この先どうする!?夫が“仕事辞めたい病”に掛かった時の対処法

この先どうする!?夫が“仕事辞めたい病”に掛かった時の対処法

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

ストレス社会とも言われている現代では、仕事を辞めたいと思いながら働いている人が半数以上もいるそうです。毎日働く夫が、仕事を辞めたいと言い出したらあなたはどうしますか?

家族のために頑張っている夫を、なんとか支えてあげたいと思った時、あなたがとるべき態度や行動をパターンに分けてご紹介します。

また現在の会社だからこそ行きたくない、辞めたいという可能性があるので、奥様が転職を一緒になって考えてみてあげるのも良いかもしれません。

転職する際に、気を付けるべきことは、旦那に転職先の業種や仕事内容が合っているのか、ということです。

転職する際におすすめなのが大手転職サイトの「リクルートエージェント」。プロの転職エージェントが親身に相談に乗ってくれるので、旦那の不満に思っていることや考えていることを上手に言語化してくれるでしょう。

多様な求人掲載しているので、旦那さんと一緒にサイトを見てみるのもいいかもしれません。

リクルートエージェントに登録する(無料)

夫が仕事を辞めたいと言い出したらどう対応すべき?

一家の生活を支えている夫が仕事を辞めたいと言い始めた場合、焦って質問責めにしたくなってしまうと思います。しかし、夫の行動や態度によって向き合う態度を変えた方がよいでしょう。

いずれにしても。頭ごなしに否定してしまうのはご法度です。退職の意志を急に伝えられて、取り乱してしまう気持ちはわかりますが、きっと夫も考えがあって気持ちを打ち明けてきたはず。まずは落ち着いて夫に仕事をやめたいと考えている理由を聞きましょう。その理由を聞いた上で、今後の対応を決めていきましょう。

では、夫が退職を検討する理由には何が考えられるでしょうか。

家族がいる働き盛りの男性が仕事を辞める理由とは?

一般的な男性の退職理由としては、給与への不満、人間関係、休暇が少ない(残業が多い)、キャリアアップしたい、他にやりたい仕事があるといったものが挙げられます。他には病気やケガ、勤労意欲の消失などです。

また、これらが複合的に絡み合っていることもあるでしょう。いずれに当てはまるにしても、旦那さんは退職を検討するほど、現在の仕事について悩みまたは不安があるということは事実です。まずはじっくりと話し合いの場を持ちましょう。

退職理由が分かったら自分のスタンスを決める

夫の退職理由が分かったら、次は自分のスタンスを決めましょう。妻として退職することに賛成するのか、反対するのかを考えてください。

退職に反対する場合でも、条件次第では賛成になるパターンと、退職自体に反対するというパターンがあります。この場合、前者であれば何がその条件なのか、後者であればなぜ退職自体に反対なのかという理由を夫に伝えましょう。

条件で折り合いをつけるなら?

退職の条件を夫に提示するとしたらどのようなものがいいでしょうか?

一般的には、退職後に一定の期間をおいたら転職活動をすることを条件として提案する女性が多いようです。もしくは、次のボーナスまで頑張ってみる、部署異動を会社に掛け合ってみるなどもあります。上司とうまくいっていない場合だと異動願いをだすなど、働きやすい環境に持って行くことが大事です。

また、一日も休みが許されないほど、家計がせっぱつまっていれば話は別ですが、今が辛い旦那に一度休みを取ってもらうのも手です。有給制度がありますし、有給が無いとしても、あなたが働いていたり、貯蓄でしばらくはまかなえそうであれば、1週間・1か月と落ち着くまでお休みしてもらうのも大事かもしれません。

いずれにしてもここでの意見のすり合わせが重要なので、時間をかけて相談しましょう。

夫が退職に賛同した妻がやるべきこと

夫の退職に賛成する場合、休憩期間に入る夫のためにできることを考えます。

退職理由が何であれ、一定の期間働き続けて家族を支えてきた夫です。彼が再起できるように、サポートして上げましょう。

1. ゆっくりと見守る

「なんで会社に行きたくないの?」「どうして辞めたいの?」と、心配するあまり質問責めにしてしまいたくなる時もあります。

でもそれは禁物です。実は、何年も前から旦那は1人で会社に対するストレスや悩みを抱えていたのかもしれません。仕事で追い詰められた旦那が、家庭でも追いつめられてしまったら、いつ爆発してしまうかわかりません。

ずっとストレスを抱えていた場合、うつ病の一歩手前の状態になっている可能性もあります。まずは、夫の行動を見守ってあげましょう。

2. やさしく励ます

疲れ、ストレス、悩みが固まりのようになって、心を閉ざしてしまっている旦那へ、優しい言葉をかけてあげましょう。

職場での人間関係がうまくいっていないと、なおさら弱気になってしまうものです。自分のことを誰もわかってくれない、という気持ちに押しつぶされそうになっているはずです。

「大変だね」「無理しないでね」「いつもありがとう」など、旦那を思いやった言葉をかけるだけで、少しは安心してもらえます。悩みを打ち明けてもらうことで、旦那のストレスも軽減されるでしょう。

「頑張って」はキケン!

「頑張って」という言葉をかけるのは、やめておくのがベターです。

うつ病の患者さんに向けてよく言われることですが、すでに精一杯頑張っている人にとって、この言葉は重くのしかかります。もう十分頑張っているよ、とさらに心を閉ざしてしまう可能性も。

あくまで、あなたの頑張りを理解している、というスタンスでいましょう。

3. ひたすら持ち上げる

辛い仕事やストレスから逃げ出したいと思っている時、夫は自分自身に自信をなくしてしまっている可能性が高いです。

家族を養わなくてはいけないというプレッシャーと、でも自分には何もできないんだという弱気な気持ちの板挟みの状態かもしれません。そんな時に奥様であるあなたから頼りにされると、自信を取り戻したりやる気が出てきたりします。前向きな気持ちになり、仕事へのモチベーションも取り戻せるかもしれません。

ただし、頼りにするとは言っても、甘えすぎは禁物。「あなたがいてくれるから」という持ち上げは必要ですが、「働いてくれないと困る」「どうやって生活していくの?」と、詰め寄ってはいけません。

あくまでも家庭では、旦那が心休まるような場所を目指しましょう。

4. 専門家に頼る

仕事に行きたくない病は、うつ病が原因かもしれません。

朝なかなか中起き上がれなかったり、食欲が出ない、疲労感や倦怠感が取れないなど、身体にまで不調が現れていたらうつ病の可能性があります。

うつ病は自分自身で自覚することが難しいので、あなたが気にかけて、通院を提案してあげましょう。

精神科よりカウンセリング

病気だと思い込んで先走って行動してしまうと、余計に不安を煽ったり、プライドを傷つけたりしてしまうかもしれません。

精神科に行ってきて!というのではなく、まずはカウンセリングなどを勧めましょう。出来ることなら一緒に行けると、なおいいです。

5. 転職先に他業種を勧める

夫婦で話し合った結果、夫が転職をすることになった場合、転職先選びが重要になります。

仕事を辞める原因が仕事内容ならば、同じ業種の仕事は、辛い過去を思い出させてしまい、転職先でも辞めたい病を発症する恐れがあります。辞めたい病が再発しては、転職した意味がなくなってしまいます。転職後のイメージをしっかり持って仕事を探すことが重要です。

転職サイトを使ってみる

転職選びに失敗しないためには、大手転職サイトへの登録がおすすめです。

転職サイトに登録すると、仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う仕事を紹介してくれる他、キャリアコンサルタントが提出書類の添削から面接対策までしっかりとしたサポート体制が整っているので、安心して転職できます。

優秀な転職コンサルタントの方が親身にカウンセリングしてくれるので、旦那の気持ちをを上手に言語化してくれるでしょう。

6. 自分が夫・家族のために働く

夫を支えることも、妻の大事な役目ですが、これ以上夫に苦労させたくない、楽になってほしい人は、自ら働きに出ることをおすすめします。

もし、旦那が既に限界を感じている場合、うつ病になりかねません。うつ病になってから、あの時仕事を辞めさせてあげてたら、と後悔しても元気だった頃の夫は戻ってこないのです。もし寿退社をして、今働いておらず少しでも働く時間があるならば、あなたが働くという選択肢もあります。

また正社員雇用は前職を退職してから4年以内でないと、ブランクありとみなされて採用されにくいですが、事務のパートや派遣社員ならば、就職しやすいでしょう。

他の職業に転職するには

旦那が働けない状況になると、不安もあると思いますが、今一番辛いのは旦那であるということを忘れずに接してあげてください。この先の不安でいっぱいになってしまっても、今が踏ん張りどき。焦る気持ちを抑えてゆっくり見守ることが、仕事辞めたい病の夫を支える一番の方法です。

夫が、辞めたい病にかかる年齢はそれぞれだと思いますが、30代を過ぎると転職は厳しくなります。転職する際は、退職後から転職先を探すのではなく、できる限り転職先が決まった後に退職しましょう。

仕事をしながらの転職活動は、容易いものではありません。転職サイトに登録すると、旦那にマッチングする企業を紹介してくれます。おすすめは、大手転職サイトのリクルートエージェントです。一般の求人サイトには掲載していない、非公開求人が10万件以上あるので、旦那にぴったりの転職先がみつかるでしょう。

転職には時間がかかるので、早めに動き出すことをおすすめします。まずは、リクルートエージェントに登録し、非公開求人をチェックしましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

44歳の転職を成功させる方法まとめ:管理職をしていると有利!

一般的に44歳というと、部下も増え、会社の中でも重...

2019年07月29日, 転職

4月のに転職をするメリットとは?ピークが過ぎライバルが少ない時期だが、転職は慎重に

上半期の始まりである4月。3月には査定面談が実施さ...

2019年07月29日, 転職

38歳の転職を成功させる方法。スキル・経験を過信しすぎてハードルを上げすぎるのは危険

「35歳転職限界説」といった定説が、転職業界にはあ...

2019年07月29日, 転職