保育士はピアスNG?プライベートやアクセサリーについて考えてみた

JobStep編集部
公開, 更新 , 保育士

保育士は子どものお世話をしなくてはいけないため、アクセサリーはできないというイメージがあります。小ぶりのピアスやネックレスはおしゃれとして楽しみたいという保育士も多いでしょうが、果たして一切NGなのでしょうか?

特にピアスは子どもが触れることも少ないはず。髪をアップにする機会が多い保育士だからこそ、ピアスをしておしゃれをしたいと考える人もいるでしょう。

そこで今回は、保育士はピアスしてもいいのか、許されるデザインや大きさを紹介します。

そもそも保育士はピアスをしていい?

そもそも保育士にピアスは許されるのかという問題ですが、残念ながらピアスは規定でNGとしている保育園が多いです。

その理由を紹介していきます。

安全ではないから

保育士は、子どもを抱っこしたり、おんぶしたり、子どもと一緒に激しく遊んだり、コソコソ話をしたりなど、ピアスが外れるおそれがある機会が多いです。

ピアスが外れてしまい、子どもが裸足で踏んでしまったり、誤って食べてしまったりしたら大問題。保育士、子ども共に危険があるため、たとえ小さいピアスであったとしても、保育園という職場ではふさわしくないでしょう。

髪で隠したとしても、園児にとって危険であることに変わりはないので、やはりピアスは厳禁です。

保護者からの印象がよくない

SNSやコミュニティーサイトでも「保育士がピアスをしていました。どう思いますか?」という話題はよく見かけます。先ほど紹介したように、ピアスをしたまま仕事をすることによって、子どもが怪我をする可能性があります。

少しでも怪我などのリスクが高まるのであれば、極力やめて欲しいと思う保護者がほとんどでしょう。そのため、ピアスをしている保育士の印象は悪くなる可能性が高いです。

プライベートでのピアスはOK

業務中のピアスは園児に危険が及ぶ可能性があるため、基本的に着用してはいけないですが、当然ながらプライベートでピアスを使用することは問題ありません。

ピアスホールが開いていること自体も問題はないでしょう。ピアスホールを保護者や同僚に見られたとしても仕事中にピアスを外していることが明確になるので、逆に印象があがる可能性もあります。

なお、新しくピアス穴を開ける場合には、夏休みなどの長期休暇を利用しましょう。ファーストピアスが安定するまでは6週間程度かかります。それまでは傷に雑菌が入りやすくなってしまいますが、保育園では子どもにその傷を触られるおそれがあるので、子どもだけでなく自身にとっても危険です。

おしゃれがしたいのであれば、髪型を変えよう

また、おしゃれがしたいのであれば、髪型を変えるのをおすすめします。ピアスをしなくても、髪型を変えれば、顔の印象もだいぶ変わります。毎日長い時間過ごす保育園。許される範囲内で、可愛くおしゃれをする分には何も問題ないでしょう。

編み込みや三つ編みなどは、髪型が崩れにくいのと同時に、少しボサッとなってしまっても、こなれ感が出てそれはそれでまた可愛いのでおすすめのヘアスタイルです。基本的には、下ろしていると、子どもを遊ぶのにも、掃除にも邪魔になるので、アップスタイルがいいでしょう。清潔感も出るので、保護者からの印象もアップするはず。

また凝った髪型をしているだけで、女の子たちは集まってきたりします。「やって」と子どもたちから人気者になれるかもしれません。

「朝から編み込みや三つ編みをする時間はない」という保育士には、シュシュがおすすめです。アクセサリーがついていないシュシュであれば、子どもが怪我をすることもありません。大きいので誤って食べてしまうこともないでしょう。

シュシュはつけているだけで、いつもと同じ髪型にも関わらず、雰囲気を変えることができます。高額なアイテムでもないので、洋服や気分に合わせて、変えてみるのもおすすめです。

関連した記事

保育士の人間関係の実態とその対処法。女社会で生きていくにはコツがある

保育士の離職理由として、安月給や、長時間労働がよく...

2019年07月29日, 保育士

保育士は要チェック!保育園や幼稚園でトラブルが起きた時の解決法

幼稚園には3歳~5歳、保育園には0歳~5歳までの子...

2019年07月29日, 保育士

保育士資格の資格は更新の必要なし。ただし働く時には保育士証の交付がマスト

児童福祉法上では、保育士を「保育士登録簿への登録を...

2019年07月29日, 保育士