アロマテラピストの仕事とは?民間資格の取得を目指すのが一般的

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

アロマテラピーとは、植物から抽出した香りを使って健康や美容に役立てていく自然療法のこと。ストレス・うつ病・不眠・月経不順に効果的と言われています。

専門サロンはもちろんのこと、美容室や飲食店等でも出されるおしぼりに香り付けで、人を癒すことが身近になっているアロマ。

アロマテラピーは、民間資格ですが、比較的安価で短期に取得でき、業務範囲がとても幅広い仕事として注目されています。アロマセラピストとして人を癒すことできます。

ほかにもスクール講師・アロマ空間デザイナー・インストラクター・ショップスタッフ・アロマハンドセラピスト・介護アロマセラピストなど、1つの資格でさまざまな場面で活躍できるしょう。

アロマテラピストを目指すには?

日本ではアロマセラピストは国家資格ではないため、無資格でもトリートメントを行うことは可能です。そのため、自分はアロマセラピストだと名乗ればすぐにでもなることができます。

しかし人の健康状態を左右する仕事であるため、しっかりとした知識・技術を身につけることが必要不可欠でしょう。

主なアロマテラピーの資格としては、AEAJアロマセラピスト、IFA国際アロマセラピスト、CIDESCOアロマセラピスト、日本アロマセラピー統合医学協会アロマセラピスト、NARD、があります。いずれも特徴や取得までの過程は様々です。民間資格のため、それぞれの団体が団体ごとに基準で資格を設けている状態です。

そのため選んだ資格によって学ぶ内容も大きく変わります。資格選びに失敗しないためには、漠然とした目標設定ではなく、具体的にどんな人を癒していきたいのかを明確にしてから、資格やスクール講座選びをすることが失敗しないコツです。

そもそもアロマテラピーとは?

アロマセラピストとは、精油の正しい知識を持ち、香りによるヒーリング効果で、身体と心の不調を整える仕事です。今、雑貨店などでアロマグッズが人気を集めており、一般的も香りの効果が認められてきています。

アロマセラピーの専門サロンでは、カウンセリングのもとエッセンシャルオイルを1人1人の体調や気分に合わせ調合し、全身または気になる部位別のオイルトリートメントを行うのが一般的です。最近は、介護、接骨院、整骨院、鍼灸院などでも併用されることが多くなり、注目の分野になっています。

アロマテラピストとして働くには?

アロマセラピスト専用のスクールに入り、資格を取得を目指すのが一般的な方法です。

または自分で探したサロンに就職し、経験を積んでいく方法もあります。無資格・未経験の状態で、サロン求人記載があるサロンに就職し、働きながら資格取得をサポートしてくれるお店もあります。

ほかにも短期で学ぶ通信講座などで資格を取得し、サロンではなくアロマグッズを専門に取り扱う店に勤務し、そこで商品知識を増やしながら接客し、おすすめの精油を紹介したり、ブレンド方法を伝えたり等のカウンセリングを中心とした仕事につく方法もあるでしょう。

アロマテラピストのメリット・デメリット

アロマテラピストは、アロマが好きで資格取得後も探究し、人を元気にしたいと思う人に向いている仕事です。香りや花などが好きな人には向いている職業でしょう。また接客業になることがほとんどであるため、人に接するのが好きな人にもおすすめの仕事といえます。

デメリットとしては、香りのプロフェッショナルであるアロマセラピストは民間資格ということもあり、まだまだ知名度が低く社会的な地位が確立されていないのが現状であることでしょう。

アロマテラピストの待遇は?

アロマセラピーサロンで働いた場合、初年度の平均年収は200~300万円程度であり、一般的な事務職と比べて少し低いようです。

ただし初任給は経験の有無、資格の有無によって変わる場合も多く、サロンの基準や規模により様々ところが現状です。もちろん、スキルアップや店長や管理職なれば収入はアップします。

アロマセラピストという仕事は、収入という面では、一般的な事務職よりも資格取得直後は低いことが多く、好きでなければ続かない仕事です。

関連した記事

評論家になるには?特定の分野で世の中から認められるほどの発言力が必要

テレビで見かけない日はない評論家たち。政治経済・映...

2019年08月20日, 職業別、なり方・就職の方法

行政書士になるには?国家資格の合格率は10%未満

受験者4万人を超える行政書士。法律関連の「士」のつ...

2019年08月09日, 職業別、なり方・就職の方法

警察官になるには?公務員試験と警察大学校への就業が必須

警察官は、地域の治安を守る大事なお仕事です。交番で...

2019年08月05日, 職業別、なり方・就職の方法