困難になります。上に立つ者は指示を出すばかりではなく、現場からの不満や要望をうまく処理する必要もあるのです。工場長として必要なスキルは、コミュニケーション能力であるといっても過言ではありません。

ただ、工場の技術者として長年勤めてきた従業員の中には、知識や経験、人望があっても人とのコミュニケーションが苦手な者も多くいます。そういった人付き合いが苦手な人物が工場長になった場合は、人間関係で疲れてしまう場合も多々あるのです。

上に立つのが苦手

工場では、ときには無理な作業をしてでも納期に間に合わせる必要がありますし、厳しく従業員へ改善を求める必要があることもあります。

そういったことが苦手で苦痛に感じ始めると、工場長を辞めたいと思うようになり、次第に転職をしようと考えてしまうのです。

工場長におすすめの転職先

警備員

警備員は、年齢がある程度高く未経験であっても採用されやすい職種です。また、現場によって環境が厳しい場合もあり忍耐力も必要な職業になります。工場長になれるほどの継続力があるのですから、適性があるといえるでしょう。

家具職人

工場にもよりますが、扱っていた機械によっては家具職人が向いていることもあります。工場の仕事も職人気質なところがあり業界が違えど共通する点もあるのです。

転職する前に考えておくこと

工場長に任命されたということは工場内において、人望や信頼があると会社が判断したからです。たとえ口に出していわれなかったとしても、周囲の従業員は工場長に対して一目置いています。だからこそ、不平不満があれば工場長に話し解決しようと試み、雑多な相談事もするのです。

組織の長になるということは、責任があるうえに面倒な人間関係に巻き込まれることもありますが、それに耐えられる人物であると認められ期待されていることを改めて認識しなければなりません。

やめよう・転職しようと考えている人へ

転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

船長をやめたい・転職したい。仕事の拘束時間が長く、責任も大きい。

船長の仕事は船舶の運航管理と危険を事前に予測し回避...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

建築コンサルタントをやめたい・転職したい。顧客との良好な関係を築くのが難しい

建築コンサルタントとは、建築の相談に応じる専門家集...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

運転代行をやめたい・転職したい。転職するならコミュニケーション力を活かそう

お酒を飲んだときに、運転手の代わりに車を運転する運...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?