インテリアデザイナーの年収・給与は?実績によって年収は大きく変動してくる

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

インテリアデザイナーとは、建物や家の総合的な空間デザインをおこなう仕事です。インテリアコーディネーターが主に内装(家具・壁紙など)を提案する仕事であるのに対して、インテリアデザイナーは、また違った2つの仕事があります。

1つはそもそも建物を建てる前に、全体のデザインや間取りなど建物を総合的にデザインする仕事です。もう1つは、家具などのインテリアをデザインする仕事です。

そんなインテリアデザイナーのお給料事情について紹介します。

インテリアデザイナーの年収

平均400万円

ボーナス

平均50~100万円

各種手当

-万円

インテリアデザイナーの平均月給・年収

インテリアデザイナーの平均月給は、約25~30万円です。年収にすると約350万円~450万円になります。インテリアデザイナーは主に、住宅業者やリフォーム業者、デザイン事務所に勤める場合が多いです。

歩合制を導入している会社や、フリーのインテリアデザイナーとして仕事をする場合は、成功すれば、より多くのお給料を稼ぐことができます。しかし、コンペディションなどで勝ち残っていかなければならないため、実力勝負の世界で仕事をすることになるでしょう。厳しい分、成功したときのお給料は高くなります。

インテリアデザイナーのボーナス事情

インテリアデザイナーのボーナスは、会社・業績によって異なりますが、約50~100万円のところが多いようです。小さいデザイン事務所等では、ボーナスがないことも多いので、しっかり求人票を確認するほうがいいでしょう。

また歩合制を導入している企業も多く、大きなクライアントの依頼を引き受けるようになったり、コンペンションで仕事を勝ち取れるようになれば、それに応じてお給料も上がります。事務所によっては、600万円以上の年収を稼ぐことも可能です。色々なデザインを吸収し、自分の技術を磨いていくことが年収アップへの近道です。

インテリアデザイナーの昇給事情

インテリアデザイナーの昇給は、会社に勤めている場合年に1回査定があることが多いです。主に1年を通しての実績・資格の取得有無によって昇給が決まるようです。資格は、インテリアコーディネーター・インテリアプランナー・一級建築士・二級建築士を保持していると、仕事にも役立ち、取得すると昇給にも繋がります。

資格を取得することが、インテリアデザイナーが最も年収をアップさせやすい部分であると言えるでしょう。

インテリアデザイナーの年収推移

インテリアデザイナーは新卒の場合、月給約20万円です。年収にすると約250~300万円になります。30代になると、平均年収は350万円になり、40代以上では、400~800万円と給与制度・実績によってそれぞれ年収が大きく変わってきます。

たとえば、40代で大手シスコンで働いた場合、歩合制を導入しているところであれば、870万円の年収をもらう人もいます。勤める会社の給与形態や、営業実績、技術によって年収も大きく変わってくるのが、インテリアデザイナーの特徴です。

関連した記事

学校職員の年収は?一般的な平均年収と同程度の年収がもらえる

学校職員は、教員がおこなう教職以外の学校業務をおこ...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

小学校教員の年収は?教職調整額としての手当が多い

小学校教員の仕事は、1年生から6年生までの児童に各...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

環境コンサルタントの年収は?一般企業のサラリーマンと大きな差はない

企業、日本、そして世界の環境問題に携わる仕事、それ...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情