総合職の女性は転勤が多くて結婚できない!?悩みと対処法まとめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 異動・転勤

総合職としてバリバリと働く女性はかっこいいです。男性にも負けずにキャリアを積んでいき活躍している女性は増えています。

しかし男性総合職と違い、女性総合職の場合は結婚という悩みがあるそうです。なぜ総合職として働く女性は結婚について悩んでいるのでしょうか。

今回は、総合職の女性が持つ結婚の悩みと対処法についてまとめていきます。

女性のキャリアのつくりかたはいろいろなパターンが想定できるので、とにかく難しいもの。

そんな時はプロに相談するのもおすすめです。リクルートの展開する大手転職サイト「リクルートエージェント」では、優秀な転職アドバイザーが親身になってキャリアについての相談に乗ってくれるので、ぜひ利用していただきたいところ。

転職を強要されることもなく、相談だけでもOKなので、まずは登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに登録する(無料)

総合職の女性は少ない

一般的に企業で働く場合、総合職と一般職に分けられます。総合職は転勤することによって、さまざまな場所で働いてキャリアを積んでいきます。

会社の中核を担う幹部になるため、キャリアアップさせていくのです。分かりやすくいうと総合職は、キャリアを積んで出世するコースと言えます。そのため、一般職と比べると総合職は給料が高いです。

男性総合職が多い中、女性総合職も近年増えてきていますが、まだまだ少ないのが現状です。

出世できて給料も高いのであれば、女性も総合職で働くのが良いのではと思えてくるでしょう。しかし、女性がバリバリ総合職で働くのは難しい部分があるようです。

総合職で働く女性は結婚しにくい

総合職でバリバリ働いている女性はかっこよく見えるでしょう。しかし、総合職で働く女性には結婚しにくいという悩みがあります。

その原因は下記の2点です。

転勤がある

総合職の場合、転勤があることが多いです。

男性の方が転勤は多いようですが、女性管理職をどんどん登用している会社の場合、女性でも関係なく転勤が多いこともあります。転勤があると男性も結婚は難しいのですが、女性の場合は男性よりももっと大変でしょう。

夫が転勤族の場合、家族でついていくというケースと単身赴任というケースがあります。女性の場合は転勤についてきてもらうといっても、夫にも仕事があるので難しいでしょう。また、子どもがいる場合は単身赴任も難しいです。

転勤があることで、結婚はできないかもしれないと悩んでいる女性が多いのです。

出会いがない

総合職でバリバリ働いていると、なかなか私生活にまで気が回りません。そのため出会いがほとんどないのです。

社内恋愛もありですが、総合職の場合はバリバリと働くからか、男性から女性扱いされないこともあるんだとか。女性総合職=結婚対象ではないと思われてしまうのです。

せっかく彼氏ができても、仕事が忙しく会う時間がないため「俺より仕事がいいんでしょ」と振られてしまうケースも多いと言います。そのため彼氏ができない、または彼氏ができても続かないということから、結婚はできないかもしれないと悩む女性が多いのです。

総合職女性の結婚問題への対処法

総合職の女性がもつ悩みはどのように対処していけばいいのでしょうか。総合職としてバリバリ働きたい女性は、やはり結婚は諦めた方がいいのでしょうか。

転勤についてきてくれる男性を探す

総合職の女性がもつ結婚の悩みとして、もっとも大きい転勤問題。

転勤問題は、結婚する人によってはまったく問題ない場合があります。結婚する夫の仕事が自宅でできるような仕事の場合は、女性の転勤にもついてきてくれるでしょう。

在宅勤務の仕事の旦那と結婚できれば、転勤を気にせずバリバリ働くことができます。といっても、まだまだ日本では在宅勤務の男性が少ないです。そのため在宅勤務の男性と結婚するのはそう簡単ではないかもしれません。

勤務地の変更、選択が自由な仕事。もしくは無職の男性と結婚する場合も、キャリアを諦めずに結婚することができます。

別居婚をする

女性の総合職でも別居婚であれば結婚することができるでしょう。別居婚だと同じように仕事をバリバリしていても問題はありません。

しかしそれだと、結婚する意味あるのかな?という気がする人もいるでしょう。お互い価値感が一緒であれば、必要な時に支え合うという形で別居婚の選択肢もあるのかもしれません。

女性のキャリアの相談ならリクルートエージェント

寿退社、短時間勤務への切替、転職、独立、転勤など、特に総合職でバリバリ働く女性は、男社会の日本で結婚生活と仕事の両立に悩まされることが多いです。

少しでも満足のできるキャリアを送るために、自身が何を大切にしたいのか迷ってしまうような時はプロに相談するのもおすすめ。

リクルートの展開する大手転職サイト「リクルートエージェント」では、優秀な転職アドバイザーが親身になってキャリアについての相談に乗ってくれるので、ぜひ利用してみましょう。

転職を強要されることもなく、相談だけでもOKなので、まずは登録だけでもしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

部署異動したいときに注意するべきこと。そもそも部署異動は自分の判断でできるの?

キャリタス転職が新卒227人におこなった調査による...

2019年07月29日, 異動・転勤

異動で不安になったときの対処法。無理に自分を作りすぎるのは良くない

会社員にとって異動はつきもの。誰でも新しい職場や部...

2019年07月29日, 異動・転勤

転勤族の女性が結婚する方法:仕事と家庭は両立できる?

転勤族は男性が多いというイメージを持っている方が多...

2019年07月29日, 異動・転勤