芸人の年収・給与は?知名度によって給与額はピンキリ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

芸人とは、芸を持って人々を楽しませるエンターテイナーのことを指しますが、現在は芸人というと一般的にお笑い芸人のことを指します。

お笑い芸人は、テレビや舞台で漫才やコントをして、見るを笑わせたり、バラエティ番組での司会者やクイズ番組で解答をして笑いをとったり、様々な場所で活躍しています。

コンスタントにテレビや舞台に出演する売れている芸人もいれば、まだ日の目をみず、バイトをして生計を立てている芸人もおり、芸人の収入の幅はとても広いです。

そんな芸人のお給料事情について紹介します。 

芸人の年収

平均200~500万円

ボーナス

平均-万円

各種手当

-万円

芸人の平均月給・年収

芸人の平均月給は一概にこれとは言えません。全体の年収の平均は200~500万円だと言われているので、月給にすると約18万~30万円ほどと推定されます。しかし、まだ売れていない若手芸人であれば、収入はこれよりも少なくなります。

芸人の中で1番稼いでいると言われているのは、ビートたけしで年収15億です。ビートたけしは、お笑い芸人だけではなく、映画監督・俳優としても活躍しているので、芸人の中でもずば抜けた収入を得ています。

他にも、司会者として多くの番組を持っている有吉弘行は、年収8億円です。やはり司会者として多くのレギュラー番組を持っているからこそ、収入も安定して得ることができています。現在の月収は5,000万以上だと言われています。

少し前に活躍していたテツandトモは平均400万の月収を稼いでいると言われており、テレビに出る機会が減ってしまっても地道にイベント出演や地方営業を重ねていれば、収入をあげることもできます。

芸人のボーナス事情

芸人の給料体系は、完全歩合制で1本出演するごとにいくらもらえると決まっています。そのためボーナスはなく、完全にどのくらい仕事をしたかで給料が決まってきます。

たとえば、先ほど述べたビートたけしであれば、1本出演するごとに200万円稼ぐことができます。通常、会社員がもらうボーナスくらいの金額です。それをビートたけしさんは、1日で稼ぐことができます。

おぎやはぎであれば1本80万円ほど、吉本興業の若手芸人であれば、1回の舞台で500円、テレビ出演1本で約10万円の収入を得ることができます。このように、芸人によって1本でもらえる給料は変わってきます。

芸人の昇給事情

先ほども説明したように、芸人のお給料は完全歩合制です。仕事をたくさんもらい、1本あたりの金額が高くなればなるほど、収入が上がる仕組みになっています。

仕事をたくさんもらうには、イベント出演など小さい仕事でもたくさんこなして、認知度を広げていく必要があります。そうして、たくさん仕事をもらえるなれば、人気もでてくるようになり、1本あたりの出演料も上がります。

こうして、収入を上げていくのが芸人の給料の特徴です。

芸人の年収推移

芸人の年収は何歳だからいくらとは言えません。若くても売れていれば年収は高くなり、歳をとって人気が落ちると収入も落ちてしまいます。

しかし売れている中堅芸人は30~40代の方が多く、20代の下積み時代を得て、ブレイクし、その後人気を維持している芸人が多いことがわかります。そのまま売れ続ければ、50代、60代と歳をとってもいつまでも高い収入を得ることが可能です。

体力的には厳しいことも多いと言われていますが、下積みをちゃんと積んで、人気を得続けていれば高い年収を生涯もらうことができるのが芸人の特徴です。

関連した記事

国税専門官の年収は?安定した国家公務員で、手当や福利厚生が充実

国税専門官は税務署・国税局および国税庁において税務...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

高等学校教員の年収は?年功序列の世界ではあるが、手当もあり安定して稼げる

国税庁が2017年に実施した「民間給与実態統計調査...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

航空管制官の給料・年収まとめ:勤続30年で年収660万円!

航空管制官は、航空機のパイロットに指示を出して、安...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情