医療事務員の年収・給与は?経験を積めば積むほど昇給して、年収アップを見込める

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

医療事務員とは、病院の受付や会計、レセプト業務というものをおこなう仕事です。最近、若い女性に人気の職種、かつ需要も高まっている業種です。

医療事務員といっても、最初に述べたように様々な仕事があります。1番わかりやすいのが、病院の受付業務です。病院に来た患者さんの対応し、診察後に会計を行います。次に目立たないけれども大切な業務がレセプト業務です。

レセプト業務は、患者さんに行なった診療の費用を保険組合などに請求する仕事です。病院にいくと、よく点数が書いた領収書をもらうかと思います。それを作り、保険費用を保険組合からもらうために申請をしているのも医療事務員です。

このように、病院の顔となり、お金の面を支えるのが医療事務員の仕事です。そんな医療事務員のお給料事情について紹介します。

医療事務員の年収

平均270万円

ボーナス

平均-万円

各種手当

-万円

医療事務員の平均月給

医療事務員の平均月給は18~22万円です。年収にするとおよそ270万円程度でしょう。地域・病院の形態・勤続年数によって異なりますが、だいたいこの幅のお給料がもらえるようです。また医療事務員には、正社員・派遣・パートとさまざまな働き方があり、これによって平均月給も異なります。

たとえば、パートの時給は1,000~1,400円くらいのところが多く、月フルタイム8時間を20日で入ったとすると月約20万円のお給料がもらえます。正社員であれば、25万円の月給にボーナスがもらえるところもあります。

医療事務員のお給料の大きな特徴は、経験を積めばお給料も上がってくるということです。たとえ高卒で医療事務員になったとしても、長年勤めれば大卒と同じくらいのお給料をもらえるようになります。

医療事務員のボーナス事情

医療事務員のボーナスは、病院によって異なります。個人経営の病院では、ボーナスがないところが多く、大学病院ではボーナスがあることもあるようです。

またボーナスは正社員でなければもらえないので、求人を見る際には、正社員の募集かどうか、ボーナスがあるかどうかを注意してみてください。

医療事務員は、派遣やパートでの募集が多いですが、正社員として勤めた場合、給料が高い・ボーナスをもらえる・有給がある・退職金等のメリットが多くあります。医療事務員として、年収をあげるためには、正社員として働くのがよいでしょう。

医療事務員の昇給事情

医療事務員の昇給は、主に経験によって判断されます。求人票に、資格を持っていなくても、経験があればお給料を考慮しますと書かれているものも多くあります。

また年次が上がるごとに給料が大きく変わっていくのが、特徴です。医療事務員は、経験を積んでいけばいくほどお給料が上がっていくお仕事です。

医療事務員の大学卒業後すぐの年収は約200万円ですが、30代になると約250万円、40代以降では約350万円になります。階級が上がって部長になった場合の平均年収は約500万円にもなるようです。

また地域によっても、年収は異なり、東京都の場合、平均年収は450万円と全体の平均よりもはるかに高いお給料をもらうことができます。

医療事務員の年収は、経験を積めば積むほど上がるので、多くの経験を積み、より患者さんのたくさんくる病院に勤めるのがいいでしょう。

関連した記事

アートディレクターの年収は?地域や会社の規模によって年収が異なる

アートディレクターの主な仕事は、デザイナーや製作ス...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

キャラクターデザイナーの年収は?キャラクターのヒットによって、年収が大きく変わる

アニメやゲームで見られるキャラクターはもちろん、現...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

システムエンジニアの年収は?成果主義の会社が多炒め、結果を出せれば昇給しやすい

システムエンジニアとは、コンピューター関連の「SE...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情