エディトリアルデザイナーの年収・給与は?働き方によって給与額も異なってくる

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

エディトリアルデザイナーとは、書籍・雑誌・カタログ・パンフレットなどの誌面のデザインを手がける職種です。編集者が思い描くイメージをデザインに落とし込み、読み手が読みやすいようにデザインすることが求められます。

1枚のページだけではなく、その出版物何十ページ、何百ページの内容をまとめ、的確に読みやすい形に落とし込むのがエディトリアルデザイナーの仕事です。

そんなエディトリアルデザイナーのお給料事情について紹介します。

エディトリアルデザイナーの年収

平均350~500万円

ボーナス

平均100~150万円

各種手当

-万円

エディトリアルデザイナーの平均月給・年収

エディトリアルデザイナーの平均月給は約25~30万円、年収にして約350万~500万円になります。一般的に制作会社や広告代理店などの企業で働きます。広告物を手がけるデザイナーの方が、収入が高い傾向にあることから、広告制作会社に勤めるほうが月給が高くなる傾向があります。

正社員ではなく、派遣やアシスタントとして働く場合もあります。この場合、時給制をとっていることが多く、働く日数にもよりますが、月収は約20万円強のところが多いようです。

またエディトリアルデザイナーは、フリーランスで働くこともできます。この場合、年収の幅は250万円~1,000万円以上と範囲が広くなります。フリーランスの場合、自分の実績や能力によって大きく収入が異なるため、企業に勤めるよりも高い年収を得ることもできます。

エディトリアルデザイナーのボーナス事情

エディトリアルデザイナーのボーナスは、会社や業績によっても異なりますが、平均100万円~150万円です。正社員の場合、ボーナスがしっかり年2回あり、経験や実績、担当する出版物によって上下します。

正社員以外の場合は、ボーナスが設けられていなかったり、年棒制であるところが多いため、正社員に比べると年収は低くなります。また、フリーランスで働く場合もボーナスはありません。しかし、自分の実力次第では、年収1000万円も稼げるようになるため、常に技術を磨いていくことが重要です。

エディトリアルデザイナーの昇給事情

エディトリアルデザイナーの昇給は、経験や実績によって決まります。そのため、見習い期間の給料は低く15万円ほどです。その後経験を積んでくにしたがって、月給はあがり、平均で約30万円ほどになります。

フリーランスになった場合の昇給は完全に自分次第です。手がけた出版物の値段が高く、クライアントの評判がいいほど、自分のお給料に返ってきます。よくも悪くもエディトリアルデザイナーは、経験と実績が物を言う、実力勝負の職種です。

エディトリアルデザイナーの年収推移

エディトリアルデザイナーになるためには、美術系の学校を卒業して、制作会社やデザイン事務所に入る方法が一般的です。学校卒業後の初任給は約15万円で、年収にして200~250万円です。

その後経験を積んできた30代になると年収は約400万円、働き盛りだと言われる40~50代になると平均500万円以上の年収を得ることができます。定年時の年収は300~600万円と実力によって差が開いていきます。

実力勝負の職種であるからこそ、年齢を積んで実績があれば年収は新卒のときより200~400万もアップします。地道に下積みを積んで、技術を磨くのがエディトリアルデザイナーの収入をあげるために、大事なことでしょう。

エディトリアルデザイナーに関連する記事

エディトリアルデザイナーになるには?デザイン事務所への就職が最短の道

エディトリアルデザイナーは、本屋で売られている冊子...

2019年08月02日, 職業別、年収・給与事情

エディトリアルデザイナーをやめたい・転職したい。編集力を活かせる仕事がおすすめ

雑誌や書籍など、出版物の紙面や内容を編集するエディ...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

デザイン・広告の仕事に関するその他の職種