出向と転籍の違いを解説

JobStep編集部
公開, 更新 , 出世・昇進

会社では様々な人事異動の種類がありますが、本当の意味をきちんと理解できている人は意外と少ないでしょう。

そこで今回は、出向や転籍の違いについて紹介します。

出向とは

出向とは、出向元企業の社員が出向元企業に籍を残したまま、出向先の社員として働く仕組みのことを指します。

給与や社会保険の支払いは出向元か出向先のどちらかが全額を払うか、または折半で支払うことになりますが、指揮系統としては出向先のもとに入るということが特徴です。給与を出向元が支払う場合には勤怠関連のデータなどが月末に出向元へ送られることになります。

出向元と出向先の企業の関係は、同じグループ内の会社であることが多いですが、必ずしもその様になるわけではありません。

なお、就業規則に出向規定が明記している場合は、基本的に社員は出向を拒否することはできません。ただし事前に出向先での業務内容・勤務時間、など労働者と話し合った上で、出向を言い渡されることが多いです。

そして出向には期間が決められていないケースが多いです。そのため出向元の会社が契約を解くまで労働者は働かなければなりません。

所属している企業により、出向の意味合いは異なります。

転籍とは

転籍とは一度就職した会社を退職して、別の会社へ籍を移すことをいいます。異動先の企業の指揮下に入ることは出向と同じですが、籍が元の会社に残っていないことが出向との違いになります。

給与の支払いも異動先がおこない、労働条件も異動先の規定に従うことになります。

、最初から転籍させずに一度出向したうえで、出向期間満了を持って転籍となるケースもあります。この場合も出向を言い渡す際に、労働者に対して説明をおこなったうえで同意を得て運用されています。労働者は言い渡されたときに労働条件の細部を聞き取りながら、納得する転籍をしましょう。

もし、転籍後と転籍前で条件に差異が出てくるようであれば、話し合いを持ち、場合によっては、その会社自体を退職するということを決断する必要性も出てくるかもしれません。

まとめ

今回の記事では出向と転籍の違いについて紹介しました。出向は出向元との労働契約を残したまま出向先で労働をすることを指しており、働く場所が変わるだけで身分の変更や賃金の上下もありません。

転籍は会社をいったん退職して、異動先の別会社に新たに入社することを指します。

転籍の場合は、転籍先会社の労働規則に合わせることになるため、場合によっては転籍対象者に不利益が起こる可能性があります。賃金が低下したり、勤務年数が通算されない等の事態が起こることもあるため、しっかりと人事担当者とすりあわせ納得したうえで、転籍や出向に同意しましょう。

関連した記事

公務員の出向について知っておくべきポイント

公務員には民間企業で言う出向はないと考えがちですが...

2019年07月29日, 出世・昇進

自信ありすぎはNG?出世できる人と出世できない人の特徴まとめ

2017年に、株式会社マネジメントベースはおこなっ...

2019年07月29日, 出世・昇進

働く上で出世することの意味とは?メリット・デメリットを紹介

「出世」とは一体なんなのでしょうか?あなたは出世す...

2019年07月29日, 出世・昇進