アーティストの年収・給与は?人によって給与はさまざま。自分の実力次第

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

アーティストは、テレビに出てくるような歌手やバンドマンやバックミュージシャン、音源を録音する際に演奏するスタジオミュージシャンなどさまざまな種類があります。

歌手やバンドマンの仕事は、コンサート・ライブ・テレビへの出演からCD作成、巡業、シンガーソングライターであれば作詞作曲などもおこないます。アーティストは自分自身が商品になるため、常に技術を向上させ、人気を得ることが年収アップに繋がる職業です。

スタジオアーティストやバックミュージシャンも同様で、上手い演奏者であれば、仕事が自然と舞い込んできて、年収もそれにしたがって上がります。

アーティストの年収

平均100万円~50億

ボーナス

平均-万円

各種手当

-万円

アーティストの平均月給・年収

アーティストの年収は、売れているかどうかで大きく変わってきます。そのため一概に平均年収がいくらとは言えません。売れているアーティストは、億単位の年収をもらっていると推定できます。世界で活躍しているアーティストは50億以上の年収を稼いでいる人もいます。

一方で、売れていないアーティストは平均月給10万円で、年収100万円があればいい方です。売れないアーティストは、本業だけでなくアルバイト等をして生計を立てている場合が一般的です。

またスタジオミュージシャンや、バックミュージシャンの平均年収は300~400万です。しかしこれも、売れているアーティストのバックで演奏している人であれば、また年収は上がるため、ピンキリでしょう。

アーティストのボーナス事情

アーティストには、固定給がないため、ボーナスはありません。全て自分の音楽がいくら売り上げたか、自分がいくら稼いだかによって給料は変わってきます。

例えば、CDがミリオンヒットになった場合、売り上げた分は普段より多くの給料がもらえます。また、カラオケで歌われた回数や出版した本が売れた場合の印税など、これも同じく給料になります。

つまり自分の人気が高まったとき、それに応じて給料が変動するのがアーティストの給料です。

アーティストの昇給事情

アーティストの昇給事情もボーナスと同じで、売れれば給料が上がるし、売れなくなれば給料は下がります。給料制を導入している一部の事務所では、人気に応じて固定給があがることもあるようです。

自分の給料は自分で稼がなければならないアーティストの仕事は、多岐に渡り、大変な仕事ですが、売れたときの年収は他の職業では稼ぐことができないくらい高くなります。

アーティストたちの推定年収

一般的に、この年齢であればこのくらいの年収がもらえるというのは、アーティストにはありません。高校生でも活躍していれば年収は高くなりますし、30代になっても売れていなければ低くなります。ここではいくつか例を紹介します。

嵐、大野智氏:推定年収3500万

ジャニーズで、国民的アイドルになると30代で3,000万以上もらえるというのが1つ指標になるでしょう。ただしジャニーズ事務所は、基本的に給料制。そのため多忙な若手ジャニーズよりも、活動が控えめな先輩ジャニーズのほうが年収が高いこともあるようです。

西野カナ氏:推定年収6,000万円~1億円

2019年2月、無期限の活動休止を発表した西野カナ氏。

彼女は作詞、作曲も自らおこっている曲が多いため、印税が多く入っているのではないか?という予想から、かなり高めの年収が想定されています。

シンガーソングライター(20代):推定年収120万

駆け出しのシンガーソングライターで、ライブやCDからの収入を主にしている場合、約100万の年収になります。

スタジオミュージシャン(30代) 推定年収300万

以前はバンドマンをやっていて、売れなくなったためスタジオミュージシャンに転向した例。スタジオミュージシャンでは、約300~400万の年収をもらえると言われています。

このように、アーティストの年収は人によって様々で、自分の実力次第でいくらでも稼ぐことができます。

関連した記事

公務員の出世の現実:年功序列はウソ?誰でも高給取りになれる訳ではない

公務員は長く勤めれば出世していく、そう思われている...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

料理人の年収は?一流ホテルの料理長になれれば、年収1,000万円超えも可能

アサヒグループホールディングスが2015年におこな...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

検察官の年収は?階級があがるにつれて昇給していく

検察官は、最高検察庁、高等検察庁、地方検察庁などに...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情