技術コンサルタントの年収・給与は?年収1,000万円超えも不可能ではない

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

技術コンサルタントとは、ある技術に精通、そして豊富な経験を持つ人がアドバイザー的な仕事をする人のことを指します。

アドバイスをするということは、知識にも優れ、いろいろなアイディアを出すことができる、また冷静に判断をし的確なアドバイスを出すことができるという能力が必要になります。そんな技術コンサルタントの給料事情はどうなっているのでしょうか?

技術コンサルタントの年収

平均320~620万円

ボーナス

平均万円

各種手当

-万円

技術コンサルタントの平均月給・年収は?

リクルートエージェントの求人情報を元にすると、年収は330万円~620万円程度になっています。

基本的に技術コンサルタントの月収は良いという印象を持たれがちですが、その給与額には経験が大きく影響します。また所属する会社によって月収も大きく変わるのです。

20代で経験が浅いうちは技術コンサルタントとしてはまだ駆け出しです。そのため月収もサラリーマン程度であることは少なくありません。

しかし、さまざまな経験を積んで技術コンサルタントとしていろいろなプロジェクトに関わり、実績を重ねていくと、50代では1,000万円以上を稼ぐ人もいます。それだけ幅がある商業であるため、一概に平均を出すのは難しい職業であるともいえます。

技術コンサルタントのボーナス事情は?

技術コンサルタントのボーナスも所属先に影響するところが大きいです。

ほとんどの会社では、ボーナスを年に2回支給しているところが多いです。会社に規定によるところが大きいですが、基本的に2ヶ月分程度の給与額になっていることがほとんど。

技術コンサルタントの昇給事情は?

技術コンサルタントの求人を見てみると、その昇給は年に1回であることがほとんどです。その多くは4月に昇給としています。基本的に基本給が高い仕事であるため、大幅にアップすることはあまりないようです。

技術コンサルタントの年収推移

技術コンサルタントいうのは、総合的にそのプロジェクトをみてアドバイスをする監督役、顧問役を担う職場です。技術コンサルタントの発言の一つ一つが、そのプロジェクトの方向性を決めるのに影響するほど、その発言力は強いです。

まだまだ経験の浅い新卒は、コンサルタントとしては発展途上の段階であるため年収も少ないといえます。

新卒で350万円、20代後半で380万円~、30代になると400万円を超えることもあります。40代になれば、経験が加味されて一気に年収も上がる可能性もあり、450~500万円になることも。50代では550万円、定年時には600万円を上回ることもあります。

大手の企業や商社の技術コンサルタント系では1,000万円を超えることも不可能ではないでしょう。もしも年収を上げたいならばコツコツ経験を積んでいくのが大切になってきます。

金融・保険・コンサルの仕事に関するその他の職種